秩父宮ラグビー場 午後7時キックオフ、開会式の演出が好評でした。

32-17(前半19-10) JAPANの連勝。 通算成績 日本の5勝12敗1分
観客11,836人

2度目のビデオレフリーが後半10分行われアメリカのジョン・ファンデルギーセンのトライが認められました。初認定です。

初キャップは豊田(東芝)、川俣(三洋)、入江(三洋)、ビエイ・マフィレオ(日大)の各選手です。水山(NEC)選手は一時交代の出場で初キャップはならずでした。

この試合はJKにとって、就任後初目標達成(2勝)です。