カテゴリー「タブレット講師・教室」の117件の記事

タブレット応援講師170321

21日は、大田区洗足池図書館でタブレット講座の応援講師をつとめました。

170321aa5
あまり早く行ってはいけないと、講座開始20分前到着予定でしたが、天候が雨であった事もあって、通勤時間帯は時間が予定通りには行きません。ちょっと焦りました。

予定していたカリキュラムを終えることができませんでした。が、気にしていません。丁寧に解説しました。カリキュラムをこなすより、理解してもらって一歩ずつ前へ進むことの方が大切です。

170321a3

アンドロイドタブレットでは、いろんなことが起こります。勉強になります。                                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170316

今日は、午前、午後とも、Hさんが講師でした。28年度の最終日ということで、今年の教室風景を、H講師がiMOvieで作ってきました。こうした心配りは、私には思いもよらぬことです。互いに足らざる所を補ってそして皆さんと共に楽しく進めてきましたし、これからも進めて行きます。

170315t2
imovieの作品そのものも、軽やかなバックグランドミュージックと相まって、最後が私の笑顔で終わる。という構成は、なかなかな出来栄えと感じました。ただし、笑顔が私というのは、棚にあげさせていただきます。

4月から受講希望の方が見学にお見えになられました。NHKとか、読売とかの看板をしょっているわけではありませんし、希望に沿うような内容なのか確かめるというのは、私達にとっても大歓迎です。「内容には自信を持っています。コストパフォーマンスはかなり高いと自負しています。」

新年度が楽しみですが、その前に行う29日のサロンも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170301

3月1日はiPad教室

170301a1
午前の部は、脱線に次ぐ脱線、こうなると講師の方も怖いもの知らずで、「さらに脱線します。」と宣言して進みます。
結局、前回の復習に入ったのが、終了予定時間の10分前!
脱線の原因は、受講生さんの質問から始まります。ですが、というより「だから」こそ「満足度」が高いと思います。「知りたいと思った時に、知ることができる。」これが一番です。

午後の部も、もちろん同じ傾向です。「質問が出る。」「したい事が出てくる。」素晴らしいと思います。そして楽しく、おいしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170215

170215a2
午前の部は、今や恒例となった感がある「質問」から始まりました。
YAHOOやGoogle、サファリやエクスプローラ、インターネットやweb、iOS、アンドロイドとwindows。これらの用語が具体的なイメージとして「もやもや」しているとのことでした。糸をほぐすように説明しました。「スッキリしました」の言葉をもらってうれしかったです。

午後の部では、「メイルアドレス、アカウントとIDの違い」がテーマになりました。Googleでもicloudでもメールアドレスとアカウントが一緒になっている事が混乱の原因になります。YAHOOはメールアドレスとアカウントは(少なくとも私は)違います。ちなみにYAHOOは「ID」です。
YAHOOのIDに@が入ったメールアドレスを入れるとIDとして受け付けてくれるのか?と私の中で疑問が湧いてきました。

実際のアカウント登録などを進めて行けば、より具体的に理解が進むと思います。

スイーツを今回もいただきました。ありがとうございます。

170215a4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タブレット応援講師 170207

本日も大田区のタブレット講師の応援に行ってきました。

170207b1
前回の復習の「ストレージ、クラウド」で入りました。前回お休みの方もいらしゃったので、丁寧に説明しました。
iPadと、アンドロイドと、WIDOWSタブレットをかわるがわる操作しました。まるでマジックです。始めのうちはWIDOWSタブレットにiPadの動作をしてみたりしてしまいました。
講師としてこのよう経験をするのは他にはありません。貴重な体験です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170201

ここ数日、あわただしい日々を過ごしていました。が、
今日のiPad教室で皆さんと楽しく勉強できて生活のリズムが通常に戻りました。皆さんに感謝です。

170201b1

午前のメールアカウント設定では、登録手順が簡略になっていることに「目が点になりました。」アカウント設定はしばらくしていませんでしたし、もともと度々するものではありませんので、私自身勉強になりました。

午後は、タイムラプスの“宿題”の作品を拝見しました。着眼点の個性があふれています。楽しまさせていただきました。

170201a2

170201a4

これからも、機会を見て、「作品」にチャレンジする講座内容を織り込んで一緒に楽しんで行きたいと、思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タブレット応援講師 170125

「PC・タブレットクラブ」ゆーとぴあ さんへ応援講師として行ってきました。

170124b2
前回、予定外の「ストレージ」を説明したところ、受講者さんより「もっと詳しい説明を聞きたい。」との要望がありました。
それに応える形で、「クラウド」の説明を加えてパワーポイントで資料を作って説明しました。
皆さんに、ご理解いただいたうれしそうなお顔が私にとって励みになりました。
説明をビデオで撮りたいとの希望があって、勿論「どうぞ」となったのですが、時間がたったら、ビデオのデータが大きくて「容量がいっぱいでビデオを撮れません」とメッセージが出ました。この日の講座の内容に合致するようなメッセージで皆さん、早速納得して一緒に対処しました。この講座を聴く前ならパニックになっていたと思います。

H先生のアプリの説明を私も受講者さんと一緒に学習しました。

170124a5
H先生はメリハリがあってパワフルで、私も教えてもらう事が沢山あります。

講座が終わっても、受講者さんから熱心な質問などがあり、この教室は「頼られている」と実感しました。充実した時間を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野ipad教室 170118

先週の金曜日にお医者さんに行ってから、ラグビーも初ゴルフもキャンセルして、やむを得ない自治会の会議だけをこなすだけにしてきました。つまり最近5日間の行動半径は100メートル以内に自重してきました。今日のiPad教室に備えるためです。

節制にもかかわらず、調子は良くありません。

170118b5
飲み物を多めに揃えて置きました。

しかし、教室は楽しいです。午前の部では、例によってご要望により大幅脱線しました。脱線した効果が次回の教室で感じられると嬉しいです。

午後の部では、私から、お正月に撮ったタイムラプスをお年玉代わりにご披露しました。皆さんからは、たくさんのスイーツをいただきました。

170118a7
さらに追加配布がありました。

午後は、iBooksが今日の単元だったのですが、通例は、書籍購入から入ります。ですが切り口を変えて入りました。ただ本を読むだけではない便利で実践的な使い方の提案をしました。


「前日よりどうして調子が上がらないのかな?」と思って講師をつとめていましたが、昼食後に薬を飲むことを忘れていました。
サブ講師がしっかりしていますので、私の調子が悪くても、講座の進行には何の影響もありません。

次回には、きっちり復調して臨みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タブレット応援講師 170110

「PC・タブレットクラブ」ゆーとぴあ さんへ応援講師として行ってきました。
タブレット講師としての仕事始めでした。

私が受け持ったのは5名の受講生さん。

170110a1
iPadの方が1名様、アンドロイドの方が2名様、スマホとiPadの方が1名様、iPadとアンドロイドの方が1名様と、合計5名7台の受け持ちです。アンドロイドは勿論メーカー違い。
これ以上の賑やかさはないだろうと思われました。

質問に答える形で当初の予定にはなかった内容になるのは、私にとって珍しくはありません。今日もそのパターンでした。
楽しく勉強して、終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 161221

今日の主任講師は、午前の部がHさんで、午後の部が私でした。

161221a6

161221b5_2
Kさんが、マイiPadを買い換えたので、その機器間の移行について相談がありました。
このようなケースでは、ユーザーさんは身近な相談相手がいません。私たちのiPad教室は、まさしくこのようなケースで「かかりつけの相談相手」であることもを目指しています。そうした役割が果たせて良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧