カテゴリー「ラグビー」の880件の記事

サンウルブズvチーターズ スーパーラグビー’16-17

開始4分、8分とウォーターブレイクをとる暑さでした。

170527b8
入場

170527a1
前半15分過ぎまで、サンウルブズはディフェンスで頑張りました。言い方を変えると敵陣にほとんど入ることができませんでした。しかし、そこまででした。ペナルティーから、タッチキックでエリアをとられ、モールで攻められてトライをとられるパターンでした。
後半、この暑さでチーターズの足が止まるのではと思っていましたが、近場をピックアンドゴーで攻め、消耗を避けてきました。つけ入るすきがありませんでした。

スクラムもチーターズが優勢

170527a6

ノールックパス

170527a3
均ちゃん(大野選手)登場会場が湧きました。

170527a4

サンウルブズ 7 - 47 チーターズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアラグビーチャンピオンシップ(’17) 優勝 

アジアのラグビーチャンピオンを決める試合が香港で行われました。日本としては、最終戦ですので、この試合に勝たなければ優勝は他力本願になってしまいます。

前節の試合から1週間でどのように修正してくるのか?期待して試合を見ました。
雨天ということもあって、ミスが多かった。ブレークダウンでも差し込まれて球出しが遅い。速いテンポのラグビーができませんでした。インゴールが狭いのになぜ?というプレーもありました。

スッキリとはいきませんでした。それでも勝利し優勝したことは良かった。苦しんだ中でも結果を出すことは大切です。

日本 16 - 0 香港 (日本は4戦全勝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアラグビーチャンピオンシップ 日本v香港

秩父宮は暑かった。
香港は初戦、日本は3戦目でした。スケジュールが変則です。

170506a1

170506a2

170506a3

170506a4
試合開始2分とたたずに、日本は、左に展開して、ゴロキックを松橋選手があっさり先制トライ。しかしその後は、スクラムで押され、反則でリズムにのれません。

前半は7-10から山田選手のトライで逆転して終えました。
後半も一時逆転を許しましたが最後は突き放しましたが、香港の健闘が印象に残りました。

レフェリーは香港協会

170506a5

170506a6

テストマッチで一方のチームの協会のレフェリーというのは本来ないと思います。
ただ、見ていて笛がおかしいと感じる事はありませんでした。選手は少しフラストレーションを感じていたかもしれません。

風が強く、ゴールキックのボールを押さえる役を、レフェリーは「ウォーター」にするように求めていました。最終的には選手がしました。

170506a7
若い選手を多く抱えながらも落ち着いた試合運びは評価して良いと思います。

日本 29 - 17 香港

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブズvブルズ スーパーラグビー’17

2月25日以来、久し振りにスーパーラグビーが秩父宮ラグビー場に戻ってきました。前回善戦したブルズが対戦相手です。期待して秩父宮に行きました。

時折、霧雨ですが寒くはありません。
キックオフ

170408a1

序盤7分,サンウルブズはウォーレンボスアヤコ選手が左サイドに先制トライ。しかし、すぐさまサンウルブズのタックルミスからブルズのバーガー オデンダール選手が中央近くにトライ

クリップス選手のキックは不調でした。点差が開きませんでした。

170408a2
前回の対戦で強さを見せつけられたブルズのモール目の前でみれました

170408a4
スクラムも良し、ボールの争奪でも頑張っていました。スクラムでは湯気が上がっていました

170408a3

170408a5

苦労して点をとって、簡単に相手に点を許す展開で、
前半は、 サンウルブズ 11 - 10 ブルズ 

後半は一進一退で、ラスト5分でサンウルブズが21-20とわずかにリード

170408a6

逃げ切れるかと思ったら、ブルズにほぼ中央のイージーなペナルティーキックを与えてしまいます。勝利は逃げてしまったと、覚悟を決めました。ブルズのキッカーは代っていました。さらに「ウーーーーー。」のちょっとお行儀が悪い声援にブルズの選手が「静かに!」のジェスチャー

170408a7
外しました!

時計は進みます。ブルズの反則からサンウルブズがタッチへラインアウトを確保して勝利へ

170408a8
と、思ったらブルズにスチールされます

試合終了のサイレンが鳴っていますので、ブルズはキックできません。サンウルブズのディフェンスが勝ってタンオーバ―、最後は矢富選手が蹴り出しました。

170408a9

今シーズン初勝利です

170408a91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブズvブルズ

スーパーリーグ参戦2年目のサンウルブズは、やはりというか予想通り苦戦しています。
ブルズとの対戦でも、後半のほとんどの時間を相手は一人少ない14人で戦わなければならない有利さ生かせませんでした。点をとる時は苦労するのに、とられる時はあっさり、良いプレーはあるのに勝利に結びつきません。ホームの試合をシンガポールでもしなければならないというのも負担です。

サンウルブズ 21 - 34 ブルズ

ブルズとの次戦は、意外に早く4月8日の秩父宮です。期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブスvハリケーンズ(スパーラグビー’17)

サンウルブス入場

170225b2

キックオフ

170225b3
ファーストスクラム

170225b4
「開幕戦は、どのチームも難しい試合になる」との希望的観測で、なんとか食い下がってくれると期待しました。

170225b5

170225b6

170225b7
開始15分で、観客席からサンウルブスに「あきらめるな!」の檄が飛びました。
しかし、
スピード、あたりの強さ、スキル さすがにハリケーンズはチャンピオンです。手をゆるめません。

サンウルブスも3トライ
電光板の前の特設舞台でパフォーマンス

170225b8
これだけ大差がつくと見る方も中だるみになるのですが、サンウルブスのひたむきさと、ハリケーンズの素晴らしいプレーに最後まで声援を送り、試合を楽しみました。

170225c1

サンウルブス 17-83 ハリケーンズ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャプテンズランを見学

スーパーラグビーの開幕を明日に控えて、キャプテンズラン(前日練習)の見学に秩父宮ラグビー場に行ってきました。

秩父宮ラグビー場の前の通りには、スパーラグビーの選手の「のぼり旗」が立っています。

170224a1

170224a2_2

寒い天候のもと、軽く汗を流すぐらいの練習でした。芝生がきれいに張り替えられていました。明日の開幕を待つ準備は整いました。

170224a3_2
さあ、明日は今シーズンの幕開けです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブスvオールスター

スパーラグビーのサンウルブスvオールスターをテレビで見ました。
サンウルブスの出来上がりに「不安視」の感想を聞かれますが、私は「面白い試合だった」と楽しめました。

北九州の試合会場も趣があって良かったです。(行きたかった!)
ラグビーの今シーズンが幕開けしました。
いよいよ今週末秩父宮で初戦です。
勿論行きます。前日のキャプテンズランにも行きます。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップリーグ’16-17 最終節 東芝vパナソニック

インフルエンザではないのですが、体調不良でトップリーグの最終節は自宅でテレビ前で(横になって)の応援でした。

主力の一部を温存したパナソニックに対して、東芝は勝たなければならない試合でした。
ミスはありましたし、不用意な反則もありました。しかし、「今シーズンこのままでは終われない。」という気迫が伝わってきました。そして、ほぼ勝利は手中にしたと思ったのに、です。

ペナルティーキックをタッチに蹴出せないというミスが起きました。最後はペナルティーゴールを決められて1点差で逆転されました。

田村煕選手は新人です。将来を楽しみにしています。ただ、厳しいトップリーグでの出場となると、起用方法は相当な配慮が必要だったのではないでしょうか。ラグビーにミスはつきものです(ミスと反則が少ないチームが勝つのは当然ですが)絶対避けなければならないミスはあります。おそらくチームメイトは許してくれるのでしょうが、それまでの奮闘をふいにしました。

残念ながら今シーズンをなぞるような最終戦になりました。田村選手に罪は勿論ありません。選手起用はヘッドコーチの責任です。ヘッドコーチの期待に応えられなかった選手ではなく、起用したヘッドコーチに責任があります。シーズンを通して見た時、「最終節でも繰り返した。」そうした感を持ちました。

昨シーズン、サントリーが9位に終わった時、驚きました。まさか東芝がそうなるとは、まったく想像していませんでした。サントリーは今シーズン見事復活して優勝しました。しかし、東芝が復活するのは簡単ではない気がします。いばらの道が待ち受けている事でしょう。もちろん期待して全力で、いやそれ以上に応援します。

今日、自治会の会議が二つあって、日本選手権と予定が重なりました。日本選手権を会場で見ることができなくなりました。おそらく十数年ぶりの事だと思います。最終節といい、私としては残念なシーズンの幕の降り方となってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ'16-17 第14節 東芝vサントリー

序盤8分、密集からこぼれ出たボールにサントリーが反応して確保、つないで右隅に先制トライ。今シーズン、東芝はこぼれたボールに対する反応の悪さがずーっと修正されていません。

完敗でした。170107a2

170107a3

東芝 0-48 サントリー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧