カテゴリー「ラグビー」の907件の記事

ラグビー 日本vイタリア 180609

先制点はイタリアが取りましたが、パスをつないだ18分のマフィ選手のトライなどで前半を日本17v14と逆転して折り返しました。
後半は21分、キックパスを折り返したレメキ選手のトライ。流選手に代わってスクラムにボールを入れた福岡選手を起点に、松島選手のトライにつなげた26分と、綺麗というか、見事というか、ハマったプレーでトライを取りきったプレーは痛快でした。
スーパーラグビーで息苦しい試合を見続けていましたので、スッキリしました。(テレビ観戦)

ファイナルスコア
日本 34 v 17 イタリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブズ 秩父宮第6戦

秩父宮は、良い天気でした。

180512a1

レッズの本拠地ブリスベンも似たような陽気ですので、天候がサンウルブズに有利ということはないと思います。
レッズは、序盤反則が多く、サンウルブズは、PGできちっと得点を重ねました。
ディフェンスも良かった。

180512a2

レッズへ行ったジョージ・スミス選手を久しぶりに見ました。お腹廻りが少し気になりました。

180512a3


リーチ選手が戻ってきました。

180512a4

円陣を組んだ時リーダーシップをとっていました。
 
そして、ペナルティーキック、コンバージョンを全て決めたパーカー選手のキック力に会場がわきました。

180512a5

秩父宮はお祭り状態。オーストラリアのチームに勝ったのは初めてとか!

180512a7

国内での最終戦を気持ちよく終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブズvチーフス 180324

試合前のチーフスのアップは北スタンドの前です。バックスタンドへの通路にもなっていますが、ここで足を止める観客が多く、係の人が「立ち止まらないでください。」と呼びかけ続けていました。

180324a1

スーパーラグビーのチームで、日本での人気はチーフスがダントツです。

開始間もなくSO田村優選手のキックが、前方にいた田中史選手にまともに当たるというミスからあっさり先制を許しました。見たこともないミスです。田中選手は倒れこみ、心配しました。
20分までに、チーフスは4トライ。さらにマッケンジー選手がきっちりとコンバージョンを決め、あっさり試合の帰趨は決まりました。

180324a2


チーフスはピンチからの逆襲、相手のミスは確実にトライまで持ってゆく。スーパーラグビーのトップレベルの力を見せつけました。
 
サンウルブズはラインアウトが安定しません。

180324a3

スーパーラグビーのチームのロックは身長200cm超えがスタンダードになっています。弱点を突いてきます。どう修正するのでしょうか。
 
ファイナルスコア 
サンウルブズ 10 - 61 チーフス
 
昨季まで在籍していた古巣チーフスに対し奮戦したリーチ選手

180324a4


試合後は、元同僚の輪の中に

180324a5

試合後、メッサム選手がランニングを何本かしていました。

180324a6

個人的にはこちらに来てもらってサインをいただきたかったのですが、トッププレーヤの姿勢をかいま見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブズvレベルズ 180304 

初戦でサンウルブズは、善戦しましたので、期待して秩父宮に行きました。
9分に先制トライを許し、12分にもマフィ選手にトライを奪われましたが、インターセプトのトライなどで前半を何とか同点で折り返しましたが、後半力尽きました。
ラインナウトが悪く、前回の試合に続いて負傷者も続出しました。スーパーラグビーはフィジカルが強いです。激しい戦いです。

相手としてのマフィ選手は、脅威です

180304a1

レベルズは、ブレークダウンでもどんどん入ってきました。

180304a2

180304a4

これだけ負傷者が出る試合も、そう多くはないでしょう

180304a3

ファイナルスコア
サンウルブズ 17 ― 37 レベルズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

‘19ラグビーW杯チケット 抽選

申し込んでいた2019ラグビーW杯のチケット抽選結果は1勝1敗でした。
日本チームパックはあえなく落選。東京スタジアムパックは当選で、日本チームが登場する開幕戦は取り敢えず確保はできました。
チケットゲット作戦は始まったばかりです。落選したからと言って悲観する必要はないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンウルブズ開幕戦 スーパーラグビー 2018 

今までの寒波が嘘のように、穏やかであたたかく、観戦日和でした。

180224a1

180224a2

180224a3

オーストラリアの強豪ブランビーズを迎え、サンウルブズは、連続トライで前半を19-15でリードして終えました。
安定していたスクラム

180224a4

しかし、後半早々、ブランビーズに深く攻め込まれましたが、ターンオーバーしてパスを回そうと、ところがそのパスが何とゴールポストに当たりそのままブランビーズのごっつあんトライで逆転を許しました。そのまま逆転はできませんでしたが、終了間際にペナルティゴールを決めて勝点1ウィ得ました。
サンウルブズは、セットプレーもよく、ディフェンスも良く・・・・ですが、ブランビーズにチャージされそのままトライを2本決められました。
 
ファイナルスコア
サンウルブズ 25 - 32 ブランビーズ

180224a5

大魚を逃しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビーワールドカップ‘19 チケット発売

今日から、JRFUのメンバーズなどの先行優先販売が始まりました。
午前は混んでいるだろうと、午後になってから申し込みました。
チケットの販売規約を別ウインドウで確認して戻ろうとしたら、時間切れで再びやり直しをしたのですが、それ以外はスムーズでした。
申し込みは済んだのですが、座席の確定はいつ?などなどわからないことがあります。
取り敢えず第一ステップは通過です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー 順位(5~8位)決定戦 180114

秩父宮で行われたラグビートップリーグ最終戦となった5~8位決定戦。優勝でもなく降格がかかるわけでもなく、応援する方としては『良い試合をして勝って、スッキリとシーズンを終えたい』というのが希望です。
第一試合では、リコーがNECを下してスッキリと終えました。前半こそ競りましたが後半はほとんどNEC陣内で進められNECは後半はノートライでした。

180114b1

180114b2

リコー 44 - 20 NEC

第2試合では、動きが鈍い東芝に対して神戸が終始攻勢で快勝しました。勝負が決まった後、東芝は3トライを返してようやくファンサービス

180114b4

180114b3
試合後東芝の選手はいったんピッチを去ります。
この日は、スタンドにいた選手が気になりました。

180114b5

東芝 17 -41 神戸

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビートップリーグ第13節 in味スタ

今年最後の試合でした。府中ダービーです。

171224a1

171224a2
東芝は、フォワード戦で優位に立ち、前半のほとんどの時間をサントリー陣内で進めますが得点は、東芝 12-10 サントリー とわずかな差です。

171224a3
サントリーは、相手より1点でも多くとればいい。対する東芝は、優勝決定トーナメント進出には、3トライ以上の差をつけて勝つことが最低条件で、その上で他会場の結果待ち。
そのためサントリーはペナルティーゴールで得点を積み重ねる。東芝はともかくトライを狙うという戦い方が違います。

171224a4_2結果は、東芝及ばず 東芝 24-28 サントリー

ノーサイドです

171224a5
171224a6
順位決定戦が残っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビートップリーグ第11節 in秩父宮

第一試合 NEC v サントリー

レッドカンファレンス1位のサントリーにNECが挑みました。序盤3分にサントリーが反則し、NECがイージーな位置からペナルティーゴールを狙いますが外します。逆に1人少ないサントリーに対して9分にNECが反則しイエローカードをもらい、認定トライを献上しました。サントリーは、マットギタウがPGを決める手堅い試合運びで差を広げます。

171209a3

NECは後半10対8と健闘しただけに、序盤で主導権をとれなかったのが響きました。

この試合、NECのジャージは、グリーンではなく“青”でした。サントリーのイエローから「遠い色」を意識したのかもしれませんが、レフェリーが“青”

171209a1

紛らわしいということで、後半はグレーに変えてきました。

171209a2
NEC 20 - 28 サントリー

第二試合 NTTコミュニケーション v キャノン

171209b1
171209b2
最近では珍しくロースコアの試合展開になりました。
キャノンが前半18分にペナルティーゴールを決めたのに対して、NTTコムは後半15分にペナルティゴールで同点に追いついた後、27分に22ml近くのスクラムからゴロパント、ゲイツ選手が押さえてトライ、そのままリードを保ちました。
NTTコミュニケーション 8 - 3 キャノン

この試合のレフェリーはポジションどりの悪さが目立ちました。選手と当たって2度ほど試合がストップしました。前の試合でも1度あり、レフェリーが気になった日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧