カテゴリー「ラグビー」の1000件の記事

ブレーブルーパス優勝報告会は29日

ファン感謝祭もシーズン報告会もプレーオフの前に終わっています
「優勝おめでとう!」は次のシーズンの開幕までお預けかと思っていましたが
今月29日に行われると連絡が来ました

優勝が劇的でした
202400608a3
202400608a2
202400608a4
ラグビーロス状態です
ラグビーから野球に気持ちを移しているところでした
202400608a1

そこへ、優勝報告会の開催の知らせです
気持ちの区切りをつけられそうです
29日は、
午前 優勝報告会
午後 府中市での優勝パレード
夜  秩父宮 マオリオールブラックス戦 です


| | コメント (0)

モウンガさん MVP

東芝ブレーブルーパスのリッチー・モウンガさんが
今シーズンのMVPに選ばれました
おめでとうございます

多くの世界のスーパースターが今シーズン日本にやってきました
まだ入団前の去年の1月に、入団のあいさつにやってきました
20240531a1
20240531a2
昨シーズンはプレーオフにも進めませんでした
今思えば、このメンバーと1年6か月後に優勝を果たしました

司令塔として、パス、キック、ランと大活躍でした
20240531a3
20240531a5
20240531a4
相手がトライしそうになった時、何回それを阻んだことか

みんなと共につかんだ優勝です
20240531a6

幸いなことにモウンガさんのサインをいくつももらいました
20240531a7
この色紙もその一つです

しばし体を休めて、また来シーズンの活躍を期待します

| | コメント (0)

国立競技場 バック 視野制限チケット

国立競技場のバックスタンドの前から3列目の席をとりました
チケット購入の時
「視野制限」とあるのが気になりました
20240526f1
手前サイドのコーナーが見えないのかな?
と思いつつ「そんなことはないよなあ」と、迷い
視野制限の実際はどうなのかを確認の意味でも購入しました

3列目から見たフィールドです
20240526f2
20240526f3
コーナーは見えます
広告ボードがたてられていて、手前のタッチラインが見えません
視野制限とは、このことだったと分かりました
前の座席も支障はありません
20240526f4
優勝が決まった瞬間に前の座席の女性からハイタッチを受けました

この日の応援グッズは
いただいた うちわ と
20240526f5

モウンガさんのサインが入っている応援フラッグです
20240526f6

レプリカボールを買いました
20240526f7
サインをもらって優勝記念にします

| | コメント (0)

素晴らしい決勝戦だったのに、マナーがねえ

ほんの一握りの人なのでしょうが
SNSでも会場でも「ナイカブラ選手のトライは、トライでなかった!」
と、ウダウダと主張してます

このシーンです
20240526d1
ゴールラインにしっかりグランディグしてます

アシスタントレフェリー(左)もよい位置取りです
20240526d2
右にいた滑川レフェリーからは見えなかった可能性があります
アシスタントレフェリーがトライの確認をしているのでしょう

20240526d3
20240526d4

ひょっとしてサッカーと勘違いしているのかな?とも思わぬでもありません
ラグビーはゴールラインに1ミリでも触れていればトライです

場内の電光掲示板に流れたシーンは微妙に見えました
レフェリーが確認していますし、別室でビデオでもチェックしてます
疑問に思うプレーならTMOにかからはずです
何もアクションが無いから、トライを確認しているのだろうと、思っていました

会場で試合を見ていて、おかしいと思っていて
帰宅してビデオを見たら、レフェリーの判定が正しいと分かったことが
何回かありました

試合が終わって選手同士が互いに検討を称えあっているのに
ファンがいつまでもグダグダ言うのは、慎んだ方が良いかと思います。

| | コメント (0)

リーグワン(23-24)決勝戦 表彰

14年ぶりの東芝の優勝ですし、
5万6486人の大観衆を集めた試合でした
今しばらく、この試合を中心にラグビーについて記してゆきます
(メインスタンドのチケットが取れず、バックスタンドから見ました)

20240526e1
20240526e2
バックススタンドからはこのような感じ
20240526e3

胴上げ ヘッドコーチ
20240526e4
リーチさん
20240526e5
まるでこけしのように体を固めていました

ウイニングラン
20240526e6
20240526e7
20240526e8
20240526e9
試合直後は堅かった表情もファンの拍手には笑顔で応えてくれました

モウンガさんらは家族にも優勝を報告
20240526e10

応援団
20240526e11

優勝の余韻に浸りました




| | コメント (0)

東芝ブレーブルーパス 優勝の瞬間(14年ぶり)

試合時間の80分を過ぎて
ラストワンプレーです
20240526c2
スクラムから出たボールをモウンガさんが蹴りだすだけです
モウンガさんは私の方向に蹴ってくるはずです

私は前から3列目 写真の右上(黄色い枠)でカメラを構えました
20240526c1
こちらを向いたのですが蹴ってこずボールを置きました
カメラの液晶を見ていた私は一瞬何が起こったかわかりませんでした

ブレーブルーパスが反則
ピンチがまた生まれました
ワイルドナイツのペナルティーキックになります
相手のタッチキックが伸びませんでしたがピンチに変わりはありません

ラインアウトからワイルドナイツの攻撃
ブレーブルーパスの密集に突撃
しかし、止められます ノットリリースザボールの反則
20240526c3
ブレーブルーパスの選手がガッツポーズ
ジャッカルしたのがナイカブラさんと知ったのは
つぎの瞬間でした
20240526c4_20240528232301
赤矢印がナイカブラさん
手前のワイルドナイツのサポーターの落胆が伝わってきます
20240526c5
先頭の選手をフォローしたワイルドナイツの選手はまだ立ち上がれません

モウンガさんがタッチに蹴りだすためにボールを持っています
20240526c6_20240528231001

天国と地獄を行ったり来たり、その分喜びが沸騰!
モウンガさんが蹴りだす瞬間を撮るのを忘れてしまいました

でも、歴史に残る名勝負をしっかり見届けました。

| | コメント (0)

リーグワン決勝戦

シーズンラストゲームにふさわしい熱のこもった試合でした

選手入場
20240526b1

序盤からワイルドナイツが攻勢に出ます
20240526b2
モウンガさんを止められるのか?
20240526b3
ブレブルーパスの反則を誘って2PGでワイルドナイツが6点先行
20240526b4

ブレーブルーパスが27分にナイカブラさんのトライなどで
ブレーブルーパス 10ー6 ワイルドナイツで折り返します
ブレーブルーパスはこの国立競技場は初めてですが
不慣れということに関しては、全く問題ありませんでした

後半
20240526b5
ナイカブラさん(14番)
20240526b6
5分にスクラムから右へ出し
ナイカブラさんがねじ込んでトライ
切れ切れのナイカブラさんをワイルドナイツは止められません

20240526b7
両チーム点を取り合って

24ー20とブレーブルーパスが4点リードして残り2分
ほぼ勝った!と思ったら
ワイルドナイツが右へ逆転トライ
20240526b8

「あと2分守れなかったか」と言葉も出なくなりました
ところがTMOの検証
20240526b9
ワイルドナイツは、最後を堀江さんにキックで終える体制に入りましたが
スローフォワードでトライ取り消し
堀江さんは、ボールをけることもなくボールから離れてゆきます
20240526b10
電光掲示板もスコアを戻しました
20240526b11
残り時間16秒
地獄から天国に戻りました
が、これですんなり終わりませんでした。



| | コメント (0)

東芝ブレーブルーパス 優勝

東芝ブレーブルーパスが、日本一になりました
20240526a1
帰宅して、美酒をたっぷり飲みながらビデオを見ました
美酒が体の中を巡っていますので
あらためてブログにアップします。

東芝、やったー! 日本一だ!

| | コメント (0)

ラグビープレーオフ会場着

試合開始は午後3時からですが、スタンプカードがもらえるのが12時からです。

早すぎたと思い、途中時間調整して11時15分ごろ会場に到着しました。

なんと、もう100人以上並んでいました。そしてドンドン列は延びています。

ビックリです。

決勝進出は、久しぶりです。期待と緊張感が入り混じっています。


Image_20240526113401

| | コメント (0)

東芝ブレーブルーパス 佐々木剛選手

今シーズン前に、友人の佐藤さんが
推しの選手として佐々木剛(ささきたけし)さんをあげました
私は、全く知らず「その人誰?」と聞いたぐらいでした。

シーズン途中、怪我で離脱もありましたが
プレーオフのサンゴリアス戦でプレーヤーオブザマッチの活躍でした
20240521a8


後半2分に、モウンガさん→ナイカブラさん→佐々木さんと渡ったトライで
(準備された見事な連携です)
追ってきたサンゴリアスの松島さんへの対応を述べていました

ナイカブラさんからは左からパスをもらいました
そして松島さんは左から追ってきました
20240521a1
20240521a2
松島さんは持っているボールをはたきに来るだろうと予測して
左腕から右腕に持ち替えました
20240521a3
松島さんが差をつめてきます
20240521a4
予測通りボールをはたきに来ました
20240521a5
左腕だったら松島さんからするとはたき落しやすかったのでしょうが
20240521a6
肩越しからでは力が入りません
佐々木さんは、がっちりボールをホールドしています
そのままトライ!
20240521a7
試合会場では、気づきませんが
全力で走りながら瞬時に落ち着いた判断です

追いつかれて、後ろからはたかれてノックオンすると
見ていてがっかりするものですが
それを防ぐために
見ていてもわからない、このような細かいプレーが行われているんですね
「神は細部に宿る」

見事です!







| | コメント (0)

より以前の記事一覧