カテゴリー「文化・芸術」の113件の記事

周防亮介さんと東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

池袋の芸術劇場に東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のシべリウス・プログラムを聴きにゆきました。

170323a1

170323a2

170323a6
演奏のお目当ては、2番目のヴァイオリン協奏曲・周防亮介さんのヴァイオリン演奏です。

いつも、そして今日も思ったのですが、周防亮介さん30分以上を譜面なしでヴァイオリンを演奏します。音楽家というのは常人では計り知れないものを持っています。
曲目としては2番目の曲でしたが、何回も何回もアンコールの拍手が鳴りました。アンコール曲はJ.S.バッハ 無伴奏ソナタ第2番より“Grave”

演奏会のあとは、ベルギービールをいただきました。

170323a4

170323a5
演奏曲目
シベリウス
交響詩「フィンランディア」
ヴァイオリン協奏曲ニ短調 作品47
交響曲第2番ニ長調 作品48

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田将コンサート

今日は、上野・東京文化会館に神田将さんのエレクトーンを聴きに行きました。

170311a1

エレクトーン1台を両手で、ほぼオーケストラ並みに演奏するという。もう「魔術師の手」です。
2時間の演奏後「手の感覚があまりないのです。」とおっしゃっていましたが、あれだけ時に鍵盤を激しくたたくのですから、わかる気がします。良かった。

170311a2

第1部
ベートーヴェン/交響曲第5番 ハ短調 作品67 第1楽章
シュトラウスII/喜歌劇「こうもり」序曲
ラヴェル/組曲「鏡」 海原の小舟
ラヴェル/組曲「鏡」 道化師の朝の歌
ガーシュウィン/ラプソディ・イン・ブルー

第2部
ラフマニノフ/交響的舞曲 作品45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壽新春大歌舞伎(新橋演舞場)

新橋演舞場は久しぶりでした

170123a1
昨日見たお芝居の演目です

源平布引滝 海老蔵さん
義賢最期

三代目市川右團次襲名披露 口上

170123a3

錣引(しころびき) 右團次さんと梅玉さん
摂州摩耶山の場

猿翁十種の内 黒塚 猿之助さん

義賢最期と錣引は数回見ていますので、イヤホンガイドも必要なし。黒塚は初めてでしたが、イヤホンを借りなかった分集中して、鑑賞に大きな支障はありませんでした。
義賢最期は海老蔵さんが演じましたが、以前に見た愛之助さんの方が私には良かった。

口上で右近ちゃんが手をついて挨拶する前の動作で背筋を伸ばすのですが、後ろにそっくり返らないかとちょっと心配しました。勿論そんなことはありませんでした。

干支の縁起物がディスカウント

170123a4
気にはなりましたが買うまでには至りませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春浅草歌舞伎 2017

お正月の歌舞伎は、古典をメインにして欲しいのですが、歌舞伎座は、大政奉還150年にちなんでの新作ものということで浅草へ

170103a2

演目
・傾城反魂香(けいせいはんごうこう)
  土佐将監閑居の場
・義経千本桜
 吉野山

170103a1お正月らしいプログラムの表紙です。いつもより大判で1500円

傾城反魂香での女房おとくの中村壱太郎さん、良かった。又平役は坂東巳之助さん。
吉野山、こちらも中村壱太郎さんの静御前に尾上松也さんの忠信。
浅草歌舞伎は、若手が主体です。初代中村梅丸さん、初代中村隼人さんの若手がこなした役は、おそらく歌舞伎座ではもらえない役でしょう。
人間国宝(級)の芝居を見慣れていますので、違和感がなくもないのですが、江戸時代は総じて役者寿命も短かったので、現在に慣れてしまうこともないかと思って見ていました。

この演目は以前にも見ていますので、イヤホンガイドは借りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村壱太郎さん ご挨拶 (浅草新春歌舞伎2017)

浅草新春歌舞伎の恒例で、中村壱太郎さんがお年玉ご挨拶に登場しました。
昨日が初日で今日が2日目です。

「歌舞伎役者は、通例4日ほどしか舞台の稽古をしません。(できません)正月の場合は、大晦日と元旦は役者も休むので、昨日の初日は緊張します。」「元旦は、大阪から新幹線で着ましたが、途中で初日のでを見、さらにきれいな富士山を見れるのでうれしい。」

歌舞伎役者さん大変です。

浅草歌舞伎の、出し物の絵

170103a5
 ちょっとお粗末です。もう少ししっかり描いてくれないと役者さんがかわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーケストラ鑑賞 俊友会定期演奏会

今日は、文京区のシビックホールでの俊友会管弦楽団第57回定期演奏会を聴かせてもらいました。

161023a1
まず、開演前のロビーコンサートから楽しまさせてもらいました。
そして161023a2
ブラームスの交響曲第1番の演奏では、トロンボーンの演奏パートがとても少なく「次はどこで演奏するのだろう?」と、ついつい視線がそちらに行ってしまいました。
受け持つ音域が違うトローンボーンが2種類。それに1人の奏者は2本持っていたようです。気づいた時からは1本しか演奏していませんでした。

弦楽器と違って演奏している時間がかなり少なかったのですが、演奏が終わったら、隣の奏者とがっちり握手していました。当然なのでしょうが演奏しきった達成感は同じということですね。

交響曲の作曲家は、多くの楽器を使いこなすという大変な才能の持ち主だと今更ながらではありますが、あらためて感じました。

演奏曲目
ラロ 歌劇,(イスの王)序曲
ヒンデミット 交響曲《画家メティス》
ブラームス 交響曲1番 ハ短調 作品68
アンコール
ブラームス作曲 ハンガリー舞曲第6番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

周防亮介ヴァイオリンリサイタル

東京・八重洲に周防亮介さんのヴァイオリンリサイタルを聴いてきました。
今最も期待される新進気鋭のヴァイオリ二ストです。


私としては、久しぶりでしたが心が洗われるようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月大歌舞伎 2016年

今月の歌舞伎座は、3部制で「義経千本桜」です。人気は第3部猿之助さんの宙乗り狐六法ですが、第1部を見てきました。
右近さんのお子さんが初舞台

160607a2

場内のお土産も『源九郎狐』にちなんでます

160607a3

演目
義経千本桜
碇知盛・・・・・知盛は染五郎さん
 渡海屋
 大物浦
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝フィルハーモニー 第40回定期演奏会

160605a1

昨日は、東芝フィルハーモニー管弦楽団の第40回定期演奏会をミューザ川崎に聴きにゆきました。
いつものことながら、素晴らしい演奏です。どのような練習をしているのか 行き届いていることを思わせる演奏でした。

見慣れない楽器がありました。プログラムを見ると「チェレスタ」とあります。演奏者の動きを見ると、隣のピアノと同じような動きでしたので鍵盤楽器であることは容易に想像できました。残念ながら楽器の音色までは聞き分けられませんでした。

演奏曲目
フンパーディンク 「ヘンゼルとグレーテル」序曲
レスピーギ 交響詩「ローマの噴水」
ベートーベン 交響曲第7番イ長調、作品92
(アンコール)ワーグナー「タンホイザー」より 大行進曲 歌の殿堂をたたえよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俊友会管弦楽団 第56回定期演奏会

今日は、文京区シビックホールで開かれた俊友会管弦楽団 第56回定期演奏会 を聴きに行ってきました。

160508a1_2
演奏曲目は、
ラヴェル:夢幻劇の序曲「シェエラザード」
チャイコフスキー:組曲第4番 ト長調「モーツァルティアーナ」作品61 リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35

アンコール演奏は、チャイコフスキー「モーツァルティアーナ」第3楽章“祈り”でした。

楽しく聞かせていただきました。

コンサートを聴いた後は、兄弟でお食事&飲み会

160508a2
ゴールデンウィークの締めくくりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧