カテゴリー「英会話サロン」の181件の記事

英会話勉強会 170322

英会話勉強会は、いつも楽しみな集まりです。

170322a1
Nさんが、立川駅で『May I help you』と声をかけたそうです。ご自身が海外旅行で、困っている時に助けてもらった経験を思い出したそうです。

実践!、実践!
この勉強会に参加している私も含めて皆がこうした経験を重ねて行きたいものです。

次の勉強会まで英語に触れることがないのはいけないと、宿題を出すことにしました。

リスニングでは「知らない単語は聞き取れない」の原則で、『harm』が聞き取れませんでした。意味は『不都合、悪いこと」=英検準二級レベルだそうです。覚えておかなくてはいけない単語です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かんたん英語で日本紹介」 170316

今期最後の講座ということで、恒例の現地での実践ガイドです。
今回は、合羽橋道具街から浅草寺・伝法院を巡りました。

Sさんの説明は浅草寺の境内図を用いてのガイドです。

170316a1

ガイド内容もそらんじて説明です。
私は2回目の経験で、文章を読むのみ、皆さんとはレベルの差を感じます。

私の説明は、五重塔です。現在五重塔は修理中で足場に隠れて見ることはできません。(門の向こう側)

170316a4

現在五重塔が立っている場所は、以前は三重塔が立っていたところで、五重塔があった場所には石碑が立っています。今回の事がなかったらこのようなことを調べることもなかったでしょう。

170316a3

伝法院は特別公開でした。

170316a2

手水舎では、参拝前の手の清める作法を、それこそガイドの方が外国人観光客に説明していました。そこで私が手を清めることになりました。普段はいい加減にやっているのですが、この時ばかりは説明を見ながらきちっとやりました。私に続いて外国人観光客が手を清めたのですが、「作法通りに手を清める日本人代表」になった感じで、少し緊張しました。

浅草寺を史跡として見ると、普段見えないものが見えてきます。

昼食は、アサヒビールのビルの22階でした。お昼からビール“琥珀”をいただきました。

170316b2

170316b3

170316b1
スカイツリーの眺めがGoodでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170308

ここのところ多忙な日々を送っていました。そうした中、英会話勉強会は、心スッキリ、気持ちに少しゆとりが出る貴重な時間でした。

170308a1
iPadが、ホーム画面では全面表示なのに、サファリになると右側が黒くマスクされました。この日の勉強会では支障がないのですが、iPad教室では困りますので解消にトライしました。結局電源の入れ直しで解決したのですが、このような現象になった原因はわかりませんでした。

リスニングテストの中のある問題で『for get it』の文末は、一致して聞き取れました。ただしセンテンスの意味がわかりません。解答を見たら『forget it』でした。意味が通じないわけです。

リスニングでは、単語を続けて発音しているのを、切り離して聞き取る。という先入観が知らず知らず身についてしまっていたようです。

今日も楽しくお勉強しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かんたん英語で日本紹介」170216

十数行読んできて「From on then, in tanka・・・・・・」と、ここでつっかえました。tankaが、読めずに間があきました。勿論日本語では「短歌」です。ご丁寧にも単語の前に「in」が付いていました。

講座終了後は、そろって昼食。いつもの8階のお蕎麦屋さんはどういうわけかお休み。エレベータで上がってすぐ降りてきました。昼食時間に8名で入れるところはそうはありません。代替でパスタ屋さんへ。

170216a1
ほぼ満席の上、予約客が入ってきたり繁盛しています。と、言うことは「美味しいお店」と思うんですが、あまりわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170208

今日からプリントを1枚増やしてもらいました。2巡目ですからどんどん進みます。しばらくこのペースで良いのでは?!と、私は思いました。

リスニングテストでは、“where”の単語が2回とも私には“F”から始まるように聞こえます。文脈からは“where”なんですけど。そうそうリスニング力の不足を文脈理解から補って聴く場面がありました。それに、力を合わせて聞いてもいます。チーム力で聞いて理解しています。それもありです。

英会話サロンの名物のスイーツ集

170208b1
Hさんの温泉卵風スイーツは初めて見ました。黄身に相当するものが入っていましたのでナイフでカットして写真を撮りました。

170208b2
この時点で中は四角であることに気付きましたが食べているときは思い込みなのか?四角とは気づきませんでした。

Nさんのパンが美味しくて、いつもの隣のパン屋さんかと思いきや、道をはさんでのすぐ近くのもう一軒の小さなパン屋さんで作られているそうです。

あまりに美味しいので、帰りにMさん、HさんがNさんに案内してもらって寄りました。売り切れていなかったのでしょうか?
しかし英会話サロンとウエートコントロール。両立は厳しいかな?もちろん犠牲になるのはウエートコントロール!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「かんたん英語で日本紹介」170202

妖怪・怪物編が今日で終りました。

170202b1
龍(ドラゴン)は発祥の地インドでは蛇、そして中国で龍に変化して、日本には中国の「龍」が伝わってきました。

こうしたディープな講座は、4月から少し「一般的な内容」に代わりそうです。私自身は、元々一般的なものを期待して受講したのですが、ディープな講座も悪くはないと感じてはいました。オリンピックを控えて要望が一般的な内容を期待されたのだと思います。
4月からは少し肩の力を抜いて受けることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170125

まずは、和文英訳のプリントです。

170125a1
2巡目ですのでササッとかたずきました。プリントを2枚にしてはどうかと提案がありました。このままで良いのでは、と私の考えを答えたのですが、よくよく考えると、2枚にしないと回転が遅くなります。2枚にした方が良いかと思い直しました。もう一度相談したいです。

第2部・リスニング問題
ヒアリングテストと言っったら、間髪入れずに「リスニングです。」と修正されました。今日は最初から修正されっぱなしでした。

リスニングテストでは、“You've been”というごくごく簡単な言葉が聞き取れません。繰り返し聞いてゆかなければなりません。

そして今日一番受けたリスニングのフレーズ
You look pale.  「顔色がよくないよ」
ここまでは問題無しで、聴いたフレーズをホワイトボードに書くのですが、ここでスペリングを間違えたので pailとなると「バケツ」「手桶」と出てきました。
皆さん「ホームセンターで“ペール”と商品看板がつるしてある。」と手持ちの語彙と結びつきました。私は全く知りませんでした。
「でも、発音が違うのでは?」と調べたら「発音は同じ!」

You look pail. あなたはバケツのようだ!  大笑いでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「かんたん英語で日本紹介」170119

昨日の講座では、まず、仏様の『印』=ハンドサインの勉強

170119a3

そもそも『印』をどう英訳すると、聴かれて「ハンドサイン」とはすっと出てきません。『印』を本で読んだりしても頭には入りません。真剣に覚えようとしないからです。英語で勉強すると親しみを感じます。

続いて『鬼』
英語でどう説明するのか以前に知らないことが多すぎます。
「鬼門」は丑寅(うしとら=東北)の方角になります。これは良く知られたこと、もちろん私も知っています。
さて、『鬼』の姿かたちですが、「牛の角」「虎の牙」「虎皮の腰蓑」つまり、「鬼の牛・虎の姿は、丑寅の忌み嫌う方角からきている。」の説明に目からうろこの思いでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170111

今年の第1回でした。

170111a1
和文英訳のテキストをちょうど1回終え、テキストを替えずにまた最初に戻って始めました。
一通り終えた成果がどうであったか楽しみにしていました。「以前は、時間がかかって苦労した。」記憶が残っていますが、今日はササッと終わりました。ちょっと嬉しかった。

和文英訳が短時間で終わったのでリスニングに多くの時間がさけました。リスニングには、個人個人それぞれ聞き取りやすさの傾向があるようです。
ついつい熱中してお部屋の使用時間がきてから気付いてあわてて撤収作業をしました。
今年も楽しい英会話サロンになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かんたん英語で日本紹介」170105

昨日のiPad教室は、お正月でお休みにしていましたが、「かんたん英語で日本紹介」は、予定通り今年最初の講座でした。

日本の宗教・精神を発信する語彙ですので、日常会話ではほとんど使いませんので、英単語が難しい、そして日本語も難しい。まだまだ私は慣れていません。

“mourning”朝のmorningではありません。uが一つ入っただけですが「忌」に相当します。初めてお目にかかる単語です。

flesh=肉 the flehで精神に対しての「肉体」
精神は、宗教的にはspiritでmindは「思考」で宗教的な意味での精神には使いません。この辺はようやく理解できるようになりましたが、fresh=新鮮との区別は先生に言われるまでわかりませんでした。

今年最初の講座でしたので、昼食を一緒に頂きました。

170105a1

私としてはクラスの初写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧