カテゴリー「英会話サロン」の211件の記事

英会話勉強会 180425

今日は「おもてなしの英会話」で、初めてのトライでした。ラグビーワールドカップのボランティアの募集も始まりタイムリーなテーマです。
英訳で挑戦したのですが、解説もついて勉強が進みました。“please”の使い方を気を付けなければ!という視点で、理解が深まりました。続いて「道を聞かれたときの答え」レベルが私達にはちょうど良いです。楽しく勉強できました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 180315

15日の勉強会では、


今までの英会話サロンの勉強で、「自分の考えたことを英語で表現する。」という点がウイークポイントである事を認識していました。それを補う方法としてこの日、翻訳アプリのダウンロードをしました。皆んなスマホを所有している事が追い風になっています。
これが思わないところで力を発揮しました。問題に対して「こういう表現もあるよね」というところが翻訳アプリで、裏付けが取れました。
alreadyの位置が、文中と文末で、今までなら、「どちらでもOK」で済んでいたのですが、Hさんが「文末にあるのは、『すでに』を強調したいのでは?」と指摘し、音声を聞くと『なるほどその通り!』
色々収穫がありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英会話勉強会 180110

私を除く皆さんが北陸旅行をするので、その計画を立てました。


IPadの講師をしていますので、ネットで情報を取るのはお手のものです。
お徳に、便利に日程を組み立てました。
ということで、英語の勉強はナシです。
持ち寄った甘いものも、ほぼお持ち帰りです。


楽しい旅行になりそうです。私はお土産をたのしみにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会171227

前回、メンバーが揃うのが今年最後ということで、忘年会がわりの会食会を行いましたので、ちょい拍子抜け。
健康の話など雑談、ゆったりと重荷にならないようにするのが長く続ける秘訣と心得てます。
スイツー類だけはしっかりと。


リスニングを10問して今年を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 171220

前回に続いて「相撲」の続きです。
相撲の所作の意味などを英語で勉強しました。
単なるスポーツではないとの感を強くします。
昨今の相撲界の不祥事を聞くにつけ、
「違うだろ〜」と、思う。
モンゴルから来て言葉も習慣違う中で並大抵の苦労ではないことは承知しますが、
白鵬の取り口はやはり違う!と思う。

英語の講座ですが、
相撲と角力の違いを知りました。

続いて「皇居」
リーディングで「Kokyo」を
間違って「東京」と読んでしまいました。
漢字では全く違いますが、アルファベットにすると紛らわしいです。
日本語を英語で読む難しさを勉強しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会171213

今年は、もう1回有るのですが、全員が揃うのは今日が最後ということで、
お勉強は無し。


お弁当買ってきていただいて会食


紅白の蕪は着色したわけではなく健康食品なんですね。

皆さんグルメですので、
スイーツも味自慢を持ち寄ってくれて揃ってきます。


美味しいものに疎い私には嬉しいです。

話しも弾みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 171122

リスニングでは、始めた当初は、なぜ?どうして?聞き取れないの?と、訳が分かりませんでした。

171122b1
当たり前ですが、知らない単語は聞き取れません。そして知っている単語でも、ネイティブの発音を聞いたことがなければ、聞き取れません。当然ではありますがこうしたことを知ってくると気持ち的に楽になります。

Can I have two more ?

前回聞き取れなかったのですが、今回は聞き取れました。それもそのはずです。前回は more  が「モー」と聞こえて、“牛”?となって訳が分からなかったからです。私達の耳では「モア」と聞こえなくては理解できないからです。
たまたま、今日のサロンの初めの方で、ロンドンの地下鉄で「ドアーが開く」というアナウンスは、「ドアーズ、オープン」と聞こえず、「ドーズ、オープン」と聞こえるのです。
more も door も orの部分の発音は、“オア”ではなく“オー”と聞こえます。
orの聞こえ方がわかりました。収穫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 171108

Nさんはお休みでしたが、しっかりプリントを預かりました。4ページの内2ページは宿題としました。

171108a1
リスニングテスト・・・・・・ここで事件が起きました。なんと!

Do you know where it is?

この簡単なフレーズの where が聞き取れないのです。
私には、whereの単語がで始まる単語に聞こえるのです。

ネイティブには、whereに聞こえるのか?信じがたい気持ちになり、
iPadのSiriに聴いてもらおうと、Siriを英語の女性に設定して、そのままSiriに聴いてもらいました。
なんと!正確に聞き取っていました。当然と言われれば当然なのですが、私達の耳とはこうも違うのかということがわかって、驚いたりそして愕然としました。

逆もまた真なりではないですが、ジョン万次郎が
What time is it now. を「掘った芋いじるな」と覚えたことを思い出して、「掘った芋いじるな」と思いっきり日本語で全員がSiriに話しかけたところ、すべて聴きとってくれました。面白かったと同時に、あの簡単なフレーズが聞き取れなかったショックを和らげることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介171102

今日は、先月から加わった新規受講生を含んで8名全員が揃いました。

テーマの「江戸の工芸品」のテキストを読んでいた時です。
出てきた単語 some–komon これを サムコモン と読んでしまいました。
染め小紋 ですから、サムとは当然発音しません。
続けて読んで行くと次の行に a somewhat と、出てきました。
私は、用心して その単語の後ろに続く語を頭の中で検証していました。
つまり、つっかえたのです。
何のことはないのです。普通に読めばよかっただけのことでした。
英文の中に日本語が入ると厄介なことがあります。

他の方も、日本語の英文字表記に戸惑ったりします。
それにしても次の行に同じ some が出てこなくてよいだろう。
とツッコミを入れたい心境でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 171025

25日は英会話サロンでした。
リスニングでは、mean と main が聞き取れませんでした。
悔しいので、それぞれの単語を聞き比べました。
ネイティブの発音を聞く量がたりないので、我々が思っている発音と違うか確かめたかったからです。
思った通りの発音でした。
再びリスニングの問題を聴きました。
問題に納得はできませんでした。
ネイティブの発音にも当然個人差があります。
ワンフレーズの問題では文脈から判断はできません。
ここが難しいところです。

美味しいスイーツがたくさん出ました。

いつものことですが食べきれませんので、家に帰って何日かかけて食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧