カテゴリー「英会話サロン」の198件の記事

英会話勉強会 170913

170913a2

ゴガクルで英訳でスタート
レベルがあっていたのは良かったのですが、
ちょっとずつずれていました。

リスニングで首をひねった単語がありました。
 mango 

果物のマンゴーです。
果物のマンゴーは当然知ってますが、ネイテェブの発音は聞いたことがありません。聞いたことがなければ分からないという当たり前の結論です。

気楽に3時間英語に接することができる楽しい時間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170907

『かんたん英語で日本紹介』の半期最後の講座は現地での説明というのが慣例となっています。9月7日に行ってきました。

今回のコースは、秋葉原からスタートして上野公園までのコースです。この逆コースは2ヶ月に1回ほどのペースで歩いています。

逆コースですが、私が通る道とほとんど重なりません。とても新鮮でした。

山手・京浜東北線の高架下におしゃれな店が連なっていました。

170908a11

170908a1
名前の由来は東京駅からの距離で2540mです。「東京から」という点を事前学習で教わっていたのですが忘れていました。

私は上野公園の入り口の“黒門”址の説明を試みました。
わかっている事と、わかってもらう事の違いのむずかしさを今回も感じました。

ここは、
江戸城無血開城後に幕臣の一部が彰義隊を結成して、官軍側に挑んだ上野戦争で、最も激戦の地です。

噴水がありました。

170908a2
少し前からあったような気もしますが、いつも反対方向から来ますので印象に残っていません。Sさんが「黒門をかたどっている」と言いました。なるほどそうです。傍らに黒門の説明板がありました。初めて気づきました。

良く通る道ですが、見方を変えて歩きましたので新発見がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170809

170809b1

リスニングで、聞き取りと意味まできちっと正解できる問題は必ずしも多くはありません。まして気の利いた訳はなかなかできないものですが、今日は『バッチリ』という問題がありました。

Tomorrow is another day. 躊躇なく『あしたはあしたの風が吹く。』

おそらく何十年ぶりに聴いたフレーズだと思います。解説を開いて「風と共に去りぬ」の有名なせりふだと思い起しました。結構覚えているもんですね。

他に

I see. That's what this is all about.  『 なるほどそういう事なんだ』

You'r right on the button. 『ドンピシャリです。』

I felt a little out of place. 『ちょっと場違いな気がした。』

これらのリスニング問題も英語的な言い回しとして勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170803

久し振りでした。7月の講座が1回のみであったスケジュールと、その1回も納涼祭の準備のために欠席したために、一ヶ月あいてしまいました。

今日はテキストは使わず、プリントでした。
「カプセルホテル」「ハイテクトイレ」「自販機」「交通機関」「東京の街とアート」「AKB48」の学習でした。
身近な話題で良かった。

他の受講生さんから『HOTELとINN』の違いの質問が出ました。
Answerは「規模の違いで、大きいものがHOTELで小さいものがINNです。日本の旅館はINNになります。」ただ、旅館はそのまま ryokan が良いようです。

次回もプリントの続きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170726

多忙だったHさんが久しぶりに復帰です。プリントも復活!英訳プリントに要する時間が短くなったように思います。着実に進歩しています。

Hさんがドイツに旅行に行ってましたので、写真を披露してもらいました。写真を見ると、私と違って女性の視点でのアングルが新鮮でした。

170726b1

リスニングでは、
『Where does he go ?』という簡単なセンテンスなのですが、he が she としか聞こえないのです。 does の最後の s が he と結びついて she と聞こえました。『 does she 』 と聞き比べたい所ですが、できません。慣れを重ねるのみです。

休憩時間の“甘いもの” ドイツ土産もいただいたのですが、食べちゃって写っていません。

170726b2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170712

プリンとは無しで、ゴガクルで学習しました。
英訳、和訳の際、音声も聞いて、リスニングもしたのですが、難しいことを実感しました。

170712a1
ゴガクルの良いところは、「音声付き」という点です。、学習範囲はテーマで選べます。ただ、テーマが必ずしも私たちの要求に合致していると思えない点があります。やはりプリントが基本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170629

通史がほぼ終わりに近づいています。私にとっては、日本史そのものに関しては物足りないものがあります。ですが、私の関心より、外国から来た人の関心がどこにあるか?なので気にはなりません。

外国人の疑問としては、戦後、日本が驚異的な経済復興を遂げたのは何か?
天皇の給料はいくらか?など・・・・・・。

そうでしょうね、古墳時代に関心を持つ人は今のところほとんどいないでしょう。
でも世界遺産になったら違ってくるでしょう。

次回の講習まで1ヶ月ほどあきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170615

外国人から見ると、侍が「絵を描く」などというのは、理解しがたいそうです。私たちは、江戸時代の武士は支配者階級として政治を動かしていたので、教養として絵を描く(画家として名を残す武士もいた)ので違和感がありませんが、外国人にとっては驚きなのでしょう。平和な世の中が続いた結果です。
侍の魂である「刀」で戦うはずの武士が城中で抜いたら、切腹。とか、傘貼りの内職をしている。となったら『侍のイメージ』は崩壊してしまうのでしょうね。

今まで古墳の英訳については色々使ってきましたがテキストで『 buriai mounds 』と出てきました。 mounds の語がつかわれています。良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170614

それぞれ、都合・事情があって3人でした。前回も3人でした。「2人の場合はお休みにしましょう。」と前回話していたのを「2人欠席の場合はお休みにしましょう。」というふうに、間違って記憶していました。  お休みにしなくて良かった。

テキストも2回目に入って、半分ほどきました。テキストを預かったのですが、使用感があって、「継続してやってきた!」が実感できてうれしかった。

良く知っている簡単な単語の似たような意味の言葉のニュアンスの違いをイメージしやすく記憶するには図にしてとらえたり、元々の意味までさかのぼると理解しやすい。ということで、

この日の課題から 「到着」です。

arrive  岸、港に着く(古期フランス語)・・・・・→場所や時間に使われる
reach 
手を伸ばす(古期英語)・・・・・→距離や範囲に使われる

同じ「着く」でも、元々の意味は違うんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170601

外国人観光客の増加に対処するためなのでしょう。通訳ガイドの『資格』をオープンにする。と、ニュースが伝わりました。
マイナス面として、スキルの低い人(日本の事を知らない)が増える。と、指摘されています。この講座を受けていると、「日本の事を知らない」と、つくづく思います。

170601b1
今日は、白村江(はくすきのえ)の戦いからでしたが、韓国の地名(現地読み)まで出てきます。難しい日本語、日常会話には出て来ない英単語、サンスクリット語が出たこともあります。
「日本」を説明するのは大変です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧