カテゴリー「化石・鉱物」の7件の記事

八王子の琥珀

いわき市石炭・化石館の2階の標本展示室の一角に「琥珀」が展示されています。

宝石の琥珀は。普段見られるのは研磨されていてきれいですが、地中から掘り出した状態で展示されていました

161010c1
私も琥珀を掘り出していますので「そうそう、掘り出した時は、この状態だ」と懐かしく感じました

すると、案内板に琥珀の産地として“八王子”が表示されていました
琥珀の産地として知られているとは思いませんでした

161010c2
私が持っている“八王子の琥珀”です

161010c3
今はあまり取れなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわき市石炭・化石館(福島・いわき旅行)

化石に興味ある人には、楽しめる施設です

161010b1
手で自由に触れることが出来る化石もいくつかあります

161010b2
模擬坑道

161010b3

161010b4
採炭の方法の移り変わりがわかります

常磐炭鉱の坑口 ここは昭和天皇が全国巡幸で訪れて入坑しています

161010b5
石炭火力発電量は落ちていると思ったら、増えているんですね。意外でした。

ミュージアムショップ 化石から名産品まで品揃えが豊富です

161010b6
屋外展示でD51があります

161010b7

161010b8
運転台にも座れます

結局行けなくなった白水阿弥陀堂ですが、その周辺にも化石があることを知りました。別の機会に行く時の参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自慢の琥珀(こはく)

20070807kohaku1 我が家の密かな自慢が琥珀です。写真の左 側が私が掘り出した琥珀です。右は買い求めた虫入り琥珀です。大きさの比較のためサインペンをおきました。琥珀というのは樹液が化石化したものです。蟻などがこの樹液に触れ、身動きできなくなって取り込まれてしまうのが虫入り琥珀になるわけです。
八王子市役所の近くの河原に百万年前のメタセコイアの化石林があります。ここで掘り出したものです。そう、百万年前のです。もう閉館になりましたが高尾自然科学博物館にもここから出土した琥珀が展示されていましたが、私の持っている琥珀の方が結構大きい事が“密かな自慢”なのです。(博物館は数年後には形を変えて開館するものと思います)
宝石より化石として大切にしていますので研磨はしておりませんので見かけはちょっと地味ですが、存在感があります。出土地の地図を掲載しました。赤く塗ったところから川上に広がっています。メタセコイアの化石も勿論あります。もう一箇所あるのですが冬の水量が少ない時でないと流れの中になって見つけることは出来ません。
 探しに行かれる方は琥珀色を求めて探しても見つかりません。黄色っぽい色をしています。写真を載せましたので参考になさってください。20070807kohaku3

20070807kohaku2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋川渓谷の化石

20070806tizu 20070806kaseki1

東京近郊の秋川渓谷に化石を探しに行った時、面白い経験をしたことがあります。五日市街道の渋滞を避け、地の利を生かして、夕方秋川に子供と化石探しに行った時の事です。バーベキュー目的の観光客が帰った後です。化石を探していたところ、貝の化石がまとまって河原にいくつも放置されていたのです。「あら、化石を集めておいて忘れて帰っちゃってる。ラッキー」と喜びました。いつもならハンマーで石をいくつも割って探し当てるのです。こんなラッキーな事はありません。よっぽど慌て屋さんだったのか?と最初は思いました。ところがよくよく見ると石は円形に並べられていました。どうも石を集めてバーベキューの炉を作ったようでした。バーベキューを楽しんだ人は、まさかその石の中に貝の化石が入っていようとは思っていなかったのでしょう。熱せられた石は割れて中の化石が現れていたのでした。地図に赤くマークしました。五日市の高尾公園の下の河原です。お子さんもきっと喜ぶと思います。
以前は結構大きな貝化石が私の町でも出ていましたが、河川改修などでだんだん少なくなってきました。20070806kaseki2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

国際ミネラルフェアー Ⅲ

20070605stone3 昨日まで新宿で開かれていた国際ミネラルフェアーは、特別展の展示品以外は、私からすると毎回それ程変わり映えのする商品があるわけではありません。イベントの規模は少し小さいですが、池袋でも入場料なしで同様のイベントが開かれます。それでも毎回のように行ってしまうのは、「こんな化石を掘り出したなら楽しいだろうな」と云った想像でお店を廻ることで、既に性癖になっているからです。ただ、今回は明確に買出しの目的がありました。
 仕事で、新しく職場に来る方に“蛍光ランプの点灯原理”を説明するため蛍光石を使っているのですが、もう少しインパクトのある蛍光石(鉱物の分類とは別にともかく紫外線に反応し発色する石)が欲しかったのです。そこで写真にあるような携帯ブラックライト(いささか古くなってしまいましたが)を持ち出して行きました。お店に展示してある蛍光石に光を当てて発色を見、安くてよく発色する石をみつけるためです。産地表示で発色の良い石は知識として知ってはいるのですが、掘り出し物はないかと探すためです。原則的には「ライトを当ててよいですか」と断りましたし、営業妨害にならないよう他のお客さんがいない時を見計らいました。あるお店では「マイライトですか。それは発色はよくありません」と机の下においてある石を勧められましたし、パキスタンからやってきたお店では、お店の方から「どうぞ」といわれました。どうぞという割には発色はよくなかったのですが、その光景を見ていた他のお客さんから「何をしているんですか?」と質問されてしまいました。きっと、まだ鉱物に興味を持ち始めて間もない方なのだと思いますが、興味を更に持っていただければ同好の士としてちょっと嬉しくもあります。当然なのですがマイライトをかざしても嫌がるお店はありませんでした。買い求めた石のブラックライトを当てたときと当ててないときの写真(写真にカーソルを持って行き、クリックすると大きな写真になります)をアップしました。まあまあ満足のいける価格でした。20070605stone1 20070605stone2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2275万円のオパール(国際ミネラルフェアー Ⅱ)

20070603175 20070603 新宿で開かれている国際ミネラルショーに行ってきました。特別展では175カラット2275万円の価格表示のついたオパールが目を引きました。横幅が20cmもあるオパールです。見事でした。果たして買い手がつくのでしょうか?目の保養にはなりましたが私には縁のないものです。その他、貝化石のオパール化したものなど多数展示されていました。
日曜日の午後とあって、買い物、見物客で混んでいました。テレビ東京系の人気番組“なんでも鑑定団”のなかで鉱物の鑑定でお馴染みの堀秀道さんも顔を見せていました。“なんでも鑑定団”に出演する以前から鉱物に関心のある方にはよく知られている方です。国際ミネラルショーは明日午後5時まで開催されています。20070603_1 20070603_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国際ミネラルフェアー

例年の事なのですが、東京国際ミネラルフェアーの案内状が来ました。新宿で6月1日から5日まで行われます。詳しくはこちら→http://www.tima.co.jp/tima/をご覧になってください。
ダイレクトメールにタブロイド版の新聞が同封されていました。そのトップに、聴覚障害者のラグビー「デフラグビー」を知ってますか?と題してデフラグビーが紹介されています。化石・鉱物の話とラグビーの話がどこで繋がっているのか私にもわかりませんが、どちらにも興味を持っている私には奇縁に感じられます。デフラグビーに関しては応援サイトをお気に入りに入れて時折拝見しております。ご興味のある方は是非覗いてみてください。http://hochoker.blog.ocn.ne.jp/susu20070520mine

| | コメント (0) | トラックバック (0)