« 孫の運動会 | トップページ | 正倉院展の予約 »

ラグビー日本代表vsオーストラリアA

録画を見ました。
最後の最後でトライ・コンバージョンの成功を許して
21-22で逆転負けでした。
最後の数分間のゲームコントロールが課題として残ったというのはその通りだと思います。
代表としての試合数の少なさが、影響しているのでしょう。
ワールドカップ開幕まで11か月となって、来年のマッチメイクがどうなるのか気になります。

リーチ選手がボールを持つと「リーーーチ」と声がかかっていることが
テレビの音声でも聞き取れます
期待にたがわぬ奮闘でした。
姫野選手は、ノットリリースザボールの反則を取られる場面が目立ちました。
次戦へ向けての修正点です。

課題はありましたが
大阪での最終戦に、期待がふくらむ戦いだったと思います。

|

« 孫の運動会 | トップページ | 正倉院展の予約 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孫の運動会 | トップページ | 正倉院展の予約 »