« 大坂冬・夏の陣 戦跡 大阪府天王寺区 | トップページ | 東芝 2022都市対抗野球出場を決める »

松岳山(まつおかやま)古墳 大阪府柏原市

大和川が奈良県から大阪府に入った、ほぼ最初の古墳です
20220607a8
全長150mの前方後円墳です
作られたのは玉手山古墳群に続く4世紀前半とみられ
20220607a9
世界遺産の古内古墳群より先に作られています。

後円部墳頂に石棺が露出しています
20220607a1_20220607223101
20220607a2
南北に大きな板状の立石があります
極めて珍しいです

石棺は組み合わせ式(蓋石、側石、底石の各部材で構成されています)
発掘調査時の写真
20220607a7
20220607a4
側石は四国の鷲の山から運ばれてきています

側石上部はカーブをつける加工がしてあります
20220607a3
しかもカーブの角度を変えています

盗掘孔から内部を撮影しました
20220607a6
20220607a5
驚いたことが二つ
①側石と蓋石カーブをつけて加工してあります
機能的には平板で問題ないので何かをかたどったということになります
→前代の割竹型木棺を模したと考えられるようです→長持石棺へ?
②水が溜まっていました。くり抜き型ではないので水はたまらないはずです
→底と側面に粘土が残っているのか

カメラのモニターで丁寧に加工された石棺内を確認したとき
「すごいものを見た」と、感動しました。

ストラップをしっかり握ってカメラで撮影しました
スマホで撮ろうとして落としてしまったら戻ってきません
国指定史跡です。蓋石は動かせませんし、史跡保護の観点から不注意は許されません

数ある古墳の中でも特筆すべき存在です

|

« 大坂冬・夏の陣 戦跡 大阪府天王寺区 | トップページ | 東芝 2022都市対抗野球出場を決める »

古墳・古代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大坂冬・夏の陣 戦跡 大阪府天王寺区 | トップページ | 東芝 2022都市対抗野球出場を決める »