« 長屋王墓 | トップページ | 唐子鍵遺跡と纏向遺跡 »

「最澄と天台宗のすべて」展

上野の国立博物館に行ってきました。20211112a3
法隆寺展に比べるともう一つ熱が入りませんでした。会期末まじかとなったてようやく行ったのはそのためです。が、比叡山・天台宗が日本の仏教の大きな幹であることがよくわかりました。良かったです。行くのが遅かったため「最澄図」が展示替えのためレプリカとなっていたのは残念に思いました。20211112a1
江戸時代には、幕府をバックに寛永寺が天台宗の中で重きをなしてきて、山寺(山形)から仏像を移すなど、幕府の威光を背にした時代背景も見て取れました。
慈円の直筆が見れたのも良かったし、嵯峨天皇のさすがは三筆という筆さばきを見れたのも良かったです。20211112a2
この展示会に合わせて本館で浅草寺の仏像の特集展示が行われていました。

|

« 長屋王墓 | トップページ | 唐子鍵遺跡と纏向遺跡 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長屋王墓 | トップページ | 唐子鍵遺跡と纏向遺跡 »