« アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 | トップページ | 日野iPad教室180207 »

仁和寺と御室派のみほとけ



一番混んでいた展示は「三十帖」でした。弘法大師・空海(774-835)が、中国(唐)で書写して持ち帰った経典・儀軌類で、真言密教の秘書として大切に伝えられてきたもの。三十帖あることからこの名で呼ばれいます。空海の自筆部分が十数帖確認され、空海の直筆が見られるということが人気の理由です。(今は、一部展示で、全点展示は終了しています)
天皇の直筆(宸翰)も多数あり、皇室との関係の深さを示していますね。

江戸時代の観音堂の諸仏があり、なんとか、此処は撮影OKです。

特別店でこの規模撮影OKにはビックリしました。
須弥壇の裏の通路も再現されています。

ただし此方は高精密写真です。
見応えがある展覧会です。
(1月26日)

|

« アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 | トップページ | 日野iPad教室180207 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177512/72846532

この記事へのトラックバック一覧です: 仁和寺と御室派のみほとけ:

« アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 | トップページ | 日野iPad教室180207 »