« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

日野iPad教室 170628

現在、iPadコースは3コースあります。複数のコースに出席されている方もおられるので、学習内容がかぶらないようにずらしています。

このコースでは、写真の基礎的なことをしていましたので、応用編ということで「編集とコラージュ」この単元は
H講師が主任で、私はサブ講師です。

170628a2

170628d1

H講師のフットワークが良くて、サブ講師の私は、反応にしばし出遅れ気味。
それにしても編集で多くのことができるようになった事を私も勉強しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170628

今日のリスニングテストは、『中学生1年生の2学期レベル』で、「これならいける」だろうと意気込んだのですが、結構苦戦しました。

Timeが聞き取れない。カタカナで表わすと、「タン」のように聞こえます。私たちの世代は、どうしてもスペルが頭の中を占領しています。聞こえる音と文字を突き合わせる傾向があります。
リスニング量を増やすしかないようです。

170628b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ラグビーファンゾーン2017

170624b1

24日の、日本vアイルランド戦の前に、お隣の競技場で行われたラグビーイベントに参加しました。飛田給の駅にもタペストリーが飾られていました。

まず、『人文字』 ラグビーボールをかたどって、私は「2019」の「1」の頭の部分でした。

170624b2
記念品のフェースタオルとお食事まで付いていました。食事が目的で参加したわけではありません。

170624b3
ただ、この人文字の全体像はわからないのと、どこで発表するのかもわかりません。

イベントには、小池知事もステージに上がりました。

170624b4

ワールドカップの開催各都市のブースなどを周って、トートバックなどたくさんノベルティーをいただきました。

170624b7

170624b6

170624b5

2019年を目指して、ラグビーイベントが増えて行くと思います。盛り上げて行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤井四段の新記録の瞬間をテレビで見ました

昨日は、ほぼ1日、ケーブルテレビの『将棋チャンネル』で藤井四段の将棋を見ていました。真剣に見たのは初めてでした。

日中は、指し手がゆっくり進みますので、時間が空いて、空いて「気が付いたら打っていた」状態で、2画面にして、かつ、ながら見でした。

170626
これじゃ「食事を何にした」でつながないと間が持てないことがわかりました。

夕食前の6時ごろは、素人目で「藤井四段は守勢」かな?と思ったのですが、


夕食後は、打ち手も早くなり展開が早くなりました。将棋チェンネルの解説者は、増田四段の師匠で、NHKニュースでは藤井四段の師匠でした。その藤井四段の師匠の「このかたちになったら、藤井は負けてことがありません。」の言葉が印象に残りました。解説者が予想できない指し手が出るのですから、私にわかるわけがありません。

ともかく、歴史的瞬間をリアルタイムで見ることはできました。

170626a
見るだけで疲れました。棋士のバイタリティーは驚異的であることはわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー 日本vアイルランド サポーター&グッズ (味スタ)

ノーサイド

170624a1
170624a2
アイルランドサポーター

170624a4
170624a3
グッズ

170624b8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー 日本vアイルランド① (味スタ)

前週、静岡で大敗してどのように修正できるか?に注目して応援です。

170625a1
選手入場

170625a2
170625a3
170625a4
キックオフ

170625a5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー 日本vアイルランド ② (味スタ)

開始早々、タンオーバ―でチャンス!と思ったら、パスミスであっさり先制トライを許しました。日本が先制をとらなければ勝利が遠くなると思っていましたので残念な序盤となりました。
12分にもトライをとられましたが、15分にペナルティーゴールを決めます

170625b2
しかし17分にもトライを許してしまいます。

日本は、ウヴェの突進を起点につないで、24分右隅にトライを返します。

170625b4
前の試合では、勝敗が決してからのトライでしたので、前半で1トライでも返してほしいとの願いに応えるトライでした

後半、13分 山田選手のトライで13-28と迫りますが及びませんでした。

ダブルタックルでアイルランドを止め、チャンスを作りますが、ミスでチャンスを潰して差を詰められませんでした。

日本 13 - 35 アイルランド

アイルランドは強かった

170625b7
日本の粘り強いタックルに観客は沸きました

170625b3
170625b91
リーチキャプテンとトンプソン選手の存在は大きいです

170625b8
スクラムは頑張りました

170625b6

ラインアウト・・・・・・・敵陣に攻め込んで「チャンス」のラインアウトで2本スチールされました。

170625b92
208cmのデビントナー選手
リスタートのキックオフを確保・突進して、あっという間にトライに結び付けました。長身選手への対策が必要です

170625b93
170625b94

まだまだアイルランドとの差は大きいですが、日本は頑張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の(ラグビー)アイルランド戦

ウィンドウマンスの最終戦、日本代表vアイルランドが味スタで行われます。
熊本、静岡と、以前なら応援に行っていたのですが、自治会の行事などで都合がつきませんでした。少しばかりフラストレーションを感じていました。
明日は、ようやく行けます。

ここまで行けなかったうっぷんを晴らす意味も込めて、味スタのお隣の西競技場で行われる『東京ラグビーファンゾーン』のイベントに参加します。
12時からの『人文字』作りは、事前登録制でしたので、応募しました。が、どうやら人数が足りないようです。

試合そのものは、けが人も多く、アイルランドは格上ですので、苦戦が予想されます。ですが、一昔前までは対戦相手として、日本はティア1の国からは相手にさえしてもらえませんでした。選手には、そうした国との対戦する喜びを感じて欲しいです。第1戦からは、ワールドカップの前哨戦といった意気込みが日本からは感じられませんでした。逆にアイルランドからは強く感じました。

アイルランドは好きなチームですが、アイルランドが「自チームに手ごたえを感じて、自信を強めて帰国する。」事は何としても避けてもらいたい。そうした気持ちで応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林麻央さん逝去

麻央さんがお亡くなりになりました。


テレビを見ていたらニュース速報が流れました。
顎に転移したとのニュースを聞き、
厳しい闘病生活を送っているとは思っていましたが・・・・・。
多くの方に勇気をあたえていました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170621

午前は、4月スタートコースでした。基本的には6カ月でテキストを一通り学習することが目標です。ちょうど半分です。ご質問が多いこともありますが、テキスト外の学習が多くあり、6カ月では終わらない見込みです。あわてて卒業しなければいけないということもありませんし、おそらく受講生さんもそのつもりではないか?と。今日は、ネット検索の色々、QRコードの読み込みもしました。皆さんQRコードを「なんだろう?」とは思っていたそうですが、使い方がわかって目からうろこのようでした。
廊下の掲示物についていたQRコードに画びょうが刺さっていて「なんということを!」と、思ったのですが、なんとこれが読み込めました。びっくりです。

170621a1
午後のコースは、ネットショッピングでした。事前にアカウントを持っていた方を含めて皆さんアカウント作成ができました。生活を便利にする使い方を一つ一つ増やしています。「楽しく使う」もふくめて学習対象が広がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゴルフ

梅雨に入っているのに青空が広がりました。ジメジメもしていないさわやかなゴルフ日和でした。

170619a3
この季節でないとここにこの花があることを知りません

170619a1
松ぼっくりが青々しい

170619a2
良い汗をかいた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラン活開始

昨日は、ランドセルを見に行きました。
行の車の中で、いつも通りご機嫌の孫
ところがお店にあと5分で着くというところで「お手洗いに行きたい」と言い出して、なんとかお店までは行けたのですが、本人はランドセルどころではない状態

なんとかランドセルを2個背負わせて見たのですが、そこまで。

170617a1

170617a2_2
本人の希望と併せて相談とまでは行きませんでした。
ランドセルが大きく感じます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラグビー日本代表vアイルランド

ランキングが、日本の11位に対してアイルランドは4位。この実力差がきっちり出ました。
2019のワールドカップの前哨戦です。日本を研究し、気候対策にもなり、試合会場になるかもしれない(味スタも含めて)競技場で試合経験ができ、レギュラーの多くがいなくても大勝する。アイルランドにとって収穫の多い試合になりました。
このままアイルランドチームを国に返したら、まずいです。
次週の味スタでの試合に一泡吹かせねばなりません。次週は味スタに行きます。

会場に多くの観客を集めたことは良かった。

日本 22 - 50 アイルランド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジオラマ作成教室

昨日は、大宮のTOMIXでジオラマ製作の教室に参加しました。
南浦和駅で『試運転』の電車が止まっていました。今の私だ!

170616a1

170616a2

制作前の材料

170616a3
冒頭「どのように作りたいですか?」との質問。質問したい気持ちはわかるけれど、それすらわからない。

作って行きます

170616a4_2

170616a5

1時間ほどでとりあえず完成

170616a6
ここから、私なりに手を加えて行く予定です。

孫のためにNゲージを始めたと思っていた嫁さんが、これで大宮に2回も行くので、「孫のためではなく、自分のためでしょう。」と、
どうやら気づいたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒョウが降りました

私は、埼玉・大宮まで出かけていたので、この嵐にはあっていないのですが、戻って来てびっくりしました。

理解しがたい光景でした 降った2時間後の写真です

170616b3
雨が激しく道路が川のようになり、降ったひょうがその流れによって道路の低いところに集まったそうです。

170616b2

いちょうの葉も多く落ちていました その中に実のようなものも落ちていました。

170616b1
銀杏は晩秋になります。 これから半年かけて実となるのでしょうか?よくわかりません。

1cmはあります。5cmぐらいのもありました。

170616b4
いくつかくっついて大きくなったのかもしれません?わかりません。

我が家の庭でもご覧のとおりまだ残っていました

170616b5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170615

外国人から見ると、侍が「絵を描く」などというのは、理解しがたいそうです。私たちは、江戸時代の武士は支配者階級として政治を動かしていたので、教養として絵を描く(画家として名を残す武士もいた)ので違和感がありませんが、外国人にとっては驚きなのでしょう。平和な世の中が続いた結果です。
侍の魂である「刀」で戦うはずの武士が城中で抜いたら、切腹。とか、傘貼りの内職をしている。となったら『侍のイメージ』は崩壊してしまうのでしょうね。

今まで古墳の英訳については色々使ってきましたがテキストで『 buriai mounds 』と出てきました。 mounds の語がつかわれています。良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170614

それぞれ、都合・事情があって3人でした。前回も3人でした。「2人の場合はお休みにしましょう。」と前回話していたのを「2人欠席の場合はお休みにしましょう。」というふうに、間違って記憶していました。  お休みにしなくて良かった。

テキストも2回目に入って、半分ほどきました。テキストを預かったのですが、使用感があって、「継続してやってきた!」が実感できてうれしかった。

良く知っている簡単な単語の似たような意味の言葉のニュアンスの違いをイメージしやすく記憶するには図にしてとらえたり、元々の意味までさかのぼると理解しやすい。ということで、

この日の課題から 「到着」です。

arrive  岸、港に着く(古期フランス語)・・・・・→場所や時間に使われる
reach 
手を伸ばす(古期英語)・・・・・→距離や範囲に使われる

同じ「着く」でも、元々の意味は違うんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170614

今日の午前のiPad教室は、地図アプリの利用を学習しました。

170614b1

都内のランドマークを一例として説明してから、「さあ、どこにしましょうか?」と問いかけましたら、「オープン前のショッピングモール」と希望がありました。
市内で最大のショッピングモールです。が、如何せん、まだオープン前です。
しかしオープン前であろうと、難なくできました。このスピード感が魅力です。

電車ルート検索で「遅れが出ています」と出ました。サブ講師のHさんが遅れの原因をフォローしてくれました。こうした時にササッとフォローしてくれるところが素晴らしいと、常々感じています。
そこで私はHさんに「どうやって調べたの?」と、聞きました。なんと現に私が説明しているアプリで簡単に分かったのです。「本来、講師がこんなに便利ですよ!」と説明するところです。だけど、現実は、私は知らなかったのです。Hさんに教えてもらいました。

講座は「講師陣のトータルの力」と思っています。講師が全て知っているわけでもありません。講座では、わからないことはわからないと、はっきりさせています。大切なことだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鏡が語る古代史』読了

古墳時代に欠かせない銅鏡。国内の「伝世」の問題、卑弥呼がもらった鏡は?と言ったことに関心が集中してしまっていました。この本は、中国での銅鏡の歴史について書かれていますので、中国の事情については知識が少なかったので興味を持って読みました。
銅鏡の銘文を丹念に解説してゆきますので、久しぶりに漢文の勉強をした気持ちになりました。銅鏡の銘文を読んでみたいという気持ちになります。
手元にあった銅鏡の写真の解読を試みました。

170609a1

この銅鏡の部分です。

170609a2
読んでみました。
やはり難しいですが、このように読んでみました。

吾作月竟 幽涷三商

吾れ明鏡を作るに 三商を幽錬す

『私は、この素晴らしい鏡を作るにあたって、三種類の金属を密かに精錬した。』

どこを手掛かりに読むかです。ぐるっと円周に沿って書かれていますので、『竟=鏡』が手掛かりです。文字の一部で省略したり、音を借りて他の文字で表わしたりするので難しいです。定型で始まっているので何とかなりました。

銅鏡が作られはじめたのは、紀元前2000年ごろです。卑弥呼が中国からもらう2000年ほど前です。勿論それ以前に日本には入ってきていました。
銅鏡は、化粧道具として、魔よけとして使われたこと、鏡の価格が下級官吏の給与でも十分買えた価格であること。つまり商品として販売されていたことです。ちなみに鏡に価格が明示されているのは1例のみだそうです。

訪れた古墳から出土した例が多く出てきたことも、読んでいて楽しかった。

三角縁神獣鏡については、“いわば特注の中国製”説をとっています。論考については説得力がありますが、確定には、成分分析などの科学的知見が必要なのだろうと思います。

古代銅鏡を見る楽しみが増えました。それをこの本が教えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカと日本との国力の差

昨日深夜、正確には今日の未明、午前2時過ぎまでアメリカのコミー長官の公聴会をCNNで見ていました。
同時通訳ですが、質問する議員とコミー長官のやりとりが遅れて訳されますので緊迫感は減ってきます。
証言後のコメンテイターの討論の時に、画面下のテロップで「〝SURE" SPECIAL COUNSEL LOOKING AT OBSTRUKCTION 」と、証言がいくつも文字で映しだされると、証言の大きさが実感されてきました。

疑惑について議会が真実を明らかにしようとする姿勢は、アメリカにとって、民主主義にとって根幹そのもので、あまりにも当然なことなのでしょう。

翻って、森友問題、加計問題における国会と、関係省庁の対応は、アメリカの対応とは対照的です。不都合なことは徹底的に『隠す』『知らない』

「出所が不明な文書だから調査しない」と、どこからこんな発想が出るのでしょうか?「不明」だから「明らかにする」のが当然で、こんなバカなことが国会で堂々とまかり通っている現状は、三権分立も何もあったものではなく、民主主義の破壊そのものです。

森友、加計問題・・・・問題ではなく疑惑と云うべきでしょう。実際に何が起こった事もしかりですが、『なかった事にしよう』として国政調査権が効かない事の方がはるかに大問題です。

国の行く末が誤りそうな時、復元力が働くかどうか?大きな問題です。アメリカと日本では、その復元力に大きな差があると感じます。

太平洋戦争に突っ込んでいった我が国の歴史を振り返る時、「誤りそうな時に、正す力が働くかどうか?」一市民として監視し、行動してゆきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保渡田古墳群ー八幡塚古墳ー 群馬県

群馬県高崎市のかみつけの里博物館と保渡田古墳群の八幡塚古墳を訪れました。

かみつけの里博物館

170608f1
模型などの展示は丁寧な作りでわかりやすかった。ただ、展示のボリュームは小さかった。

八幡塚古墳(前方後円墳)は、葺石、埴輪、周濠の中島など復元されていました。それぞれのパーツの意義を理解しやすいです。

周堤上の埴輪群

170608a1

継体天皇の墓とされている大阪の今城塚古墳とよく似ています。今城塚古墳のほうが規模は大きいいですが、埴輪が作られ、果たす役割が明確です

中島

170608a2
祭祀が行われました。ここでは四島あります

後円部の墳頂から階段を下りて埋葬施設を見ることができます。九州の西都原古墳群にも、こうした展示がありましたが、珍しい施設です

170608a4

170608a3
石棺の蓋がきれいに切断されています。写真右側に切断された一方の蓋があります。

古墳の復元は、今では全国に多くあります。ここではこれまでの復元のアイデアが生かされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170607  

今日は、午前・午後とiPad教室でした。

午前の部は、文字入力後編でした。

170607a1
音声入力で『〒』を入れるのですが、「郵便番号」で入らず、「郵便番号マーク」でも変換してくれませんでした。その結果、講師の宿題となりました。
正解は「ポストマーク」、「郵便マーク」でした。
半年以上前ですが、その時は、何ら問題なく変換できました。今回は結果として油断してしまったようです。

午後の部は「印刷」です。3コースありますが、「印刷」を課題として取り上げたのは2コース目です。印刷は、それぞれのプリンターの設定がありますので、教室での設定がそのまま家庭に持ち帰っての設定とは一致しません。応用してもらわなければなりません。
I さんが、ご家庭のプリンターの設定が出来たとline でご連絡がありました。I さん自身は、半信半疑のようですが、「プリントができた。」で、あれば設定がうまくいったことは間違いないです。
印刷ができれば、これから先いろんなことに挑戦したくなりますし、iPadの活用がさらに広がると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お姉ちゃんだよ」

子供が近くに引っ越してきたので、よく遊びに来るようになりました。
そして昨日
孫が、まだお腹にいる赤ちゃんに向かって『お姉ちゃんだよ!』と、何回も呼びかけていました。

170604a1
無事に生まれ、そして仲良い姉妹?姉弟?になって欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六月大歌舞伎 170605

今月は、『御所桜堀川夜討--弁慶上使』が、お目当だったのですが。「名月八幡祭り」で雨の場面で、本当に雨(水)が降ってきて、「度肝を抜かれた」状態でした。筋立ても良くできていて、『新歌舞伎』にも興味が出ました。
お目当ての「堀川夜討」は、古典らしいと云えばまさに古典なのですが、ちょっと期待外れでした。
浮世風呂も楽しく、猿之助さんの味を感じました。

170605a1
常設の花道の他に、上手に仮花道が出来ていました。夜の部で使うのでしょう。2本花道は以前にも見ています。もう一度見たいけれど・・・・・。

170605a2

仮花道170605a3
170605a4

170605a5

名月八幡祭
澤瀉十種の内『浮世風呂
御所桜堀川夜討  弁慶上使』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝フィルハーモニー管弦楽団第42回定期演奏会

ミューザ川崎には、ほぼ1年振りでした。

170603a1
会社が厳しい状況ですが、頑張った素晴らしい演奏を聴かせてもらいました。
観客の入りも変わりありません。これからも引き続き頑張ってください。

演奏曲
ベルリオーズ  序曲「ローマの謝肉祭」
エルガー  エニグマ変奏曲
チャイコフスキー  幻想序曲「ロメオとジュリエット」
チャイコフスキー  バレエ音楽「眠りの森の美女」から抜粋

アンコール
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ  グリーンスリーヴスによる幻想曲
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170601

外国人観光客の増加に対処するためなのでしょう。通訳ガイドの『資格』をオープンにする。と、ニュースが伝わりました。
マイナス面として、スキルの低い人(日本の事を知らない)が増える。と、指摘されています。この講座を受けていると、「日本の事を知らない」と、つくづく思います。

170601b1
今日は、白村江(はくすきのえ)の戦いからでしたが、韓国の地名(現地読み)まで出てきます。難しい日本語、日常会話には出て来ない英単語、サンスクリット語が出たこともあります。
「日本」を説明するのは大変です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170531

昨日の英会話勉強会は、フルメンバーでした。
似たような言葉の違いは『反対語を調べてニュアンスの違いを知る』という方法も身についてきたようで、勉強会の進歩と言えると思います。

170531a2
リスニングは、順調に力が伸びてきたように感じていたのですが、前回、そして今回と壁に突き当たったように皆さん感じています。もちろん私も感じています。
学習の方法を検討する必要を感じました。

Bluetoothのスピーカーが転がって机から落ちて大きな衝撃音を出しました。iPadに接続を試みたのですが、認識してくれませんでした。「やはり壊れたか」と思ったのですが、家に帰ったらつながりました。問題ありませんでした。

メモ
上下逆   upside down
裏表逆   inside out
番狂わせ  upset

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170531

170531a3_2
今日は、「印刷」がテーマでした。基礎コースのテキストにあります。本来必須学習事項ですが、ここまで、各コースとも「印刷」をしていませんでした。
他のコースでも順次学習してゆきます。

印刷の他に、Air Dropや、iBooksの活用も“紹介”程度でしたが、しましたので、少し忙しかったでしょうか? ですが、iPadの活用方法がまだまだあるということを感じてもらえたと思います。

170531a4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »