« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

スーパーラグビー13節 秩父宮ラグビー場

試合は完敗でしたが、秩父宮ラグビー場はイベントで盛り上がっていました。

フェイスペインとの堀江選手、そしてペイントでわかりずらいのですが矢富選手?

170527b9
チアリーディング

170527b1
ハーフタイムのバルーンリレー

170527b2

場内FM放送は、木津選手がゲスト

170527b3
電光掲示板に反則の解説 

170527b7

良い取り組みです。

ゴールキックの際には「お静かに」の呼びかけ

170527b5
前回の試合でゴールキックの際「狼の遠吠え」でマナー違反
その反省でしょう。どんなに激しい戦いでも、そして精いっぱい応援はするけれど、ラグビーの良き文化は忘れないでもらいたい。前回の試合では対戦相手のブルズの選手が試合後の挨拶に来ませんでした。無言の抗議

今日はちゃんとあいさつに来ました。こうでなくてはいけません。

170527b6

秩父宮ラグビー場では、リポビタンDを無料で飲む習慣がついています(笑)
スーパーラグビーでは、それがありません。
で、今日、お隣の神宮球場で早慶戦。そこで無料でリポビタンDを見つけました。

170527b92
勿論いただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブズvチーターズ スーパーラグビー’16-17

開始4分、8分とウォーターブレイクをとる暑さでした。

170527b8
入場

170527a1
前半15分過ぎまで、サンウルブズはディフェンスで頑張りました。言い方を変えると敵陣にほとんど入ることができませんでした。しかし、そこまででした。ペナルティーから、タッチキックでエリアをとられ、モールで攻められてトライをとられるパターンでした。
後半、この暑さでチーターズの足が止まるのではと思っていましたが、近場をピックアンドゴーで攻め、消耗を避けてきました。つけ入るすきがありませんでした。

スクラムもチーターズが優勢

170527a6

ノールックパス

170527a3
均ちゃん(大野選手)登場会場が湧きました。

170527a4

サンウルブズ 7 - 47 チーターズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日はスパーラグビー

明日は秩父宮で、スーパーラグビーのチーターズ戦が行われます。
久し振りに、大野選手が怪我から復帰です。
天候も晴れで、暑くなるそうですから、天の力も借りて2勝目を大いに期待します。
バックスタンドから声援を送ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中市はラグビーの街 朝日新聞(多摩版)

170525a1

朝日新聞多摩版で連載されていた記事の最終回。
「府中市からワールドカップに11選手が出た」と、街とラグビーの関わりの特集です。
東芝・府中工場から西へ約850km、今は福岡にいる向井省吾さんは、近くの線路を走る機関車“金太郎”を見ると、東芝府中を思い出す。と、書きだしています。言わずと知れた、ラグビー東芝府中、日本代表、コカ・コーラの監督を歴任した向井さんです。
記事は、府中工場のスポーツを述べて締めくくりはレジェンド大野均さんです。

「3億円の街からラグビーの街へ」という特集でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室

今日は、午前・午後と2コースの日でした。
午前は、私が主任講師で、『文字入力』です。

170524b1

皆さんすでにメールなどで入力をしていますので、一から説明してもピントがぼけますので、まず、簡単な課題を入力してもらい、「まごついたところ」を説明しました。
iPadのキーボードは、『地球儀マーク』を切り替えて変えて行きますが、なぜ『地球儀マーク』なのかを説明しました。単に「ここを押します」では、忘れたり、身に付くのに時間がかかります。「なぜ」を説明することによって、受け取る側の記憶に強く残ります。「なぜ」を説明するよう心掛けています。

H講師が、入力時の個別の悩みに気付きましたので、即、講師交替しました。「個々人の悩みは、皆の悩み」です。講師の役目は『問題解決』です。皆さん喜んでおられました。

午後は、Hさんが主任講師です。

170524a3

始まる前に写真を見せていただき、「きれい、と同時にこんなこともできるんだ!」と教わり、さらに私の持っているレンズを解説してくれました。私のものなのですが、私自身が知りませんでした。

課題は“写真”です。コラージュをより深く勉強し、講師のHさんが用意したお花をマクロで撮ったり皆さん、楽しそうです。

170524a9

170524a4

170524a5

170524a8

170524a93

更にたくさんスイーツ! 並ばないと手に入らない名だたるスイーツまでいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タブレット応援講師 170522

今日は、洗足池図書館でのタブレット応援講師でした。
いつもは図書館での講座だけで周辺を見ることがなかったので、予定の時間より早めに行き洗足池周囲を散策しました。心地よい風でした。

170522a2
図書館のまさに隣に「日蓮袈裟かけの松」などがありました。ただ往復するのではなく時には散策も良いものです。

タブレットは、Man to man ならね、 Man to Lady でした。

170523a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デビュー待ち Nゲージ車両

今日は、ジオラマ作りの教室に申し込みました。日程が合わず、一か月近く先になりました。ジオラマ作りの勉強をしたからと言ってすぐにできるわけではありませんが、ジオラマ作りが先に延びたことは確かです。

車両の方は、少しづつ集めています。実際に走行した車両は2編成だけで、残りはデビュー待ちです。

170522a1

どんなジオラマを作って、走らすか! 思いを巡らしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたん英語で日本紹介 170518

ほぼ一か月ぶりの講座でした。
テキストが2冊にプリント。さらに追加のプリントと、机の上が賑やかになりました。

170518a1

今日初めて出会った単語 “surname ” name に sur がついています。読めませんでした。日本語訳は「名字」  だったら name でいいだろうと、ボヤキを入れたい所です。
last name ,family name と、どう違うのだろう?

結構、日本語の解説(読み)で苦労していました。建御名方神、建御雷神です。私はこのあたりの読みは得意です。

指名される所が違っていたら良かったのに。

(次回は、プリント「白村江の戦い~、日本事情 p20 平安遷都(Im)、日本紹介p224~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170517

今日の午前は、iPad教室でした。
久し振りに「予定」をこなしました。
とはいえ、予定した部分はあっさり終わりましたので、時間の大半は予定外の勉強をしました。
H講師も、「関連する項目」を解説。すぐにバトンタッチしました。

170517c2
この講座で多くの事を学習しました。まだまだ多くの分野が残っています。「iPadがもう欠かせない。」という言葉をいただきました。
なければないで、生活は勿論できます。ですが、ひとたび多くの事を知り、使っていると、すでに『なければ、ならないツール』になってきています。
私達の教室が、お役にたっていることを実感するとともに、更なるスキルアップへのモチベーションを高めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英会話勉強会 170517

今月は、GWがあった関係でiPad教室が変則開催で、それにあわせたので英会話勉強会も例月とは開催日が異なりました。

170517b1
3名でしたので、これ幸い?とばかり課題は1ページのみを解いて、残り3ページは宿題にしました。

170517a2_3

今日は、other 関連表現の復習です。one   another    the other の理解整理確認です。その場で調べましたが、クリアーにはなりませんでした。わかった事は、 another  に対する私の理解は間違っていました。
そして、どうやら右の図が一番理解しやすい図のようでず。

このところ、リスニングは少しずつ向上してきたと思っていたのですが、今日は、簡単な単語の構成のフレーズが聞き取れませんでした。ちょっと落胆しましたが、ひょっとして5人で聴いていたのが3人で聴いたのでそのようになっちゃったのか?かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『古墳の古代史 -東アジアの中の日本』 読了

日本、朝鮮、中国における古代墳墓の共通性と地域の独自性についての好著です。特に印象に残った点を二点あげます。

古代、中国から輸入され、古墳に大量に副葬された鏡

170514a2
権力の関係がどうのということに関心がいってましたが、この鏡の輸入と引き換えに輸出されていた品に『人間』が含まれていたことを知り、輸出された人間に思いが至り、私の「鏡を見る」目が今までとは変わりました。

もう一点は、日本の前方後円墳の形の由来です。
「壺形土器をかたどった」という説を、NHKの歴史秘話ヒストリアで紹介していましたが、『ばかばかしい説』と思っていました。

この著書では、“「弥生時代の円形周溝墓に起源があり、円丘墓に付けられた陸橋部分が後方部の起源になった。」のは考古学界の通説になっている。”
もう通説になっているんだ!という驚きがありました。

円形周溝墓とは、土まんじゅうを作る時周りを掘るのですがその溝が360ではなく一カ所土まんじゅうに行く部分をのこす。(その部分を陸橋と表現しています)

170514a1_2
どこからが著者の独自の論なのかは良くわからない点はありますが、古墳に関する最新知識が得られました。
(森下章司著)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アジアラグビーチャンピオンシップ(’17) 優勝 

アジアのラグビーチャンピオンを決める試合が香港で行われました。日本としては、最終戦ですので、この試合に勝たなければ優勝は他力本願になってしまいます。

前節の試合から1週間でどのように修正してくるのか?期待して試合を見ました。
雨天ということもあって、ミスが多かった。ブレークダウンでも差し込まれて球出しが遅い。速いテンポのラグビーができませんでした。インゴールが狭いのになぜ?というプレーもありました。

スッキリとはいきませんでした。それでも勝利し優勝したことは良かった。苦しんだ中でも結果を出すことは大切です。

日本 16 - 0 香港 (日本は4戦全勝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

團菊際五月大歌舞伎(’17歌舞伎座)

歌舞伎座の昼の部に行ってきました。

170512a1
襲名披露公演ですので、緞帳が特別あつらえです。

170512a4
坂東亀三郎君が初舞台

170512a2
ただし出演は午後の部ですので、私は舞台を見ていません。

寺嶋真秀(てらじままほろ)君が、初お目見得

170512a3

本名で出演している場合は、初舞台とは言わず、初お目見えと言います。
お母さんの寺嶋しのぶさん、おばあちゃんの冨司純子さんも『初お目見え』と云う事でしょう、贔屓筋へのあいさつにお見えになっていました。




演目

襲名披露狂言
初 代  坂東 楽善

九代目 坂東彦三郎 
三代目 坂東亀 蔵


梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり )
鶴ヶ岡八幡社頭の場

義経千本桜
吉野山(よしのやま)

新皿屋舗月雨暈
魚屋宗五郎 ( さかなやそうごろう )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室内灯取り付け E233 0系中央線TOMIX製Nゲージ

先日、鉄道模型メーカーのトミックスへ、鉄道模型組み立て教室に参加して模型の構造を勉強しました。勉強した目的は、部品を付けるための参考にするためでした。そしてその成果を試す第1歩として「車両の室内灯取り付け」に挑戦しました。

組み立て教室で組み立てたE233 中央線のNゲージです

170510b1
室内灯ユニットに遮光テープを張るのですが、説明書と幅が違います。初めてですと、この事も気になります

170510b2巻きました

170510b3
室内ユニットを仮設置しますがきちっとはまりません。

170510b4
運転室にかかる部分は切り落としました

170510b5こちらの車両は、室内ユニットをそのまま使えます

170510b6

部品そのものに手を加えるということも、経験がないと、やはり不安です

室内灯は付きましたが、屋根上の部品等は、これからつけます。

170510b7_2
室内灯が点くと雰囲気が違います

170510b8
170510b9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野iPad教室 170510

昨日の午前のコースの主任講師が私で、午後のコースの主任講師はHさんでした。

170510a1
私の受け持ちの午前のコースで、軽く、ゴルフのアプリを紹介したところ、皆さん興味をお持ちで、ここから勉強の方は、『アプリの探し方』へと行き、WiFi環境を必要とするアプリとWiFi環境が無くても良いアプリの原理へと進みました。さらにクラウドと、ストレージへと発展しました。
3回目の講座ですので、解説は押さえました。さらに進んで行けばもっと理解が深まると思います。

午後は、私自身「こういうアプリもあるのか!」と勉強させてもらいました。サブ講師ですので、さらに勉強して、次回は皆さんにお役に立てるようにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビーワールドカップ’19組合せ抽選会

京都で行われた、ラグビーワールドカップ2019の組み合わせ抽選会で、日本はプールAになりました。

プールAは、日本以外は、アイルランド、スコットランドまでは決定して、残り2カ国、1つはルーマニアが有力、残り1つは、予想しがたいですがフィジー、サモア、トンガのどこかが出てくるのでしょうか?

抽選ですから、運任せですが、死の組にもならず、かなり恵まれた結果となりました。とはいえ、ベストト8への道のりは厳しい戦いの連続になると思います。

同組が決定したアイルランドは今年来日します。有力視されているルーマニアも来日します。この戦いを見る目が、ラグビーファンとして俄然気になり出しました。

アイルランドは、好きなチームです。ワールドカップでは、北アイルランド(英国)の選手も加わりますので、国歌の代わりにラグビーアンセム「アイルランドコール」をうたいます。これが良い曲です。大好きです。

あとは、この秋に決まる日程(2019年9月20日・味の素スタジアムの日本は決定済)と会場の発表が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPadミニの寿命が

数か月前にiPadミニをカバーを外した状態で落としてしまいした。
表面に蜘蛛の巣状にひびが入りました。なんとか保護シートのおかげで“即死”は免れました。

170507a1_2

その時は、自らの不注意に本当にがっかりし、落ち込んだのですが、『まあ!若者のタブレットみたい!』と言われて、がぜん元気を取り戻したものです。
(若者って、そんなに落としたりするの!?)
iPad講座では、「反面教師」として、『カバーをつけないとこうなりますよ』と実物教育の教材としていました。

当初、ひび割れの画面が少し気になる程度、それ以外は全く問題なく使ってきていたのですが、ここ数日で、「タップしても反応したりしなかったり、何もしないのに勝手に反応したり、勝手にアプリを切り替えたり」暴走し始めました。

考えてみれば、タップしている間に、ひび割れが気づかないままさらに進んだようです。長年付き合ってくれたiPadも、そろそろお休みを迎えそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のゴルフ 170508

気温は上がったようですが、湿度が低くて快適でした。

170508a1
ただ、黄砂で遠くの住宅地や丘は少し霞気味です。マスクをしてゴルフをするわけにもゆきませんし、黄砂を理由にキャンセルももちろんできません。駐車場に止めていた車のフロントガラスには砂がついていました。

クラブを総とっかえして、キャディーバックまで替えたのに、スコアはずっこけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道模型 KATOを訪問

昨日は鉄道模型メーカーのKATOを訪れてお買物と勉強。

170506b1
購入済みの103系低運転台の電車に不満があったので、他の電車をじっくり見ました。心配はなくなりました。ですが、じっくり観察してから購入すべきことには変わりありません。

TOMIXの大宮よりスペースがかなり大きいです。
ジオラマも大きく、駅にはいいってくる電車が地下から出てくる作りは気に入りました。

170506b2

170506b3
ジオラマの材料を買い、ジオラマの大きさと線路のレイアウトの色々を見ました。家庭での現実な大きさを考え参考になりました。

170506b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアラグビーチャンピオンシップ 日本v香港

秩父宮は暑かった。
香港は初戦、日本は3戦目でした。スケジュールが変則です。

170506a1

170506a2

170506a3

170506a4
試合開始2分とたたずに、日本は、左に展開して、ゴロキックを松橋選手があっさり先制トライ。しかしその後は、スクラムで押され、反則でリズムにのれません。

前半は7-10から山田選手のトライで逆転して終えました。
後半も一時逆転を許しましたが最後は突き放しましたが、香港の健闘が印象に残りました。

レフェリーは香港協会

170506a5

170506a6

テストマッチで一方のチームの協会のレフェリーというのは本来ないと思います。
ただ、見ていて笛がおかしいと感じる事はありませんでした。選手は少しフラストレーションを感じていたかもしれません。

風が強く、ゴールキックのボールを押さえる役を、レフェリーは「ウォーター」にするように求めていました。最終的には選手がしました。

170506a7
若い選手を多く抱えながらも落ち着いた試合運びは評価して良いと思います。

日本 29 - 17 香港

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は秩父宮

先週は、町内会の総会で、秩父宮に行けなくて、フラストレーションがたまっていました。今日は行けます。
勝敗は、気にしていません。というか、気になるような試合になってはいけません。若手の活躍を見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖ノ島の世界遺産登録勧告

沖ノ島の世界遺産登録勧告がなされましたが、歴史的価値から見ても当然と思います。
問題は除外された「宗像大社沖津宮遥拝所、中津宮、辺津宮、新原・奴山古墳群」の方です。
沖ノ島は、禁足地であり、基本的に一般の人は行くことはできません。『宗像大社沖津宮遥拝所、中津宮、辺津宮』は、古来の信仰形態からいって、沖ノ島と一体ですから除外は全く適当ではありません。ユネスコに再度説明の必要があると思います。
地元が、がっかりしているというのは、世界遺産に登録勧告が出たのが近寄ることさえできない沖ノ島のみでは、期待していた観光に影響を与えるからだと思いますが、そうした商業ベースとは別問題と思います。

9年ほど前に宗像大社を訪れました。沖ノ島に行けない思いを、宗像大社の高宮(遥拝所址)に行くことで、ちょっぴり心を満たしました。また、神宝館は、沖ノ島の出土品(国宝の山)は圧巻です。

沖ノ島関連史跡が正当に評価されることをのぞみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道模型 デビュー

今日、鉄道模型(Nゲージ)のデビューをしました。

170505b1
初めてレールをつないだのですが、力加減など気を使います。購入してから3か月以上過ぎて初めてセットの箱を開けました。とりあえず60cmほどの円形にレールを敷くだけですので、簡単にはじめられたのですが、年度末・年度初めのあわただしさで気持ちにゆとりがなく延びていました。

孫に興味を持ってもらいたいと、孫を待っていました。案の定「動かしたい。」と。

170505b2_2
一番列車は、自分で組み立てたE233 0系中央線TOMIX製です。電車を線路に載せるのに曲線は直線に比べると、ツールを使えない分、慣れが必要です。パンタグラフを上げるのを忘れて運転してしまいました。

170505b3
二番列車は、DE10 1000のディーゼル機関車です。

170505b4

2編成とも完成していません。これから部品をつけなければなりません。

走行試験はしなかったのですが、103系低運転台車・中央線タイプですが、KATO製には不満があります。一部の車両の車内の端に白い部品があります。実車には当然ありません。

170505b5
この角度からは、連結すると見えなくはなります。
しかし、走行状態の横から見るとバッチリ見えます。

170505b6
実機を多少デフォルメするのは当然アリですが、これはダメです。室内灯などの追加部品の取り付けを考慮しているのかもしれませんが、許容範囲をこえています。TOMIXと2分するKATO製にしては期待はずれです。

購入の際、じっくり観察する必要を感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鯉のぼり

川の中を泳ぐ鯉のぼり

170505a1
170505a2
地元の端午祭りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飲み会

昨日は上野の国立博物館→徒歩で秋葉原の定例ルートのあと、
新宿で現役時代の会社の皆さんと飲み会でした。
皆さん変わらず元気でした。

170503c1
リタイアした今は、色々約束事はありますが、基本的には自由人です。
仕事は、組織でするものですから、窮屈なことは多々あります。現役の皆さんは頑張っています。

二次会にも行って、飲みすぎ。電車で座れたのは良かったのですが、一駅ですが乗り越してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“茶の湯”展

上野の国立博物館の“茶の湯”展に行ってきました。
茶碗に審美眼を持っているわけでもなく『曜変天目茶碗』の展示が、7日までですので「見に行っておこう。」ぐらいの気持ちでした。
茶碗そのものより、例えば“足利将軍→信長→秀吉→家康”と、伝来したというものを見てみよう!と言った野次馬根性が先でした。

170503a1
一番引き付けられた展示は『書状 二月十四日 松佐宛』です。
利休が秀吉により堺に追放になり、秀吉に遠慮して誰も見送りに来ないと思いきや、密かに細川忠興と古田織部が見送りに来たことに対する感謝の自筆書状です。利休は数日後切腹をさせられます。心に訴えかけてきます。
『千利休像』とあわせて感動しました。

権力の簒奪の戦いが表なら、茶の湯を介して、権力の裏での戦いが進んでいました。

春の庭園解放で、小堀遠州の茶室「転合庵」が公開されていました。

170503a2
昼食は庭園でしました。

“茶の湯”展とは関係ありませんが、
庭園にある徳川綱吉が法隆寺に奉納した五重塔は長らく修復待ちでしたが、修復が終わったようです。

170503a4
本館の展示の中に綱吉の母・桂昌院が法隆寺出開帳の際に寄進物を入れた箱

170503a5
綱吉自筆の不動明像も展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道模型組立教室

昨日、大宮のTOMIXワールドの『通勤電車組立教室』に参加して、Nゲージの中央線電車を組み立ててきました。

お店の入口は昔風の改札口

170501b1

実はロンドンのラグビー博物館の入り口が昔のラグビー場の入り口を模していて、そのことを思い出しました。

予約していましたので、レジで会計をすると切符型の受付証をもらいました。

170501b9
待っている間にジオラマの新幹線を動かしました。走らせるのは初めての経験でした。初めて車を動かした時と似た緊張感を味わいました。

170501b2
教室が始まって、インストラクターが当方の経験を聞いてきました。受講者のスキルを確認するのは基本です。
私は『線路も、電車も買ったけれど箱に入ったままで、まったくわかりません。」と答えてスタート
考えれば、iPad教室で、その場ではじめてiPdを箱から出した方がおられて驚いたことがありますが、立場が変われば変わるものです。

電気の集め方の基本から始まって、動力と台車を組み立てます。原理と力加減を体験できてよかった。

170501b3

170501b4
ミリ単位の部品を組み立てて行きます。

170501b8
この小さな部品の中にさらに部品が入ります。

完成して走行実験です。先頭車両は走る方向でヘッドライトかテールライトが点くかもチェックです。

170501b5
ここで電車を暴走させてしまいました。本物と同じで、チェックをしっかりさせてから走行させなければなりません。

終って、修了書をいただいたのですが、びっくりしました。

170501b7

鉄道模型は、ただ走らせていればよいわけではなく、保守点検が必要です。そのために構造を知っておく必要があります。機関車など車種が違うと若干違います。メーカーが違うとやはり違ってきます。

たかが模型というなかれ、奥が深いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

埼玉県立「歴史と民俗の博物館」と氷川神社(さいたま市)

さいたま市の「歴史と民俗の博物館」を訪れました。

170501a1

大型銅鐸が埼玉県で出土したというのは聞いたことがないので見入ったら、三重県からの借り物のようです。

170501a2

庭には、芝・増上寺にあった徳川9代将軍・家重の石燈籠がありました。

170501a3

増上寺にしろ寛永寺にしろ、将軍ゆかりの石灯籠が散らばっていることは知っていますので「ここにもあったか」程度の感想ではありました。

170501a6_3

特別展が「縄文」なので『外した』と正直思いました。『縄文』の展示は「退屈」というのが私の先入観念です。
ところが、「盛土遺構」という展示がありました。住居などが何代にもわたって使われてその度に盛り土をして使ってきたという遺構です。
今まで、さして気にしていなかったのですが、隣接の氷川神社がそうであると知って気になりました。

氷川神社 延喜式内社で、氷川神社の基の神社です。

170501a4
縄文遺跡の上に立っています。本殿左手奥に「神池」があります。

170501a5

この湧水を守る神として、『2000年以上の歴史を持つ』というのもあながち否定できないと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ