« 日野iPad教室 170329 | トップページ | 今上陛下は退位を視野に? »

“ここまで変わった日本史教科書”

170331b1

“ここまで変わった日本史教科書”吉川弘文館社刊を読了しました。

『士農工商』『百姓は生かさぬよう殺さぬように』
こうした言葉は、今の教科書には載っていないそうです。

大塩平八郎に対する評価が低くなっているなど、少なからずショックを受けた部分もあります。

今話題になっている、「聖徳太子」「鎖国」という表現が復活するそうですが、この本では、1年半前の発行ですが、「教科書から『聖徳太子』『鎖国』が消えつつある」となっています。変わり方が早いです。
しかし、幕末に『開国』を教えるので『鎖国』の語がないと教えづらい。という理由から『鎖国』が復活というのはいけないです。
『聖徳太子』の復活もいかがかな?日頃のお札で「聖徳太子」でなじんでいるからなのか?

興味深く読みましたが、著者3人は、教科書検定官(正確には調査官)です。検定の正当性が色濃く出ています。当然、申請者側の目線がありません。その点についてはちょっと距離をとりたい本ではありました。

|

« 日野iPad教室 170329 | トップページ | 今上陛下は退位を視野に? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “ここまで変わった日本史教科書”:

« 日野iPad教室 170329 | トップページ | 今上陛下は退位を視野に? »