« 伴大納言絵巻(上中下巻)観了  | トップページ | “熊本地震・三カ月報告会”シンポジウム »

「発掘された日本列島2016」展(江戸東京博物館)

考古学の発掘最前線の展覧会です。毎年楽しみに見に行っています。

160714b1
私が注目した展示です。この1年間で訪れた地域は、やはり気になりました。

奈良の都の瓦窯の出土品

160714b2

伏見城の金箔瓦

160714b3
伏見城は二つあります。秀吉が建てた指月伏見城と明治天皇陵となっている伏見桃山城です。
秀吉の指月伏見城は慶長地震で倒壊しました。活断層が動いた直下型地震でした。

豊田ビール

160714b4
130年ほど前のビールです。タブレット教室の会場の福祉センターでチラシを見ていました。
考古学の歴史でいえば「ついさっき」の出来事になります。

|

« 伴大納言絵巻(上中下巻)観了  | トップページ | “熊本地震・三カ月報告会”シンポジウム »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「発掘された日本列島2016」展(江戸東京博物館):

« 伴大納言絵巻(上中下巻)観了  | トップページ | “熊本地震・三カ月報告会”シンポジウム »