« 自治会総会が終わりました | トップページ | 皇居の内堀を散歩 »

江戸城鬼門の「南無阿弥陀仏」

江戸城で、私がいちばん“江戸時代”を感じるスポットが江戸城鬼門にあたる堀の石垣に「南無阿弥陀(仏)」と彫ってある石です。

160412b2

160412b3

知識としての“鬼門”ではなく、“鬼門”がこの文字によって、私の心に迫ってきます。
他の石がきちっと積まれているのに、この石だけは、いかにも「邪・厄」の通り道をふさいでいるといった感じで石の形が不整形です。(写真の赤矢印)

160412b1
以前にもこのブログでふれましたので2回目です。雨が少ない季節ですのでお堀の水位が下がっていて見やすいです。

|

« 自治会総会が終わりました | トップページ | 皇居の内堀を散歩 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177512/64945321

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城鬼門の「南無阿弥陀仏」:

« 自治会総会が終わりました | トップページ | 皇居の内堀を散歩 »