« ラグビPNC 日本は3-4位決定戦へ | トップページ | 災害ボランティアリーダー養成講座 »

玉音放送と宮内庁公開ビデオ

終戦の詔勅の放送の原盤音声が宮内庁のホームページで公開されたとの報道で、今朝早速聞きました。
ネットがつながりにくいかと思ったのですが、意外とスムーズにつながりました。
テレビで聞く音声に比べて、臨場感があると感じました。それと、意外とスクラッチノイズが多いとも感じました。

終戦の決断をした部屋の写真公開までは知っていましたが、ビデオが公開されていたのは知りませんでした。
施設は、かなり傷んでいます。70年でこれだけ傷んでしまうというのは想像以上でした。真(宮内庁治定ではない)の崇峻天皇陵とされる千数百年以前の古墳を見ているだけに、其れとの比較で建物の傷みの大きさに驚きです。
昭和天皇は補修の必要なしとのお言葉だったようですが、あらためて判断をするべきと思います。

ビデオで驚いたのは、“御厠”を写していたことです。“便所”と記載されたところが2カ所ありますので、“御厠”は陛下の専用なのでしょう。ここまで撮るの、と言った感想です。

年号を昭和で数えると、今年は「昭和90年」 実感させられました。

|

« ラグビPNC 日本は3-4位決定戦へ | トップページ | 災害ボランティアリーダー養成講座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉音放送と宮内庁公開ビデオ:

« ラグビPNC 日本は3-4位決定戦へ | トップページ | 災害ボランティアリーダー養成講座 »