« 護国寺(東京・文京区) | トップページ | 團菊祭五月大歌舞伎 »

マンションの玄関前の家光の燈籠

目白台の裏通りを歩いていた時、小ぶりのマンションの玄関前に不釣り合いな燈籠がありました。

笠の部分に『葵の紋』があります。

150505d3
近寄って見ると『大猷院殿尊前』・・・・徳川家光の諡名が刻まれています。

150505d2
将軍家光と言えども、上野の寛永寺近辺ではやはり燈籠が崩れて放置されているのを見かけますので、燈籠そのものには驚きませんでしたが、マンションの玄関先にあることには奇異に感じました。
刻まれた年号が『慶安五年』ですから死去した翌年に建てられています。近年寛永寺あたりから持ってきた物かと思われます。

150505d1
「地震で倒壊する危険があるので近寄らないでください」の注意札がありますが、私のように『あれっ!』と思って近寄る人はいるのでしょう。文化財ではありますが、縁起物ではないのでここに置く事にはどうかな?と思います。

|

« 護国寺(東京・文京区) | トップページ | 團菊祭五月大歌舞伎 »

歴史・史蹟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンションの玄関前の家光の燈籠:

« 護国寺(東京・文京区) | トップページ | 團菊祭五月大歌舞伎 »