« 雪が積もっています | トップページ | ’14-15トップリーグ表彰式 »

'14-15 トップリーグ決勝戦

150201a3

トップリーグのプレーオフ・LIXILカップの決勝戦は、強い風の秩父宮でパナソニックとヤマハで行われました。
試合前に田中美里さんが“Go Forward”を披露

150201a1

私は日が当たって少しでも暖かい席へ、そこはヤマハの応援席の真っただ中

150201a2
心情的にはパナソニックに傾いていましたが、そこは抑え気味に
観客は良く入りました。見た目はほぼ満員です。ヤマハはバス40台出したそうです。期待の大きさがわかります。

試合は、パナソニックがペナルティーゴールで先制すると、ヤマハは、8分にパナソニック陣に攻め込んでペナルティーを貰います。ゴールを狙わずタッチに蹴出してモールからトライのシーズンで得意とした形を選択し、場内から歓声が上がりました。

150201a4
狙い通りモールを押し込んで、パナソニック3-7ヤマハと逆転します。
その後はパナソニックのスピードある攻めで11分にキックパスからトライ、13分に山田選手からバーンズ選手に渡ってトライ、28分に山田選手がトライと、主導権を握ります。
ヤマハは33分にスクラムを起点に最後は中園選手左隅にトライし、前半はパナソニック23-12ヤマハで折り返します。ヤマハのサポーターの声「パナソニックの11番!きっと有名な選手なんだろう」「11番にボールを渡さないように」 11番は山田選手です。

後半に入ると、ヤマハがパナソニック陣で試合をすすめます。しかしパナソニックのディフェンスは硬く、ヤマハはパナソニックのプレッシャーからノックオンのミス、攻め手を欠いてのキックと、テリトリーはとってもパナソニックがゲームをコントロールします。ヤマハのサポーターの声「相手の方が人数が多い」
パナソニックは近場を攻めてペースダウンし、後半はロースコアになります。

150201a5
36分にヤマハのノックオンにパナソニックのピーターセン選手が反応し、北川選手が中央まで回り込んでトライ

150201a6
ダメを押しました。
パナソニック 30-12 ヤマハ

試合後のヤマハのサポーターの声「壁は厚かった」
パナソニックの快勝でした。

|

« 雪が積もっています | トップページ | ’14-15トップリーグ表彰式 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177512/58784067

この記事へのトラックバック一覧です: '14-15 トップリーグ決勝戦:

« 雪が積もっています | トップページ | ’14-15トップリーグ表彰式 »