« 水沢を巡って帰京 | トップページ | 胆沢城(古代城柵) »

厨川柵比定地(盛岡市) 

学生時代に前九年の役の舞台となった厨川柵を訪れました。北上川のほとりの神社近辺を歩いたのですが、今からするとちょっと違うようです。
現在有力なのは天昌寺近辺です。ただし決定を証明する遺物は出ていません。
天昌寺にある説明板

141001a1

南側からは段丘になっています。

141001a2

寺院の西側を川が走っています。

141001a3

要害の立地は満たしています。
学生時代より」一歩厨川柵に近づいた感じです。

前日(9月28日)は『岩手』の地名の語源となったという伝承を持つ四ツ石神社を訪れました。巨岩が4つあります。

141001a4
私と比べてみてください大きさがわかります。

141001a5
山中ではなく、街中にあります。

|

« 水沢を巡って帰京 | トップページ | 胆沢城(古代城柵) »

歴史・史蹟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厨川柵比定地(盛岡市) :

« 水沢を巡って帰京 | トップページ | 胆沢城(古代城柵) »