« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

防災機材の点検と除雪機の購入へ

今日は、防災資機材の点検を役員で行いました。役員会として点検したのは初めてでおくらばせながら真剣みが出てきました。
発電機にはライトを接続して運転し、ジャッキも持ち上げました。チェンソーは動かせる状態であることを確認して、保守の容易さを勘案して購入当初の状態で保持することにしました。
市からの資機材については、除雪機の支給を希望することにしました。60cmの大雪はそうそうないとしても20cmぐらいの積雪は良くあることだとの判断です。高齢化対策しての意味合いもあり、また、すぐ隣の自主防災会がスタンドパイプを支給対象にしてもらう予定なので同じものを持つことより除雪機にした方が良いとの判断もありました。
保守点検の体制をきっちり確立してゆくことが次のステップになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父宮のイベントに食い込んだ乃木坂46

秩父宮で行われたラグビー・トップリーグの30日の会場は、夏祭りモードでした。

射的などのお店

140830d1

景品はラグビーとは関係なくヨーヨーなど

北スタンドでは“足水シート”

140830d3

お子さんたちが浸かっていました。もっと暑ければよかったのに

スプラッシュナイト

140830d4

140830d5
キャノンvsリコー戦は大いに盛り上がりました。にもかかわらず、お隣の神宮球場からは乃木坂46のコンサートが、重低音から始まって大音量の音楽が遠慮なく秩父宮ラグビー場に流れてきます。

メインスタンド上段からは神宮球場のスコアボードの映像がばっちり見えます。

140830d6
この日の第1試合の方の後半は試合の決着がついたような展開でした。

140830d2
バックスタンドから神宮球場に見入る人も

神宮球場で花火が上がった時は、ウォーターブレーク

140830d7
事前に連絡を取り調整しているのでしょう。ラグビーファンにもプレゼントになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグの応援合戦

30日のトップリーグ・秩父宮のキャノンvsリコー戦で応援合戦がありました。

140830c2

キャノンを川中島の合戦の武田方、リコーーは越後方の見立てです。

140830c1

140830c3

キックオフのカウントダウン

140830c4

三番勝負
応援団の声援の音量で越後方=リコーの勝ちそして場内のカレーライスの販売数では?

140830c5

これも越後方=リコーの勝ち
試合には負けましたが、こちらはリコーが勝ちました。

観客も1万人を超えました。キャノンの受付で「お仲間はいらっしゃいますか?」と聞かれました。お仲間も5人までご招待OKでした。ラグビーファンを増やすこの企画、良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(’14-15)キャノンvsリコー 1st第2節

キックの応酬で試合はスタートしました。

140830b1
3-3の同点から、キャノンは、10分にモールを押し込み、トムソン選手が押さえてトライ。18分にリコーがお返しのモールでポヒヴァ大和選手がトライ。
23分にはキャノンがまたまたモールを押し込みトムソン選手がトライ。この時点で キャノン 14-16 リコー と競った面白い試合となりました。
27分、キャノンは、連続攻撃からループパスを織り込んでトムソン選手が3つ目のトライ。さらにキャノンは36分にトライを追加して キャノン 26-16リコー とします。
これに対して、前半終了間際にリコーはペナルティーを貰いますが、ゴールを狙わずに攻めますがノックオンで前半終了。差を詰める好機を逃しました。

140830b2
後半もキャノンがトライで差を広げにかかると、リコーも縦に攻めてキャノンのゴールに迫ります。しかし、勝負ところでのラインアウトで立て続けにスチールされて好機をつぶしました。パスの正確さでもキャノンに劣りました。
最終スコア キャノン 33-21 リコー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(’14-15)パナソニックvsクボタ 1st第2節

140830a1

序盤、10分までにいずれもPGで パナ6-3クボタ とまずは手堅いスタートでした。
11分にパナソニックは中央付近左タッチライン際でクボタディフェンスの裏にゴロパントを出し、そのボールをキャッチして最後河野選手が走り切って左中間にトライ。以前と違ってプロップもスピードにのって走ります。このトライを皮切りに前半だけで5トライをあげて前半のスコア パナソニック 35-3クボタ 前半で試合が決まりました。

22分に、昨季MVPのべリック・バーンズ選手が出血で一時交替→結局そのまま選手交代で退きました。トライの直後の交代でしたので、交替で出た選手が制限時間が過ぎてコンバージョンを蹴ることができませんでした。

140830a2

選手交代が伝わらず電光掲示板はそのままでした。

140830a3

後半、パナソニックは、ごっそり選手を代えたこともありスコアは伸びませんでした。お隣りの神宮球場のイベントの大音響が伝わってきて騒々しくなったこともあり、すっかり退屈な試合になってしまいました。

パナソニック 47 - 22 クボタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(’14-15)東芝vsNTTコム 1st第2節

試合前に小雨が降りましたが、試合開始時には止んでいました。それでも芝は雨を少し含んでいたのでしょうか?
シーズン初めとあって、芝はきれいです。22mラインには『22』の数字がはっきり書かれています。

140829b1
昨季は書かれていなかったように思います。

序盤は、ペナルティーゴールの応酬で、静かな出だしです。25分過ぎからNTTコム陣に深く入った東芝はスクラムで押します。

140829b2
NTTコムはコラプシングの反則、再度組み直しもまたもやコラプシング。次もコラプシングで認定トライか?とささやいているとエディーヘッドコーチが退席しました。次のプレーの結果が見えていたのでしょうね。

140829b3
その直後31分に、認定トライとなりました。 東芝 13 - 3 NTTコム

これだけFWに差があると、東芝断然有利!後半は点が動くかな?
前半終了前に東芝はオープンに回して左隅に飛び込みます。TMOとなりますが、肝心のカメラが選手をとらえていません。役にたっていません。別角度では背中越しのアングルでグランディングは確認できませんでした。

テンポアップするかと思われた後半ですが、ピリッとしません。双方1PGずつあげたあとの23分に、東芝は左サイドを攻めあがって、最後廣瀬選手が中央にトライ。コンバージョンも決まります。

140829b5
 東芝 23 - 6 NTTコム 
東芝はようやくエンジンがかかったかと思われましたが、NTTコムに2トライを許して結局 東芝 23 -16 NTTコム

前節、パナソニックとの熱戦を繰り広げたのと同様の東芝を見たかったけれど、凡戦でした。
NTTコミュは、イージーなキックをミスでして、PGが2本、コンバージョンも2本失敗。さらに攻め込んでノックオンをし、こちらも締まらないゲームでした。

140829b4
エディーHCも収穫はなかったのでは?

レフェリングも、テンポが悪く、TMOに頼ろうとしていませんか?
後半25に東芝がイエローカードを貰ったシーンでは、レフェリーの目の前のプレーなのにアシスタントレフェリーの申告によってカードを出しました。レフェリングも手際が良くありません。

場内が沸いたのはスプラッシュ

140829b6
ただ、水を浴びる人たちは傘をさしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎座一幕見席

140829a1_2

27日は、初めて歌舞伎座の一幕見席へ入りました。

第2部が終わり、歌舞伎座タワーの5階へ行ってから、急に思い立って第3部の初めの演目を一幕見席で見ました。料金は1,000円です。(2,000円の幕もあります)
開演5分前でしたが、立ち見になりますがということでした。上演時間が40分でしたので気になりませんでした。(座りたい方は、発売時間に合わせて切符を購入することになります)

140829a2
舞台を見る角度が付いているのは致し方ないですが、花道も舞台に近いところは見えますし、「意外と良い」と思いました。3階席の下手サイドは確か花道が見えにくかったのでは、と思います。筋書きも買えますし、イヤホンガイドも利用できます。できればオペラグラスは、お持ちになった方が良いでしょう。

140829a3

歌舞伎座タワーに寄ったのは、先月の舞台写真が、5階の“楽座”というお店で売っているので、先月の玉三郎さんの舞台写真を買い求めるためでした。お芝居が始まってから1週間くらいは、舞台写真を撮っている段階ですので、場内では舞台写真は販売していません。こちらのお店を利用することになります。
この“楽座”というお店の隣には、歌舞伎俳優になったつもりの写真を撮ってくれる写真館があります。オープン当初はなかったお店だと思います。お土産を買うことも含めて地下階に比べると空いていますので、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八月納涼歌舞伎

歌舞伎座へ、昨日の千穐楽に行ってきました。

140827a1
8月は、『納涼歌舞伎』と銘打って、怪談物が多くかかります。あまり好きではありません。そんな中で第2部は怪談からは離れている演目なので行ってきました。

・信州川中島合戦--輝虎配膳
・たぬき
(一幕見)
・勢獅子(きおいじし)

140827a3_2

140827a2_2

140827a4

お目当ては「信州川中島」でした。近松門左衛門が景虎(上杉謙信)を描いたものです。新潟生まれの地元贔屓もあって、“謙信の義と直江兼続の愛”を近松がどのように描いているか!期待していました。
ところが、ところが、策略家の直江兼続と、その調略をはねつけた武田方の軍師・山本勘助の母は立派、短気で怒りっぽい(上杉謙信)景虎という設定で、越後方はさんざんな描き方でガックリしました。しかも一幕物で、全体像がわからないので私としては面白くなかった。江戸時代というか近松の時代は、謙信の評価はどうだったのでしょうか?

「たぬき」・・・・期待してなかったのにこれが面白かった。死んだ主人公が生き返るという物語です。そして、生前?世話になった人間の本性を見るというものです。お元気になった三津五郎さんが良かった。勘九郎さんの声は、お父さんの勘三郎さんそっくりです。芝居を見ながら勘三郎さんを思い出していました。

第2部はこの二つでしたが、第3部の最初の演目で三津五郎さんの踊りが見れるというので、一幕見の立ち見で急きょ追加で見ました。勘九郎さん三津五郎さんを中心とする踊り、良かったです。周りに外国人が多くいて、楽しんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年ラグビーワールドカップ日本の対戦相手

間もなく来年のラグビーワールドカップツアーの日程が発表されると思います。
どの試合を見るか?の検討材料として、予選リーグの対戦相手と日程をチェックしてみたいと思います。(ワールドランキングは本日現在です)

日本は、プールBに入っています。
初戦は、南アフリカ(ワールドランキング2位)
第2戦は、スコットランド(ワールドランキング8位)
第3戦は、サモア(ワールドランキング9位)
日本は、10位
最終戦は、アメリカ(ワールドランキング18位)

ワールドランキングは、初戦の相手南アフリカが2位で、試合をすすめるにしたがって2位→8位→9位→(日本10位)→18位と対戦相手のランキングが落ちて行きます。ランキングがすべてではありませんが、参考になります。

日程を見ますと、第1戦の南アフリカと第2戦のスコットランドは、相手チームの初戦です。元気いっぱいで登場してきます。しかも第2戦のスコットランド戦では、日本は前の試合の4日後と日程がきつくなっています。
第3戦は、日本が前の試合から10日後、サモアは7日後で、コンディションはイーブンと見て良いでしょう。
最終戦は、日本が、前の試合から8日後と、条件が良いのに対して、アメリカは4日後ときついスケジュールになっています。

このように見てくると、日本の勝つ確率は、試合を追うごとに高まって行き、最終戦のアメリカ戦が、勝つ確率が最も高くなると見て良いのではないでしょうか。

個人的には、ワールドカップは、「日本が勝つところを見たい!これに尽きます。対戦相手のティ1がどのようなのプレーを見せてくれるか?には興味ありません。それば日本戦以外で良いのです。ともかく日本の勝利第一主義です。」
皆さんはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ 東芝・夏井、石澤選手デビュー

22日の秩父宮での開幕戦は、東芝ブレーブルーパスの夏井大輔選手と石澤輝選手にとってデビュー戦となりました。これからの活躍を期待します。

開場で配られたメンバー表は、メモリアルグッズです。そうそう冨岡ヘッドコーチの公式戦初戦初勝利でもあります。

140823c2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK学園オープンスクール第4期4回目

前回は、お休みさせていただきましたが、ブランクを感じさせず、皆さんからたくさん質問をいただきました。時間前、休憩時間、そして終了後も質問攻めで、「時間外にすいませんね。」と言われましたが、講師としてはむしろ嬉しいことです。
ですが、ラグビー観戦はアキラメざるを得ませんでした。
今日は、メールを中心に講座を進めたのですが、送信する前提として連絡帳が記入されていることになっています。受講生持ち込みのiPadでは受講生同士のメールのやり取りはできません。講座が始まった当初は1/3ほどの受講生が持ち込みでした。ところがいつの間にか2/3の受講生がiPadを購入していました。講座の進行を急遽変更しました。

140823a1

NHK学園はビルの6階にあります。横断歩道の信号待ちでふと見上げましたら『NHK学園』と書いてありました。通って8か月になって初めて気がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(’14-15)東芝vsパナソニック 1st第1節

優勝カップを挟んで両チーム入場

140822b1
開幕戦の立ち上がり2分に、パナソニックはPGで先制します。何やら昨季と同じような試合の入りでした。前半は東芝2トライに対しパナソニックは1トライですがPGを3本(東芝は1本)決めて、 東芝17-16パナ と僅差で折り返します。

140822b3
スクラムでは東芝が押していました。

後半15分にモールを押し込み、ワンストップのコールのあとベイツ選手が持ち出して右中間にトライ、東芝22-16パナ 
さらに20分に小川選手がパナソニックのディフェンスラインをきれいに抜き去って 東芝29-16パナ と、差を広げます。24分パナソニックがPGを決めると26分に東芝がPGをお返しします。東芝32-19パナ 残り時間と点差からパナソニックはPGで差を詰めるという選択肢を失います。
この後、パナソニックは東芝陣に攻め込みます。31分に反則の繰り返しで東芝はリーチ選手がシンビンとなります。

140822b4
一人少なくなった東芝にパナソニックは攻め込みますが、ゴール前で東芝・宇薄選手がインタセプとし、つないでつないで、最後、森選手がゴールポスト左にトライしとどめを刺します。(37分)
森選手にタックルにいって外されたパナソニックの(昨季のMVP)べリック・バーンズ選手が力が抜けてなかなか立てずにいました。

140822b5
この姿が今日のパナソニックを象徴していたように感じました。

東芝 39 - 26 パナソニック 
ミスも少なく、力とスピードにあふれた良い試合でした。東芝は復活ののろしを上げた試合でした。パナソニックの勝点0は順位争いに影響しそうです。とはいえ、ディフェンディングチャンピオンの力は健在です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップリーグ’14-15シーズン開幕

22日、トップりーが開幕しました。

140822a1
秩父宮の歴代優勝チームの垂れ幕を見るとシーズンの幕開けを感じます。
開幕セレモニーはありません。開幕に先立って表彰がありました。

140822a2
功労者表彰?そして坂田さんの世界殿堂のキャップでしょうか?(バックスタンドでは聞き取れませんでした)

森会長の『開幕宣言』

140822a3

簡素な開幕は、協会の懐具合が良くないためでしょうか?
ですが、開幕戦は、東芝-パナソニックの好カードで1万1千人を超える観客が詰めかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集中打を浴びた時の日本文理

高校野球は、なんといっても生まれ故郷の新潟の応援です。日本文理の対戦相手は富山商業、隣県との対戦にはもう少し先での対戦なら良いのにとも思いました。
日本文理が7回裏に1点を追加して3-1となった時は「4安打1失点に抑えていたし、相手投手は投球数が増えていたので、何が起こるかわからないけれど、大きく勝利に近づいた。」と思ったのですが、8回表にエースの飯塚投手が6安打を集中されて4点を奪われました。「ありえないことが起こった。」とさえ思いました。
この時、監督は、守備のタイムをとりませんでした。『どのような意図・意志でタイムをとらなかったのか?』知りたいと思いました。しかし、試合後のインタビューでその点を質問した記者はいなかったように思います。選手と監督の強い絆の一つの形なのか?聞いてほしかった。

ここまでエース1人で投げ抜いてきたチームは連戦です。休みを入れてあげたいと思うのは多くの人が思うことなのでしょう。雨の影響があったとはいえ、日程は何とかならないものですかね。若人の肩を消耗品にして欲しくないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ開幕 ラグビートップリーグ

22日の東芝vsパナソニック戦で待ちに待った’14-15シーズンが開幕します。
昨季は、東芝はパナソニックに4戦4敗でした。東芝はチャレンジャーです。今期の新戦力の充実ぶりと新監督に大いに期待しています。
さらに注目は、SHの小川選手とFBの夏井選手です。対パナソニックでは、この2つのポジションの頑張りが特に大切です。
試合を分けるのは反則とミスになるでしょうか。パナソニックは昨季も反則の少なさでトップでした。ペナルティーに対する意識の高いチームです。東芝はブレークダウンにこだわるチームですので、いきおい反則が多くなりがちです。この点は是非ケアーしてもらいたいです。レフェリーはどなたかは知りませんが、ニュージーランド協会のギャラット・ウィリアムソンさんになるのでしょうか?レフェリングに対応してもらいたいものです。

東芝ファンにとって、ここ数シーズンで最も期待できるシーズンを迎えました。
頑張れ東芝ブレーブルーパス!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ・スタンプラリー

今年も、ラグビートップリーグのスタンプラリーが実施されます。
去年は、試合会場に足を運びながら、携帯電話のバッテリー残量が少なく、QRコードを読み取れないことがありました。
そんな、失敗がありましたので、事前準備を怠りなくとの思いでトップリーグのホームページから、「参加エントリー用QRコードを読み込みました。ところが「規約・注意事項」とあわせて「不適アクセス」の表示が出て進むことができません。どうして?
まあ、試合会場で聞きながら登録するつもりですので良いと言えば良いのですが、マオリ・オールブラックス戦のチケット購入などで、開幕戦は試合会場で多忙を極めそうです。
スタンプラリー10個を集めると「ベストファンサービス賞」の投票権がもらえます。私も選考者に応募して選んだことがあります。今までは「ホームページの見やすさ」などが受賞に大きく影響していたように思います。今回からは、ファンを多く試合会場に集めたチームが受賞しそうな気がします。よろしいんじゃないでしょうか。
また、来年3月8日のオールスター戦(岐阜)も発表されました。しっかり手帳の予定欄に記入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都塚古墳に思う

明日香にある都塚古墳が“階段ピラミッド状”であることがわかり、現地説明会に多くの人が見学に訪れてニュースになっています。

実は、私が初めて古墳の石室に入ったのがこの都塚古墳です。今からン十年前の学生時代のことでした。サークルの夏合宿を現地解散して飛鳥へ向かい、メインは石舞台古墳でしたが、史跡地図に石舞台古墳の裏にある都塚古墳が載っていましたので訪れてみました。期待もしていませんでしたが、石室が開口していました。開口しているとは思っていませんでしたのでちょっとした興奮状態になりました。今に至る古墳遍歴のスタートでした。2度目に訪れた時は鉄製の柵が作られていて石室の中に入ることはできなくなっていました。
古墳の墳丘が“前方後円墳”から“方墳”へ移行させたのは蘇我氏ですから、稲目か、入鹿の墓ではというのは、よく理解できます。ただ、初めて訪れた時は、そのような学説はなかったと思います。
しかし、こんもりした古墳の盛り土が、角がある“階段ピラミッド状”であったとは!学術調査をしてみないとわからないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬に行ってました

群馬に行ってました。
世界遺産となった冨岡製糸場には行ってないのですが、冨岡製糸場にあやかった商品がありました。

140816a1
缶の下部に冨岡製糸場の錦絵をプリントしたAsahiビールはわかるとして、トイレットペーパーまで!という感じです。冨岡製糸場の絵がプリントされているのは、包装紙だけでペーパーには印刷されていません。まあ当然ですね。
地元の喜びが伝わってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグパスポートが届きました

今シーズンのラグビー・トップリーグのパストートが届きました。

140813a1

トップリーグは、1会場で2試合行われるケースが多いです。後援会員になっている試合が2試合目でもパスポートがあれば1試合目から観戦することができます。
今年は、暑さに気をとられプレシーズンマッチを見ていませんでしたが、パスポートが届いたことで、いよいよシーズンが真近かになった事を感じます。各チームが新戦力を加えてどんな戦いをするかワクワクしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エディーヘッドコーチの外務大臣表彰の副賞

今月初めに、ラグビー日本代表・ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさんが外務大臣表彰を受けたことをラグビー日本協会のホームページで知っていました。慶事ではありますが、“外務大臣表彰”なるものになじみが無く、そんなものかぐらいに思っていました。
雑誌(WEB)の記事で、その副賞が“正絹の風呂敷”だけと知りました。きっと立派な風呂敷だとは思うのですが、それでも風呂敷は風呂敷でしょうね。
ですが、この記事で、エディーHCはサッカーのザック氏以上ではないか?という評価です。
この記事は、ラグビー日本代表に関して良くまとめている記事です。ラグビーファンの一人として、少しだけ異論はありますが一読をお勧めしたい記事です。
記事はこちらです。→http://diamond.jp/articles/-/57455

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害ボランティアリーダー養成講座(第1回)に参加

今日は、市内のボランティアセンターで開催された“第1回災害ボランティアリーダー養成講座”に参加しました。

140809a1
参加者は二十数名でした。参加者はシニアがメインでした。ボランティアの部屋を覗いたら若者がいました。ホッとしました。
午後1時半から4時までで、終わりの1時間は、災害対応カードゲーム「クロスロード」でした。
災害時のシチュエーションが示されて、10秒で「YES」か[NO」を即座に判断して、その理由を話し合うというものです。『ゲームですから、他の意見を否定したり熱くならないように』という注意がありました。設定条件がシンプルですので、決断力とその理由がきちっとしていることが大切なのだと思います。

今日はNHKのiPad講座の講師でしたが、6月でNHKの講師は、降りるつもりでいましたので、ボランティア講座の方が先に決まっていました。NHKの講師を引き受ける条件の中に「ボランティア講座を優先しますが宜しいですね」と念押しして受けました。ボランティアリーダー講座は、4回シリーズですので、残り3回、この度だけはぐっと我慢してラグビーよりも優先です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad mini Retinaを買いました

iPad miniを購入して、今日商品が届きました。

140808a1
iPadもSurfaceもKindleも持っています。本来はiPad miniを購入する選択肢はないのですが、タブレットの講師ですから半ば営業用のようなものです。
本当はWindows系のdynabookタブレットが欲しいのですが、ちょっと我慢です。

先週受けた「ICTによる認知症予防」講座では、食事・運動・知的活動でアルツハイマー型認知症の危険度が大きく低減できるとの研究があるとのことで、タブレット講座の講師をしていることも、アルツハイマー型認知症の危険度低下には良いそうです。本当かな?と思いつつも悪い情報ではないので信じることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“鉄斎TESSAI”展 出光美術館

140806c1

“鉄斎TESSAI”展は終わってしまったのですが、ブログに書き留めることを忘れていました。
冨岡鉄斎は、学問に優れ、絵筆にも通じていたことは分かったのですが、私にとっては、総じて「退屈な作品」でした。秀逸なのでしょうがインパクトがありません。「絵に詩をつける・・・・画賛」作品のオンパレードで仙厓のような湧き出るような人間味が出ていません。
ブログに書き留めるのを忘れていたのも、あまり心に残らなかったからだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮内庁・尚蔵館“三条実美と岩倉具視”展

三の丸尚蔵館“三条実美と岩倉具視 一代絵巻が物語る幕末維新”展を見てきました。

140806b1

田中有美によって描かれた幕末維新の絵巻物ですが、当時としては「時事写真」の役割を担っていたのでしょう。画家の田中有美は明治天皇の大喪の礼に特別に許可されて見ることを許されて大喪の礼の絵巻を残しています。

小御所で、徳川宗家の領地召し上げの議論をした有名な場面もありました。山内容堂と岩倉具視が対峙し大久保利通が次の間に控える様子・・・・・具体的にわかって興味深く見ました。
皇室が所持する文化財等を展示するのが三の丸尚蔵館ですが、もう少し広くてよいと思います。常設展示などがあっても良いと思います。膨大な収蔵品のほんのわずかしか展示できていません。

大手門から入りましたが、大手門の渡櫓が工事中でした。

140806b2

平日の酷暑とあって外人観光客がちらほらで、日本人はほとんどいませんでした。夏休みを利用する外国人観光客を考えると、時期をずらしたほうが良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“大規模災害から都市を守る”シンポ聴講

大手町のよみうりホールで開かれたシンポジウム“大規模災害から都市を守る”を聴講しました。

140806a1

午前10時から自治体向けセッションの「都市災害と行政の役割」、午後2時から一般向けの「住民の備え」の両方を聴きました。
私は自治体の関係ではありませんが国、都の行政がどのような方向性を目指しているのかわかって参考になります。
内容は、9月1日の読売新聞に載るそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認知症予防のためのiPad講師研修 終了

140803a2

2日間に渡った認知症予防のためのiPad講師研修が終了しました。
研修のもとになったテキストは“地域型認知症予防プログラム実践ガイド”でした。この本の要点をパワポで説明してもらいながら進行しました。

午前は、ウォーキングプログラムの実地訓練でした。

140803a1
外に出て400mを早歩きし脈拍などを図って通常の1.5倍の不可になっているか数値のチェックです。スタート地点がマンションのエントランス前だったので、マンションに出入りす居住者は「何事が起ったのか?」と言った反応でした。

屋外は結構暑かったのですが、暑さを感じたのは、この時と、食事タイムで外に出た時の2階でした。2日間の座学は結構疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認知症予防のためのiPad講師研修

今日は、『認知症予防のためのiPad講師研修』を受けてきました。

140802a1

お誘いを受けた時は、認知症とiPadの関連がイメージとしてわかなかったのですが、『認知症予防』ということですから、病気の研究成果を基本とした説明に「なるほど!」と思うようになりました。明日まであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山ビヤガーデン

昨日は、娘夫婦・孫と共に高尾山ビヤガーデンに行ってきました。我が家からその明かりが見えるのですが、初めて行ってきました。

ケーブルカーで昇ります。

140731a1
飲み放題・食い放題2時間です。スタートは午後5時でした。
既に結構な入りです。

140731a4
ここは見晴らしが効かないところです。景色にこだわらない人が結構いるということです。

急ぎ絶景シートに向かいます。席は空いていました。

140731a5
圏央道と中央道のJCTも眼下に見えます。

140731a3

140731a2
午後7時には暗くなるかと計算していましたが、7時半ならもっと暗くて良かった。500円/30分の追加料金を払う手はあるのですが、時間通りにしました。

ビヤガーデンの下でも夜景は見られます。

140731a6_2
ケーブルカーで下界に降りてきたら、すっかり夜になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »