« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

トップリーグ スタンプラリー

ラグビー・トップリーグで毎シーズン行われているスタンプラリーで、初めて抽選でプレゼントが当たりました。スタンプ10個でのプレゼントです。

140127a1
試合会場で見かけるトップリーグの「FOR ALLTシャツ」です。ヤッター!!
と同時に、スタンプ14個でのサイン入り1stジャージは、やっぱり外れたという事なのだと思います。
スタンプ14個は余裕でいくと思ったのですが、試合会場で、QRコードを読み取ろうとしたら、携帯電話のバッテリー容量がカスカスでカメラ機能が働なくてQRコードの読み取りができなかったこともありました。それ以後は、ラグビーの試合を見に行く日は、携帯のバッテリーをチェックするように気をつけるようにしました。最終的には14個のスタンプはたまりました。
今週末はいよいよプレーオフトーナメントです。実力が接近していますので、勝敗の予想は、まったくつきません。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad講座2回目でした

2回目のiPadの講座でした。NHKくにたちオープンスクールです。

140125a1

3か月間サブ講師をつとめます。

前回は、電車のダイヤが乱れ、その連絡を貰わなければ危うく遅刻するところでした。そこで時間の余裕をたっぷりとり早めに行きました。
国立は文教都市で雰囲気が良い町です。一橋大学に通じるメインストリートの両脇の街路樹のゾーンには、寒空にもかかわらずお花が咲いていました。

140125a2

手をかけているのでしょう。
喫茶店なども、学生さんがサークルなどで多人数入って来ても対応できるようなレイアウトになっています。学生時代を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並行輸入のカメラ

ちょっと変わったカメラを購入しました。ネットで探したのですが、日本製では同等の商品が無い様で、並行輸入商品を購入しました。
取扱説明書は英語のみです。英語の勉強に良いと思って読み始めました。案外簡単に読み進んでいます。ですが、取扱い説明書ですので細かいところまで誤解の無いようにしなければなりませんので、大方わかったのレベルではなくて、一語一語正確をきす必要があります。使うのはそれからになります。

140125b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014 耐震フォーラム

140121a1

今日は、東京都主催の“耐震フォーラム”の講演を聴きに行きました。サブタイトルは“明日かもしれない その日のために”
講演-1は、テレビでもおなじみの山村さん。演題は“あなたと家族を守る-建物と心の耐震対策-” 内容は、自助、共助などで、私にとってとりたてて目新しいことはなかったのですが、氏がこの道に入ったのが新潟地震(1964年)に遭遇したことがきっかけだそうで、私も少年期に新潟地震を経験したことが、後々防災士としての活動につながっただけに、「やはり地震の経験」というのは大きなインパクトになると思いました。経験しなくても真剣に考えることが一番良いのでしょうが、なかなか難しいです。

140121a2

講演-2 京大の林教授 演題は“近年の被害地震と建物の耐震化” 専門家の過去の発言などを引きながら、「地震対策に先入観を持たない。専門家の話も信じすぎない。首都圏直下地震で色々な予測が出ているが、予測できないことが起きる。正しい知識を持つために勉強しましょう。」 耐震基準での専門家と一般市民とのとらえ方に差があることを指摘していました。参考になりました。

140121a3

この後、住宅金融支援機構の耐震融資や個別相談会がありました。こちらは私はパスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝ブレーブルーパスは4位でプレーオフへ

ノエスタで行われた東芝vs神戸戦をテレビの前で、当然東芝を応援していました。東芝は、けが人続出で苦戦が予想されていましたが、昨日の段階でプレーオフ進出を決めていたので気は楽でした。
試合は序盤で立て続けにトライをとられたのが最後まで響きました。負けてしまいましたが、最後まで試合の行方が分からない良い試合でした。
リーグ終盤にパナソニックに2点差、サントリーに1点差、神戸に2点差の敗戦で、勝ちきれないもどかしさを感じました。ですが、プレーオフ進出チームの間に力の差はありません。どのチームにもチャンスがあります。

東芝はけが人が多く出ている中で、今日は頑張ったと思います。怪我人が多く出たので、逆に新しい力がたくさん出てくるようになりました。期待できます。
ラグビーに怪我はつきものですが、昨日のサントリーvsヤマハ戦で、ジョージ・スミス選手に猛烈なタックルを食らわせた選手が傷んで、スミス選手はびくともしませんでした。「あれじゃあ怪我はしないよな」と思ったものです。本人はどこか怪我をしているのか?私が知らないだけかもしれませんが。

ちょっとお休みをしてからプレーオフです。この間に怪我を治して存分に戦って欲しい。期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビー(’13-14) リコーvsクボタ 2nd第7節

140118a1

クボタは、立川選手の2つのペナルティーゴールでリードします。リコーはゴールライン近くまで攻めても決め手に欠いていました。しかし、前半35分にようやくトライを獲ると、後半3連続トライで突き放しました。

140118a2

ワイルドカード進出を決めていたクボタに対して、リコーは、入れ替え戦か?ワイルドカード進出か?結果によっては大きく立場が変わるだけに、両チームのモチベーションの差が出たのでしょうか?

スーパーラグビーに行くクボタの立川選手(12番)にとっては、今シーズンのラストゲームでした。

140118a3

リコー 28 - 13 クボタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(’13-14) サントリーvsヤマハ 2nd第7節

気温は低めも、風は弱くて、ラグビーには条件がとても良い気候でした。サントリーはプレーオフ進出は確定しています。ヤマハはプレーオフ進出をかけて4位神戸に勝ち点1差、3位東芝に勝ち点3差の5位です。ヤマハの戦い方が注目されました。
ヤマハはキックオフのボールを浅く蹴り、マイボールにしました。試合にかける意気込みが伝わってきました。そして、4分に好位置でペナルティーを得ますが、ペナルティーゴールを狙わず、タッチに蹴出してトライを狙います。5分にサントリーはペナルティーで止めます。ここでもペナルティーゴールを狙わずスクラムを選択します。

140118b1
あくまで4トライ以上のボーナスポイントを得て勝ち点5を獲りにゆくことがはっきりしました。6分にもゴールポスト目の前でのサントリーのペナルティーでも3点を狙わずスクラムを選択します。ここで、サントリーがターンオーバーしてキックで押し戻し危地を脱します。

140118b2
私にもわかりました。「ヤマハは、4トライとるまではペナルティーゴールは狙わない。」これはしかし、戦い方を自ら狭めるのでは?と思いました。
前半は、サントリーが2つのペナルティーゴールと1トライで サントリー 13ー0 ヤマハとなりました。

後半6分、ヤマハがモールでトライを奪いコンバージョンも決まって、さらにサントリーは反則の繰り返しでシンビンとなります。その2分後に、ヤマハのマレサウ選手が大きくゲインし、最後五郎丸選手が右隅にトライ、難しいコンバージョンも決めて サントリー 13-14 ヤマハと逆転しました。
その後、サントリーが堅実にペナルティーゴール2本を決め、ヤマハも35分にスクラムを押し込んで、19-19の同点になります。ただ、イージーな位置でのコンバージョンが失敗し逆転はなりませんでした。

そしてフルタイムとなって、ヤマハ陣内22メートルに攻め込んだサントリーのボールとなったところで外へ蹴出して終りと思ったのですが、

140118b4
サントリーは攻めます。引き分けはいやっだったのか?ここからヤマハはターンオーバーしてピウタウ選手が一気に攻め上がります。サントリー22メートルライン近くで、ヤマハ曽我部選手が、大きく右へキックパス!見ていてびっくりしました。「それはない!」と思ったら、キックをキャッチしたサントリーがヤマハのゴール目前まで運びます。最後は、サントリー・ニコラス選手のペナルティーゴール

140118b6
ヤマハの勝ち点は、2から1となりました。

この日も大活躍ジョージスミス選手

140118b3
サントリー 22 - 19 ヤマハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方自治記念コイン

15日に地方自治60周年の記念コイン4種類が交換開始となりました。趣味ではないので、継続的に集めているわけではなく、たまたま銀行の窓口で知って交換したという程度のことです。
図案は、山梨県・・・富士山と葡萄、静岡県・・・富士山、岡山県・・・後楽園と岡山城、鹿児島県・・・桜島です。

140116a1

15日は、1人2セットまでで16日からは「制限がありません。」と窓口でいわれたので、今日追加で交換しました。英会話が始まる前に銀行に寄ったので、教室に入ったのが授業開始ぎりぎりでした。岡山県のコインは、早速、英会話教室の岡山が故郷のクラスメイトに交換して上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の実践女子大英会話教室“鼠”

今日は、ホームワークが出ていて、先週に続いて、カレンダーを使って、曜日や、日の言い方の練習でした。それほど難しい内容ではありませんでした。
毎回、授業に先立って1時間ほど5人で自主勉強会をしています。
その中で「明日から競争社会に戻ります。」の英訳問題がありました。お正月休暇から帰って来て、成田空港でのインタビューでの答えにありそうなフレーズです。答えは“It's back to the rat race tomorrow” 競争社会=鼠の競争ということで答えを聞けばなるほどと分かりますが、残念ながらこんな英訳がスーッとでてくるレベルではありません。問題を解いていったら「怪しい」の英訳が出てきました。答えは“I smell a rat”直訳すると「鼠の匂いがする」これもわかろうはずはありません。こうしたフレーズはどう日本語に訳すかではなく知っているかどうかで決まりです。皆で「鼠に限らず、動物に対して英語圏の人が、それぞれどのようなイメージを持っているのか?」を勉強する必要を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝 全日本バスケ優勝

12日は、会社の先輩後輩と新年会で飲んでいました。「13日のバスケの決勝はどこでやるの?」「代々木の体育館」そんな会話がありました。
東芝のスポーツの後援会は、ラグビー、野球、バスケットボールが共通で、自由席なら、会員証で無料で入場できます。
私は、ラグビーと野球は見ますが、バスケットは見ません。優勝のチャンスなので見に行こうかと、心が少し傾いたのですが、やっぱりやめました。理由は、「時間との戦いで、秒単位で勝敗がどちらに行くかわからない」あの切なさが心臓によくないのです。秒単位でドキドキするスポーツの代表はバスケですかね?
テレビ観戦です。第4クウォーターの途中までは差がついていましたので、これなら代々木に見に行くべきだったか、と思ったのですが、なんとラスト十数秒でトヨタに逆転されました。ここからまた逆転して最後はとどめを刺しました。テレビ観戦でも疲れました。生で見ていたらどんなだったのでしょう?機会があったら決勝戦などでなくレギュラーシーズンの試合を気楽に見てみようかなと思います。
東芝ブレ―ブサンダース優勝 おめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

孫のお気に入りの単語

昨日、今日と、孫が遊びに来ていました。

140112b1

iPadとキンドルで遊ぶのが大好きです。iPadではケーキを作るアプリが好きでケーキをアプリの上で何回も作ります。作ったケーキは、オンラインで注文をすることができ、現物のケーキをお店で受け取ることもできます。バーチャルとリアルを結び付けています。これからこうしたアプリが増えてくるでしょう。このアプリではハンバーグも作れます。こちらは画面の上で作るだけで注文は出来ません。孫は作る専門で注文はできませんので、親の懐が痛むことはありません。
一方、キンドルで好きなのは、お遊び英語のアプリです。全問正解になると、“Amazing”と褒めてくれます。そして突如、孫が「Amazing」と言い出しました。この語感が幼心に心地よく響いたのでしょう。「Amazing」の連発でご機嫌でした。以前は“Good Job”がお気に入りの言葉でした。
この言葉に限らず、自分の発した言葉が大人に通じるのが楽しいようです。
それにしても、何の先入観もないので、発音がきれいなこと!驚きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣は浅草寺

8日に新橋演舞場に行った時に、演舞場のお宮さんに初詣とも思ったのですが、やっぱり初詣としてはちょっと、と思って思いとどまりました。
そして今日、浅草公会堂のお芝居見物の後に浅草寺にお参りしました。結構賑わってはいました。私は、人混みが好きではありませんので、これぐらいが良いです。

140110b3

仲見世通り

140110b1

歌舞伎の横断幕もあります。

140110b4

スカイツリーと浅草寺のツーショット

140110b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春浅草歌舞伎

140110a4
今日は、浅草公会堂に新春浅草歌舞伎・第一部を見てきました。

140110a1
東京の歌舞伎お正月公演で一番チケットの売れ行きが良かったのが、この「浅草歌舞伎」でした。かかった芝居と役者さんで、私もこの浅草が一番見たかった芝居でした。チケットも1等席が11,000円と、お正月興行では一番のお得値段でした。

年始ご挨拶・・・・・市川男女蔵

源平布引滝 義賢最期(よしかたさいご)

義賢は、木曽義仲の父です。義賢が最期を遂げたのは埼玉県の武蔵嵐山(異説もあります)で、古いことですが、学生時代に行ってます。そんなこともあり、このお芝居に親近感を持っています。
そして何と言っても愛之助さんの“仏倒し”などの体を張った演技が見ものです。愛之助さんの義賢最期を見るのは2度目です。ご本人いわく「オネエ卒業後の初めての(笑)“義賢最期”」とのことですが、私は「オネエ入学前」にも見たということになります。
このお芝居は、もう愛之助さんのお芝居と云って良いのではないでしょうか。

待宵姫を演じた中村梅丸さんは、良いです。小顔で女形として美形です。歌舞伎好きで一般家庭で育ち、梅玉さんに師事している高校2年生だそうです。梅玉さには確か男のお子さんはいなかったはず。大きく育ってもらいたいです。

上州土産百両首(じょうしゅうみやげひゃくりょうくび)
歌舞伎見物で、私の周囲がすすり泣きしていたのは、実に久しぶりでした。猿之助さんのお芝居は生きが良いです。
歌舞伎座などと違って回り舞台などの設備がありません。場面転換で幕が引かれることが多いのですが、それを逆手にとって幕が降りているときに花道から客席の間を周るという演出です。こうしたサービス精神は見る側として嬉しいです。

良かった。

ロビーのお花の一部です。

140110a2

チャリティー羽子板の一覧がありました。玉三郎さんのサイン入り羽子板など20枚ほどが写真で貼られていました。

140110a3
入札箱があって一番札の人がゲットして、お金は、東日本大震災の被災地に送られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の実践女子大英会話教室“都電”

今年の初授業でした。
年越しのホームワークがありました。新年のメッセージカードを作ってくることでした。私は、「交換するわけでもなし」というわけで、渡されていた白紙のカードではなくB5の用紙にパソコンでプリントして持ってゆきました。ですが、皆さんカラフルに作ってきました。私は、新年早々出遅れちゃったかな?
話題は、お正月の過ごし方でした。NOBUOさんはお風邪を召していたようです。お大事に!

YOKOさんは都電に乗って、お土産に“都電もなか”を持ってきました。

Win_20140109_191535_2

Byndia先生はこれはなんですか?と。YOKOさんが「トラム」と説明しました。ですが、Byndia先生は理解できていないようでした。日本のことにも精通している先生ですので発音が悪く理解できていないのかとも思いました。・・・・・「トラム」とカタカナ発音は、確かによくはありませんが・・・・・
辞書で調べました。トラム= tram はイギリスで用いられることが多く、アメリカでは“street car”が一般的であるとありました。Byndia先生にstreet carといったら「サンフランシスコにあるのと同じね」と即理解でした。アメリカ人ですので当然といえば当然ですが、イギリス英語とアメリカ英語は「よく使うのか使わないのかの差」ぐらいにしかわたしは思っていませんでしたので、意外と壁があるのだと感じました。それに、Tramtという外来語をネイテブに話すときは発音に気を付けないとかえって、聞きとれないのだとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初春花形歌舞伎“壽三升景清” 新橋演舞場

今年のお芝居初見物に行ってきました。(8日)
新橋演舞場に着く頃雨が降り始めました。劇場外には樽飾りです。

140108a4
ホールには鏡餅と大きな羽子板 

140108a2
羽子板は2メートルほどあります。羽子板の役者は、海老蔵さんです。

定式幕はかかっていません。舞台の上にさらに舞台が作られています。

140108a3
幕は海老蔵さんが襲名披露の時のものに“壽三升景清”と書かれています。

140108a1

演目は“壽三升景清(ことほいで みますかげきよ)” 歌舞伎十八番の『景清』『関羽』『解脱』『鎌髭』を通し狂言として上演されました。歌舞伎十八番とはいうものの、江戸時代に上演された時の台本等はすでに無くて、題目はあっても中身は新たに作ったと云って良いのでしょう。
景清は平家の武将で、源氏の世になってからの苦悩と解脱の物語です。立役者は勿論海老蔵さんです。獅童さんが良い役を貰っていました。舞台構成が斬新で、津軽三味線も取り入れられています。
最後の15分に、舞台の上に特別観客席が設けられていました。正座して見ておられました。私ならきっと足がしびれたでしょう。


筋書き(プログラム)には、歴代の上演記録が載っているものですが、初演ということで構成がいつもとは異なっています。

140108a5
表紙はお正月らしいデザインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月5日の“味の素スタジアム”

140105b1

140105b3
東芝vsサントリーの府中ダービーが行われた味の素スタジアムは、屋根が取り巻いていますので風の影響は少ないです。

先行入場の1時間前にはすでに列ができていました。

140105b2
列を作る場所には椅子がしつらえてあって、長時間の待ち時間でもさほど苦になりません。

試合前のイベントで、現役を退いた東芝の松田さんの顔が見えました。

140105b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(’13-14) 東芝vsサントリー 2nd第5節

試合開始1時間前の両チームキャプテンによるコイントス(味の素スタジアム)

140105a1

140105c1
前半6-0と東芝リードの10分に、東芝陣の22mラインン付近の東芝のラインアウトからの球出しのパスをサントリーのジョージ・スミス選手がインターセプトして、そのままゴールポスト下にトライ。コンバージョンも決まって 東芝6-7サントリー と逆転します。
前半18分にサントリ-小野選手が中央のギャップをついてトライ、29分には、東芝が左に展開して宇薄選手がトライ 東芝13 - 14サントリー と一点差になります。さらに、38分に東芝がペナルティーゴールを決め 東芝16 - 14サントリーで折り返します。

東芝のリーチキャプテンは、前半の早い時間で、接触プレーでよろめいて倒れました。結局負傷交替

140105a2
大事なければよいのですが

前半終了間際、サントリー22mライン付近で、東芝のカフイ選手がニコラス選手に強烈なタックルをみまいました。ニコラス選手はノックオン。このカフイ選手のタックルはすごい!!まるではやぶさが獲物を狙って急降下するように10m近くを爆走し、一発で吹っ飛ばしました。サントリーのニコラス選手にはカフイ選手の姿は見えなかったのではないでしょうか。長い間ラグビーを見ていますが、こんな強烈なプレーは記憶にありません。生で見ないと、この迫力は伝わってこないかもしれません。

前半で、逆転、再逆転の試合展開で、後半も、2回の逆転があって 東芝29 - 30サントリー で迎えた39分40秒で中央付近でサントリーがパナルティー。東芝はゴールを狙います。どよめきが起こりました。

140105c2
タイムアップのホーナンが鳴って東芝・小川選手がセンターライン越えの51mのキックです。かたずをのんで見守る中、ボールは、わずかに届かず、ノーサイドになりました。

試合後、サイン、写真撮影に応じるカフイ選手 随所に迫力あるプレーを見せていました。

140105c3
プレーからはかけ離れた柔和な笑顔です。サントリーファンも列を作っていました。怪我をしなければよいのですが、

東芝は密集付近でのボールコントロールが上手くなく再三タンオーバ―されました。それでも、カフイ選手のタックル、小川選手のスーパーブーツと見どころ満載でした。Aグループ5位で、プレーオフ進出には依然として厳しい状況が続いていますが、ともかくプレーオフ進出に向け残り2試合!爆発して欲しい。

東芝 29 - 30 サントリー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ラグビー(’13-14) NECvs神戸製鋼 2nd第5節

前半は、NECが1トライ、神戸が2トライながら得点はNEC10-12神戸と、神戸2点リードながらNECにとっては悪くない展開でした。

後半6分、NECはゴールポストほぼ正面でペナルティーを得ます。誰もが、13-12とリードしてナドロが入ってくると予想しましたが、名手ウェブ選手が外しました。逆にこの4分後、NECのゴールライン近くまで攻め上がった神戸はラックから橋本選手が右に飛び込んでリードを広げます。24分に神戸はジャック・フーリー選手が中央に切れ込んで差を広げます。
NECもナドロ選手がトライを返しますが、リスタートのキックオフのボールをナドロ選手で確保しようとしてオフサイドを取られるなど空回り気味となってしまいました。

神戸のべッカー選手は、身長208cmです。

140104b1
NECはラインアウトで苦労しました。浅野選手が子供のように見えます。
チームメイトのSHの猿渡選手は166cmですから実に42cmの差です。それでも一緒にプレーするラグビーの面白さです。

ジャック・フーリー選手(13番)はこの日も決定力を見せてくれました。

140104b2
ボール争奪でも体を張っていました。

NEC 17 - 33 神戸製鋼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(’13-14) キャノンvsパナソニック 2nd第5節

1stステージでは、キャノンが勝っています。この試合も接戦が予想されました。

140104a1
予想通り、両チームはディフェンで頑張ります。1ペナルティーゴールを取り合った3-3から、36分にパナソニックは、ヒーナン選手がキャノン22mライン付近から大きくゲインし、最後はバツベイシオネ選手がトライ、コンバージョンも決まってキャノン3-10パナソニックとなります。
こらえていたキャノンですが、前半終了間際に反則の繰り返しでパナソニックがペナルティーゴールで3点追加しました。この時ゴールポスト下で両チーム数人がトラブル、手は出していないので注意だけだろうと思ったらキャノンがシンビンになりました。結果は反則の繰り返しでしたが、スタンドから見ていると事情が分かりませんでした。

後半の立ち上がり5分に、一人少ないキャノンに対しパナソニックはモールからヒーナン選手がトライをあげ主導権をとります。キャノンは9分まだ一人シンビンから戻っていない状態でハビリ選手が暴力行為?でシンビンとなりました。あとは一方的な展開となりました。

140104a2
セルフコントロールできなかったキャノンの自滅です。前半30分ぐらいまでは見応えのある素晴らしい試合だったのですが、大差の試合となってしまいました。

キャノン 3 - 55 パナソニック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会

昨日は、兄弟が集まっての新年会でした。
新年会の主役は、孫でした。
おじちゃんが、口の中に指を入れ「ポン」と、ほっぺたを鳴らすと、孫に大うけです。

140102a1
孫も真似をしようとしますが、ほっぺたを鳴らせません。何回かのトライのあと、「ポン」とならすのはあきらめて、口をすぼめて唇を「ブルブル-」とならして対抗です。

孫は、自分よりおおきな“ぷーさん”のぬいぐるみを貰いました。

140102a2
あげる方は、「こんなに大きいから喜ぶ」という価値観でしたが、本人が気に入ったのはスノーマンの方でした。小さいですが、音楽が流れ、光が付きます。大きさより音楽が流れる方に関心がありました。

孫は兄弟大勢が集まったので、テンションが上がったようです。走り廻り続けていました。『疲れを知らない子供のように』という歌がぴったりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます

旧年中はお付き合いいただきましてありがとうございました。本年もよろしくお願い致します。

140101a1

今年は、1月から6月まで、月2回タブレット講座の講師、サブ講師の予定が組まれています。NHK学園のオープンスクールです。たった月2回ですが、以外と負担になります。
ラグビーの試合などを見に行くなどは、講座とバッティングしないことを祈るのみです。あちこち旅行などしたりは、日程の合間を見ながらどこまでできるかです。行きたい所、見たいことがたくさんあります。思うように旅行ができないフラストレーションがちょっとたまっています。8、9月にも講師の追加の話がありましたが、さすがにこちらは勘弁させてもらいました。トップリーグも始まりますしね。

防災士としての活動も、さらに地元密着を増やしてゆきたいと思っております。「災害を我が事として考える」という基本を地道に広げ、「汗をかく」活動をしてゆきたいと思っています。

「色々お話が来るあいだが花。どんどん受けたら!」と兄に言われました。私もそうは思います。ですが、やはり自分のペースで過ごしたい。「別に花は要らない」というのが現在の心境です。スローダウンして今年はゆきます。

取り留めもないブログですが、本年もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »