« 裏切の小早川らの陣 関ケ原合戦史跡6 | トップページ | 八王子城址 庭園発掘現地説明会 »

家康最後陣跡 関ケ原合戦史跡7

関ヶ原古戦場で桃配山から前線近くに陣を進めました。

130808c5

その跡は整備されて土塁をめぐらして中央に土壇があります。土壇には、天保12年(1841)に修復したと記された碑が埋め込まれています。ほぼ現在見る形になったのはこの年です。

130808c6

天保12年は外国船が日本近辺に姿を現すようになったころで、明治維新の27年前です。
ここで、西軍の首実検が行われ、その後2か所に埋められました。

東首塚

130808c7
文化14年(1817)の碑が大ケヤキの横に立っています。
朱色の神社の門が移築されていますが昭和になってからです。

西首塚

130808c8
こちらも大ケヤキがあり、土が盛られ五輪塔があります。東首塚に比べると以前はこうなのかなといった感じです。(了)

|

« 裏切の小早川らの陣 関ケ原合戦史跡6 | トップページ | 八王子城址 庭園発掘現地説明会 »

歴史・史蹟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家康最後陣跡 関ケ原合戦史跡7:

« 裏切の小早川らの陣 関ケ原合戦史跡6 | トップページ | 八王子城址 庭園発掘現地説明会 »