« 昨日、隕石落下を目撃 | トップページ | 英会話教室は休講日でしたが »

“エル・グレコ”展

ドメニコス・テオトコプーロスというのが名前でエル・グレコ(ギリシャ人)というのはニックネームであったというのは、今回の展覧会で知りました。「グレコ」と聞けばそうかもと思うのですが、気にしなければ全く気づきませんでした。
経歴の中で目に引いたのが、祭壇画を収めた教会との金銭トラブルが何回もあった事です。教会は型通りの絵を期待したのに対して、エル・グレコの芸術家としての自己主張が衝突の原因だったようです。
クリスチャンではない私にとって宗教画は、もう一つピンとこないのですが、会場には、“フランシスコ・ザビエル”の絵が出てきそうな雰囲気が漂っていました。

130226a1

展示が終わると“無原罪のお宿り”の祭壇風のミニュチュアがあって、どうやら記念撮影用らしいのですが、絵の前の壇に立つと絵が見えなくなります。私も含めて登壇する人を見かけません。写真を撮るだけです。“無原罪のお宿り”にお尻を向けてしかも絵を隠すというのはちょっと遠慮です。26日に行ってきましたが、それほど混んではいませんでした。

|

« 昨日、隕石落下を目撃 | トップページ | 英会話教室は休講日でしたが »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “エル・グレコ”展:

« 昨日、隕石落下を目撃 | トップページ | 英会話教室は休講日でしたが »