« ラグビー(´12-13)第13節 東芝vs近鉄 | トップページ | テレビ撮影でした »

初春大歌舞伎・夜の部(新橋演舞場)

1月3日に新橋演舞場にお芝居を見てきました。
縁起物も飾られ、

130103b2
和服姿の女性が多く、外国人も多くて正月らしい華やいだ雰囲気でした。

130103b1
ひらがな盛衰記 逆櫓

仮名手本忠臣蔵 七段目
祇園一力茶屋の場

釣女

忠臣蔵の七段目は、内蔵助が遊びで敵を欺きながら、スパイを成敗するお芝居ですが、皆さんそうでしょうが、手紙を盗み見される場面がとても面白いです。内蔵助の役は、團十郎さんが体調不良で幸四郎さんがつとめました。
おりから江戸東京博物館では、「浮世絵の中の忠臣蔵」展をやっていました。

130103b4
七段目の浮世絵です。

舞踊・釣女では、醜女を三津五郎さんが演じましたが、その姿から三津五郎さんのお顔がどうしても連想できません。場内は笑に包まれました。三津五郎さんの踊りはさすがです。

帰り際には、新橋演舞場横のお稲荷さんにお参りしました。

130103b3
これが私の初詣になりました。


 

|

« ラグビー(´12-13)第13節 東芝vs近鉄 | トップページ | テレビ撮影でした »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初春大歌舞伎・夜の部(新橋演舞場):

« ラグビー(´12-13)第13節 東芝vs近鉄 | トップページ | テレビ撮影でした »