« 三菱重工vs豊田自動織機(ラグビー・トップチャレンジ1) | トップページ | ラグビー(´12-13)第13節  リコーvsヤマハ »

コカ・コーラvsクボタ(ラグビー・トップチャレンジ1)

コカ・コーラウエスト 37 - 31 クボタ

130105b1
8分、25分、29分とクボタがトライをとり、早くも4トライのボーナスポイントへあと1トライと大きくりードします。コーラは自陣22メートル付近で無理なクイックスローから失点するなどクボタの攻勢に押されて落ち着きに欠けた戦いです。
しかし、36分にクボタに反則の繰り返しでシンビンが出るとコーラは築城(昌)選手がトライをあげ、さらにペナルティーゴールで10ー22と追いかけます。

130105b3
後半に入ると、2分にコーラは福田選手が右にトライ、18分に平原選手がトライ、ゴールも決まって27-25と逆転に成功します。直後の22分にクボタはゴールポスト正面から立川選手が難なくペナルティーゴールを決め再逆転しました。しかし、29分にクボタは反則の繰り返しから

130105b5_2
この試合2枚目のシンビンとなり。きっちりコーラはペナルティーゴールを決めます。再々逆転です。
後半のコーラは前半とは別チームのようにスピードにのった攻撃、自陣22メートルライン内からも簡単には蹴らず、フォワード戦でも優位に立ちました。38分にもトライを追加します。
残り時間が1分ほどのクボタのリスタートのキックオフのボールをコーラはドライビングモールで30メートル前進し、残り10秒としました。しかし、ここからクボタがターンオーバします。タイムアップのホーンが鳴った後、更に攻めコーラの反則を誘います。トライを狙って4トライ+7点差以内の勝ち点2を狙う選択もあったのですが、勝ち点0の可能性も高く、ペナルティーキックを選択して貴重な勝ち点1を得ました。賢明な選択だったと思います。何しろ3試合しかないわけですから勝ち点の積み上げは大切です。

後半22分

130105b4
コーラは西浦達吉さんを投入しフォワードがさらに勢いづきます。
クボタを後半ノートライに抑えたコーラが鮮やかな逆転勝ちで勝ち点5としました。

|

« 三菱重工vs豊田自動織機(ラグビー・トップチャレンジ1) | トップページ | ラグビー(´12-13)第13節  リコーvsヤマハ »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コカ・コーラvsクボタ(ラグビー・トップチャレンジ1):

« 三菱重工vs豊田自動織機(ラグビー・トップチャレンジ1) | トップページ | ラグビー(´12-13)第13節  リコーvsヤマハ »