« 11月28日の歴史秘話ヒストリアの“頼朝” | トップページ | ラグビー(´12-13)第9節 東芝vsヤマハ in熊谷 »

鶴岡八幡宮の大銀杏の今 (2012年11月)

2010年3月に鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れました。源実朝を暗殺した公暁が隠れていたという伝承を持つ銀杏がその後どうなっているか?寄ってみました。
石段の左に幹が「がんばれ大イチョウ」の看板とともに・・・・、書き込みもあります。 

121129a1

もとの銀杏は注連縄で囲まれていました。

121129a2_2

121129a3

そして1本の枝が・・・・・ほかにも出ていたと思われる枝は剪定され、この枝が幹として育ってゆくことになるようです。今はまだ60,70センチぐらいです。

|

« 11月28日の歴史秘話ヒストリアの“頼朝” | トップページ | ラグビー(´12-13)第9節 東芝vsヤマハ in熊谷 »

歴史・史蹟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡八幡宮の大銀杏の今 (2012年11月):

« 11月28日の歴史秘話ヒストリアの“頼朝” | トップページ | ラグビー(´12-13)第9節 東芝vsヤマハ in熊谷 »