« 防災隣組・はしご登り訓練 | トップページ | AEDの扱いと屋根応急対応(防災隣組) »

“梅ちゃん先生”と“平清盛”

NHKの朝ドラ“梅ちゃん先生”が昨日で終わりました。別編がBSであるようですが、終わるのが惜しい気持ちでした。ストーリーの展開が読めない。どうなるのだろう?の連続でした。テンポも良かったです。そしてリアリティーがありました。時代の空気を見事に再現していました。
その対極が大河ドラマの“平清盛”です。視聴率の低迷は何が理由なのかはわかりません。「画面が汚い」といった批判がありましたが、画面の作りだけとは思えません。
私は“平清盛”が始まるのを期待していました。源平争乱の史跡も多く訪れていました。ですが、第1回でいきなり嫌になっちゃいました。冒頭のシーンだったでしょうか、頼朝が鎌倉で平家滅亡の知らせを受けた時の事、喜ぶ家来を「武士の世の中になったのは清盛のおかげ」とたしなめたシーンでした。
無念の死を遂げた父・義朝の供養のお寺の上棟式での最中でした。この点は史実です。しかし、吾妻鏡が伝えるところでは、「頼朝は感極まって、ただ鶴岡八幡宮に向きなおるのが精いっぱいで言葉にならなかった。」としています。そうだろうと思います。平家に苦汁を飲まされてきた頼朝にはNHKのドラマのようなことはありえないことです。
また、平治の乱では清盛と義朝が戦線を離脱して一騎打ち、挙句の果て清盛が義朝の首に剣を突きつけながら逃がす。バカバカしいの一言です。あほらしい友情物語に仕立てています。

清盛に会ったり、話をした人は今は誰も生きてはいません。ですから、もう少し見てきたような嘘を描いてほしいのです。あまりにもリアリティーがなさすぎです。というより、この時代を「バカにしている。」とさえ感じます。
時代の雰囲気を伝えた“梅ちゃん先生”と落差があまりにも大きすぎます。
義朝を祀った鎌倉の大御堂には、学生時代に行ったきりです。嫁さんに付き合って冷やかに見ている“平清盛”に少しでも効能があるとすれば、この大御堂の跡をもう一度訪ねたいという気持ちが強くなったことでしょうか。近々行こうと思っています。

|

« 防災隣組・はしご登り訓練 | トップページ | AEDの扱いと屋根応急対応(防災隣組) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “梅ちゃん先生”と“平清盛”:

« 防災隣組・はしご登り訓練 | トップページ | AEDの扱いと屋根応急対応(防災隣組) »