« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

防災隣組・はしご登り訓練

今日は、防災隣組の訓練でした。はしごで屋根に登る訓練をしました。私が住んでいる地域は多摩直下型地震、立川断層型地震では、震度6弱が想定されています。
東日本大震災の気象庁発表の私の市は震度5弱でした。ご近所で瓦が落ちた家がありました。「地盤などの条件で震度は変わってきます。私たちの住む地域の一部では震度が1ランク上にあがって揺れがおおきくなる可能性があります。」という私の警告がそのまま現実となり、震度5強~6弱に相当する震度となりました。
来るべく想定される地震の震度が6弱ということは私の住む地域の一部は震度6強はみておかなければいけません。

私は東日本大震災の2か月後に仙台へ行きました。

Photo

郡山を過ぎたあたりから屋根瓦が落ちてブルーシートがかかったままの家が多くあるのを新幹線から見ました。更に今夏岩手へ帰郷した方から、「瓦職人さんの手がまわらず、いまだに屋根にブルーシートの家があって驚いた」との話を聞き、私も驚きました。

多摩直下型地震では、避難者が東日本大震災の5倍、阪神淡路大震災のじつに10倍近くです。被害規模が全く違います。屋根瓦が落下したら、修復するのにどのくらい待てばよいのか見当もつきません。そうした共通認識を持って、まず、屋根に登る訓練をしました。

120929a1

宅地そのものが道路より1mほど高くなっていますので総2階の家の屋根は高く感じます。さらに雛壇型の宅地ですので区画によって登り方が変わります。2階のベランダから登れるご家庭もあったり、屋根の形状が複雑だったり家ごとに違いました。そうした個別の情報は大切です。

120929a2

伸縮はしごは、油がさしてなく伸ばすときに苦労しました。さらに操作用のロープが切れたりでメンテが必要であることが大切であることがわかりました。(梯子は我が家のを使いました。つまり私のメンテが良くなかったということです。まだ他の家庭が伸縮はしごを持っていて隣近所マップに記載してあります)
ロープをかけてみたのですが、持ってあがったら絡まったりもしました。今日は屋根にロープを渡してみた所まででしたが、ご近所が協力して行う大切な訓練であることを実感しました。

120929a3

国が防災訓練をし、市も訓練をし、町内会も訓練をします。初期消火や救命講習などのプログラム化された訓練は必要ですが、もう一つ小さい単位での訓練が必要です。隣組の訓練です。実はこれが一番大切だと思っています。今回の訓練を通じてその大切さを参加者が再認識しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソニー・ビル・ウィリアムズではなくて

来日してパナソニック・ワイルドナイツに入団したSBW。ラグビーマガジンではソニー=ビル・ウィリアムズとなっていましたが、そのラグマガに「サニーです。(ソニーではなかった)」と、ご本人が名のった発音はサニーに聞こえたようです。“Sonny Bill Williams”の文字でソニーとカタカナ表記されたのでしょうが、私もこれからはサニーにします。(以前からサニーと表記しているサイトもあります)

1年で帰りますので、しっかりサインを貰っておかなくっちゃ!
ボールにサインをしていただけますか?は
“Could I have your autograph on this ball?”
文頭に付ける名前は“Sonny サニー”で行こう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

歌舞伎座再開まで半年

新橋演舞場の昼の部と夜の部のインターバルが1時間ありましたので、買い物とついでに歌舞伎座を見に行ってきました。

120924b1

前の歌舞伎座と印象がほぼ同じです。建物の高さが、ちょっと高くなったのでしょうか?外壁の白さがまばゆいです。

120924b2

後背面に立つ高層ビルと一体になっているようには見えません。再オープンまで、あと半年ほどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秀山祭九月大歌舞伎

120924a3

昼の部

菅原伝授手習鑑
寺子屋 ~寺入りより いろは送りまで~

天衣紛上野初花
河内山

夜の部

時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)

京鹿子娘道成寺 ~鐘供養より押戻しまで~

24日、千穐楽の一日前に見てきました。“時今也桔梗旗揚”のみが初観劇でした。明智光秀の謀反劇が題材です。主殺しですが、光秀が恥辱に耐えるという、今に伝わる設定が江戸時代の文化年間に既に上演されていたということは、作者の四世鶴屋南北の力量を示すものだと感じます。

館内では初代吉衛門さんの写真

120924a2_2

昨年亡くなられた芝翫さんの写真

120924a1

この日の娘道成寺は長男福助さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボールOYG(オヤジ)デーで秩父宮に立つ

22日の秩父宮で“ボールOYG(オヤジ)デー”に参加しました。 ボールボーイならぬボールオヤジとして、サントリーvsキャノン戦の後半に秩父宮のピッチに立ちました。
試合開始前に集合して持ち場を決めた後、後半担当となったので「試合を見たいでしょう。前半終了10分前に再集合してください。それまでは試合をご覧になって下さい。」との事で、バックスタンドの仲間の所へ行きました。

120922a1

最初はちょっと恥ずかしかったのですが、5分と経たず慣れてしまいました。「写真を撮ってね。」と頼んで再び控室へ向かいました。

「緊張しますね。」と言う方もおられましたが、私は特に緊張することもなく、ただ、真剣勝負の中に入るので「観客の立場ではない。」と自分自身に言い聞かせました。

ハーフタイムになりバックスタンドへ向かうと、

120922a2

仲間から「カメラの電池が切れた!」とスタンドから声をかけられました。内心は「アララ(。>0<。)なんということだ」とは思いながら「観客席と会話するのはもってのほか」と、そのまま前を向いたまま無言で持ち場に行きました。

持ち場に着くと、

120922a3

Jスポーツの集音マイクを持った方がいましたので「こんばんは、お疲れ様です。」と、ご挨拶。集音マイクさんも、口パク状態で「こんばんは」。そして集音マイクを指して「音を拾うので、ご注意」と意思表示しました。私もジェスチャーで「了解」 と、・・・・・その時、お見知りの方がフェンスから身を乗り出して「ボールオヤジ!頑張って!」と大きな声で声援を送ってくれました。声援は嬉しかったのですが、場が悪かった (゚ー゚;  今更この声はなかったことにするわけにもいかず、おもわず集音マイクさんと顔を合わせて声を立てずに笑ってしまいました。 というわけで声援には応えませんでしたが、応えられない事情がありましたのでご容赦くださいネ。(放送を確認したところハーフタイムで、この声は電波に乗らずに済んだ感じです)

いよいよ後半が始まりました。年間30試合以上見ますので、ボールがどう動くか予測はできます。落ち着いてできました。ラインアウトでサントリーの青木さんにボールを渡すとき、目の下が青タンで痛々しかった。きっとご本人は「こんなの当たり前」ぐらいなのでしょうが、私は思わず一瞬ですが、ジーっと見てしまいました。
ラインアウトの時にボールを手渡しするのは慣れたのですが、初めてのスクラムの時は、ピッチに入って行きボールを手渡ししようとしたときキャノンの福居さんが私に向かってきました。「待っていないということは急ぐのか?」手渡しではなくパスして渡そうか?と迷っていながら、気付いたらパスしてしまいました。至近距離2mからなんとワンバウンドのパス!こんなところからショートバンウンドを放るのかと、私自身アレッと思ったのですが、福居さんノックオンすることもなくキャッチ!さすがです。

ボールがタッチを切って試合が止まった時は立って走りますが、試合が継続しているときは、アシスタントレフェリーについてフェンス際を観客席から見えないように中腰で走ります。結構負担です。ターンオーバされると、当然思いっきり反転になります。

ノーサイドになり協会の方から、「合格」の判定を貰って「メインスタンドに戻る時、芝の傷んだところを直しながら戻ってください。」といわれました。バックに来るときはピッチの外を回ってきましたので、「ピッチに立つ経験を味わってください。」との配慮だったような気がします。ありがとうございます。

楽しい時間でした!!

ラグビー選手のフィットネスは人間業ではないですね。私はあれしきのことでまだ筋肉痛が続いています。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第4節 東芝vsパナソニック

東芝32 - 22パナソニック

120922b1

120922b2

東芝は前へ前へ出てパナソニックを押し込みます。前半で3トライをあげます。これに対しパナソニックはラインアウトのサインプレーからソニービル・ウィリアムズ選手が来日初トライをあげます。トライ数で3本対1本で東芝はパナソニックに差をつけますが、キックがまったくの不調で東芝15-10パナソニックと差がなかなか開きません。
後半開始早々4分に東芝は相手5m付近のラインアウトでキャッチしたボールをベイツ選手に返してトライ。ベイツ選手が、こぶしを握り締めてガッツポーズしました。あれだけガッツポーズするのは珍しいです。前半のソニービル・ウィリアムズ選手のラインアウトでのサインプレーに対して、やはりラインアウトのサインプレーできっちりお返しをした「してやったり」のトライでした。
後半22分にも東芝はモールを押し、大野選手がボールを持ち出して相手2人をものともせずインゴールでボールダウン。後半はキックも入った東芝が、パナソニックに勝ち点を与えず勝ちました。
ソニービル・ウィリアムズ選手

120922b3

身長は193cmですが数字以上に大きく見えます。1人でタックルにいっても簡単にオフロードパスを投じます。身のこなしも柔らかく、走り出してからトップスピードになる加速力もすごいです。前半、外にいた田邊選手に頭の上を通るパスを投じました。(田邊選手はキャッチできませんでした)日本人選手の身長が感覚としてまだつかめず、今まで通りの感覚でパスしたように感じました。慣れてきたら益々怖い存在になります。

120922b4

東芝らしさが出ました。そしてラグビーは“格闘技”の素晴らしい試合を見させてもらいました。激しい試合でした。ぶつかり合う迫力!見ていて思わず「痛い!」と身を硬くしてしまうことが何回もありました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今日は防災講師、ハードな一週間でした

今日は、市内の自治会主催の防災訓練会に講師として呼ばれ、2時間講演しました。2時間たっぷりでしたので時間配分に気を付けながらジャスト2時間で収めました。2時間話し続けましたが、疲労も何も感じなかったのですが、家に帰ってから嫁さんに「声が少しかすれているね。」と言われました。市民センターの小体育館に100名を超す方が雨の中おいでになりました。

120923a1

始まる前に機器設定が終わって時間があったので写真を撮りました。プロジェクターとの接続ケーブルが短く講師席が変則です。この後、多くの方が詰めかけてくれて席が埋まり後方に椅子を追加しました。
東京都から助成金も出ていて、結構強い雨に出足を心配なさっていた自治会の方も、多くの方の来場に喜んでおられました。そして私の講演内容にも満足なされていました。「エッヘン!。」講演内容については、また、別の機会に触れたいと思います。
それにしてもハードな一週間でした。パソコン教室の講師、娘が里帰りで2泊し、その送り迎え。ご近所の方の快気祝いでカラオケ店で小パーティー。英会話教室と打ちあげ懇親会。SOHOの交流会の幹事、交流会の後、二次会。昨日は、後援会の最終打ち合せが午前中あって、パワーポイントの追加をラグビー観戦から帰宅してしました。そしてその秩父宮ではボールボーイならぬ“ボールオヤジ”。今日は講演のあと午後はたっぷり眠てしまいました。
明日は昼の部、夜の部、1日中歌舞伎見物です。1日中お芝居を見るって、すき好んでするのですが結構疲れます。明日は芝居中“コックリ”しないようにしなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の実践女子大英会話教室 “ミッドナイト≠深夜”

2012年の4月開講コースも今日が最終授業でした。ホテルの中のレストランの営業時間の案内を見ながら質問に対して答えるという内容でした。
その中で、閉店時間を“At one o'clock in the morning.”と答えてるフレーズがありました。夜中の1時は“朝なの? 真夜中がふさわしいのでは?”と日本人の私は当然思いました。そして英語圏の“morning”と日本語の“朝”はどこか違うのでは?と思い、「midnightとは言わないのですか?」と質問したところ、「midnightは夜中の12時のことで、漠然と夜中を指す言葉ではない」とのことのようです。ミッドナイトは深夜とイコールではなく、morningはイコール朝ではないということです。文化の違いを感じました。

最終授業ということで、時間の都合がつかなくて次期へ継続できない方もおられたので、授業が終わってから居酒屋さんへ行きました。年齢は多少違っても同級生です。話が盛り上がって2時間半ほど、時間がたつのも忘れていました。もちろん話の中心は“英語・英会話”です。この話題でお酒を飲めるというのも幸せだなと感じました。カメラを持っていきながら、話に夢中になって写真を撮るのを忘れてしまいました。アラララ・・・・・・。
今回継続できなくとも、ぜひ時間の都合をつけていただいて、来年4月にはまた一緒に英会話を楽しみましょうと話して解散しました。同窓生は良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマン・カレホユック遺跡(トルコ)

先日、17日の“中近東文化センター博物館は閉館?”の記事の中で「カマン・カレホユック遺跡の発掘調査が終わった。」と書いたところ、タイミングが良いのか?悪いのか?今日の読売新聞に“アナトリア発掘最前線 上”として、カマン・カレホユック遺跡の発掘調査の成果が文化面に載っていました。この遺跡に関心を持っている人にとっては、特に目新しい内容ではないのですが、「27年に渡って発掘調査を続けている。」と現在進行形になっていました。
JKAの7年に渡った補助事業が終わったので、センター付属博物館の一般公開終了もあったので、私は、発掘事業が終わったと勘違いしたようです。
人類の鉄使用開始の歴史に関わる興味深い遺跡です。「ヒッタイト以前に鉄は作られていた。」という、かつての定説を覆した遺跡です。26日の特集がどんな内容なのか興味津々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビーワールドカップ2015 カウントダウン開始

次回のラグビーワールドカップはイギリスで2015年9月18日に始まります。“キックオフまであと3年”のカウントダウンが始まりました。
日本はワールドカップに全大会参加しています。ある意味すごいことですが、1勝2分け負け数は省略の戦績です。ともかくワールドカップで勝利の瞬間を見届けたい!その一心です。
2015年のワールドカップでは280万枚の切符用意され、外国からのラグビーファンが40万人イギリスに行くものとみられています。
“あと3年”長いようで短いかな?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のパソコン教室

8月までの生徒さん皆さんを、より上級のコースに送り出したら、生徒さんが減ってしまい今日は生徒さんが3人でした。3人のレベルもちょっと違うので、進行を同じにすることはできません。生徒さんが少ないことを逆手にとって、生徒さんの一人をマンツーマンで教えました。
じゃ、ぢゃ、きゃ、きゅ、きょ、うった、マークなど拗音、促音、長音の練習でした。こうした音を含んだ単語を2時間打ち続けました。
私は、さぞや途中でやんなっちゃうだろうと思ったのですが、「面白い」とおっしゃりました。こうした“音”が漢字になってくれることがうれしいとのことでした。こちらの感想を一方的に持ってはいけないですね。
さすがに2時間やって疲れたようで、「肩が凝った」と笑っていました。お疲れ様でした。

他のコースが生徒さんが増えて応援依頼が発せられました。応援したいけれど、予定も入っているし・・・・、ちょっと責任も感じているし・・・・。困りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中近東文化センター博物館は閉館?

三鷹市にある中近東文化センターは、長らく耐震工事のため閉館していました。この間、ギャラリーメイトを対象とした講演会が何回か開かれ、楽しんできました。
工事も終わり、9月15日に再開館する旨お手紙をいただきました。それは良かったのですが、文末に来年の3月をもって博物館の一般公開は終了します。となっていたのにはショックでした。
7年続いたトルコのカマン・カレホユックの発掘調査も終り、その発表も楽しみにしていましたし、新春1月11日より出光博物館で“中近東文化センター改修記念 オリエントの美術”展が開催されますので、再開を祝しての展覧会と思っていましたのでショックです。
まだ、ホームページには9月15日の開館のお知らせは載っていますが3月の事は触れられていません。現在開かれている企画展についても触れられていません。一般公開はしなくてもギャラリーメイト制は続け、その範囲内での活動はするならまだよいのだけれどとまだ、淡い期待はしています。
6月に寛仁殿下が亡くなられたことが影響しているのでしょうか?期待が暗転してショックです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラグビートップリーグ(’12-13)グッズ 第3節でゲット

第3節は、豊漁でした。(笑)

何しろ、リコーのマスコットボールをキャッチできたからです。キャッチしたというより、座席に転がり込んできました。

120916a1

大きさ比較の為に名刺を添えました。

120916a2

その日の出場選手の番号がしっかり貼ってあります。河野選手のサイン入りでした。14日の試合は河野選手の投入がワンポイント遅れました。残念です。

120916a3

リコーの応援手ぬぐい(大判)と中央下はファンクラブのスタンプラリーでのプレゼントです。

シャイクハンズのピンバッチは神戸製鋼とキャノン、それにスタンプラリーでもらった10周年バッチです。

120916a4

この10周年バッチがないとコンプリートにはなりません。それにNTTドコモのチーム券です。

120916a5

NTTドコモは団扇でした。「応援フラッグは、ファンクラブに入っていなくとももらえますか?」と質問された事があります。たいがいはもらえます。神戸製鋼は、この日むしろ積極的に配っていました。
東芝は大きなフラッグにになってからはリユースをお願いしていますから、後援会員でなくては難しいかもしれません。後援会費が1,000円ですから会員になった方が早いと思います。

そうそう、グッズではないのですが、NTTドコモさんからは、ミネラルウォーターを貰いました。飲まないで置いていたら、近藤さんから「ブログに写真を載せるの?」と聞かれました。単に、ビールを3缶も飲んでしまったので水を飲まなかっただけです。ラグビー観戦の日が休肝日に当たった場合は飲みませんので、飲んだり、飲まなかったりしています。

キャノンのフラッグは前節とは違っていました、Ver2です。

120916a6

(写真)上が今節に配られたフラッグです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ラグビートップリーグ・9月15日in秩父宮

第3節の秩父宮です。
第1試合キャノンのマスコット、イーグル君

120916b1

第2試合NTTドコモの応援チェアガール

120916b2

ラクササイズも紹介されました。

120916b3

120916b4

ラグビーボールを使った体操です。

パラリンピックのラグビーチームも紹介されました。せっかく会場に来て紹介されているのですから、退くときにバックスタンドにも向けて手を上げるなどして欲しかった。観客はバックスタンドにもいますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第3節 東芝vsNTTドコモ

東芝 64 - 12 NTTドコモ

120915b1

120915b2

トライを獲るまでは時間がかかりました。しかし、先制トライは東芝らしく、

120915b3

23分モールを押してリーチ選手が左にトライ。28分にもモールを起点としてベイツ選手が飛び込んでトライ。吉田良平選手がコンバージョンを決めます。
東芝はなおも33分に左に立川選手がトライ。前半終了のフォーンが鳴った後、さらに渡邊太生選手がトライを上げ前半だけで4トライ上げました。
NTTドコモは後半15分、東芝陣内5mのラインアウトから攻めて千布選手がトライを上げますが、NTTドコモの2トライに対し東芝は10トライの猛攻でした。
東芝は、ヒル選手、森田選手をけがで欠きましたが、リーチ選手が先発し、ベイツ選手、大野選手、望月選手と縦を突く東芝らしさが出ました。初戦、第二戦と、もう一つ東芝らしさがなかったのですが、ようやくすっきりした勝利となりました
マンオブザマッチは仕事人ベイツ選手でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第3節 キャノンvs神戸製鋼

キャノン 22 - 32 神戸製鋼

120915a1

神戸製鋼は前半5分あっさり先制し、9分にもキックオフのボールをキャッチしたキャノンから奪いパスをつないでそのまま右隅にトライ。
13分にはキャノンが神戸陣深く迫ったラインアウトのボールを奪い逆襲、前川選手が大きくゲインして、最後は外に2人残してフーリー選手が左に飛び込んでトライしました。キャノン3-19神戸製鋼と序盤で思わぬ差がつきました。
キャノンは27分に連続攻撃から和田選手がトライ。難しい角度のコンバージョンを決めますが、神戸製鋼は38分にまたもやフーリー選手がキャノンのディフェンスを突き抜け中央にトライを上げ前半をキャノン10-26神戸製鋼で折り返しました。フーリー選手のトライは二つともトップスピードになったっところでパスを受けています。

大差がつく恐れもありましたが、後半はキャノンのゲームでした。5分カウンター攻撃からトライ。20分にスクラムから湯澤選手が持ち出してトライ。コンバージョンも決まって1トライ差に追い上げました。しかし、39分神戸製鋼は森田選手がドロップゴールを決め勝敗は決しました。ドロップゴールの判断は見事でした。キャノンは7点差以内を目指してなおも神戸製鋼に攻め込みますが最後パスがつながらずノーサイドになりました。

マンオブザマッチはジャック・フーリー選手。

120915a2

キャノンは、序盤の出来が悪すぎました。ミスと反則、ラインアウトは獲られ、チャージはされる。ですが、後半は神戸製鋼をノートライに抑え、勝敗はどちらになるかわからない接戦に持ち込みました。

120915a3

今後が楽しみなチームです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第3節 サントリーvsリコー

リコー 19 - 37 サントリー 

120914a1

120914a2

立上り、リコーがサントリーのゴールラインに迫り、ペナルティーを得ますがPGを狙わず速攻を仕掛けましたが取りきれませんでした。するとサントリーは、5分にリコーのペナルティーから速攻を決め5-0とリードします。立上りの明暗が分かれました。
この後、試合はほとんどサントリーがリコー陣内に攻め込んで進めました。1トライを追加したサントリーに対して、終了間際リコーはPGを狙いますが外れて前半を リコー0-15サントリー で終えます。

後半8分、リコーはPGを狙いますが、

120914a4

ゴールポストに当たって失敗します。それでも10分にラインアウトからまわして左隅にトライを獲ります。しかし、その後はサントリーが先手先手と攻めて危なげなく勝ちました。
前半終了間際と後半の立ち上がりの2本のPG失敗でリコーは流れに乗れませんでした。
サントリーのダニー・ロッソウは後半29分に入ってわずか3,4分でシンビンになりました。

120914a5

リコーのトライを背にシンビンで退くダニーロッソウ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の実践女子大英会話教室 “まかせるわ”

10月から始まる後期に受けようかな?の参考にするための体験学習の方が2名、見学の方が2名お見えになりました。
授業は、「待ち合わせ時間、場所の会話」でした。例文の学習のあと、体験学習の方2名と併せて4名で、ショートストーリーを作って発表することになりました。音楽が好きですか?から始まって桑田佳祐のコンサートに行くことにしたのですが、“I love Keisuke Kuwata”のフレーズを入れたら、体験学習の方が、「“Love”はとても使えない・・・」と言われたので、「アメリカ人は“Love”をフランクに使いますよ。だぁ~ぃ好きは、“Like”より“Love”のほうピッタリなんですよ、この教室で教えてもらいました。」と答えました。体験学習の方も何回か授業を受けると“Love”を自然に使えるようにきっとなると思います。それにしても「“Love”はちょっと言えません。」と言った時の硬い表情が印象に残りました。

時間、場所を決める時「まかせるわ」は、“It's up to you"です。「まかせる」を辞書で引いても、まあ、出てきません。「I depend on you」ではどうですか?と質問しました。硬い表現で、こうした会話には使わないそうです。ニュアンスも違うのでしょう。学校では習ったイディオムは硬い表現が多いので、確認の意味で質問しましたが、やっぱりでした。

| | コメント (0)

webサイトのiPad版とWindows版の違い

iPadの講師用講習を受けて、iPadに関してなるべく多くの質問に答えられるよう、いろんな場面で使っています。
同じwebサイトをiPadのブラウザで見た時と、app store(無料)でダウンロードした時にどのような見え方をするのかもウォッチしています。
レーダーで降雨の状況がわかるwebサイトで“東京アメッシュ”があります。大雨の時や、突然の雷雨がいつ止むのか?を知りたいときによく利用します。今日比較しました。iPad用にチューニングされた方が良いことにちょっとびっくりしました。

こちらがiPadのブラウザで見た“東京アメッシュ”です。

120912a1

薄い水色は弱い雨が降っている地域です。三鷹駅周辺です。が、市の境界があるのみでちょっとわかりずらいです。

次は、パソコン(Explorer)で“東京アメッシュ”を見た画面です。

120912a3

鉄道路線と市役所の位置が入っています。(時間が違ったので雨は上がっています。)少しは見やすくなっています。

最後にiPadのapp storeから無料でダウンロードした画面です。マップの上に降雨地域が重ねられていてわかりやすいです。

120912a2

これに依れば三鷹駅は雨は降っていないけれど吉祥寺、西荻窪は弱い雨が降っていることがわかります。

やはりipad用にダウンロードされた方が使い良いですが、私のお気に入りのwebサイトではまだまだそうした対処がされているのは少ないです。時間が必要なのでしょう。
You Tubeがipad用にリリースされたとニュースでありましたが、今日見たら、トップ画面が変わっていました。

|

ラグビートップリーグ(’12-13)グッズ 第2節でゲット

第2試合のシェイクハンズも第一試合の始まる前に一緒にお願いしたいとの希望はありますが、現実は第一試合の途中であります。8日の第2試合に九州電力が登場しました。九州電力が秩父宮で試合をするのは唯一この日だけです。ピンバッチを貰うチャンスはこの日を逃すとほとんどありません。

120908c1

第一試合を途中で抜け出してもらいました。

応援フラッグ

120908c2

九州電力の応援フラッグを貰いました。比較してみると結構大きいです。キャノンの応援フラッグは小さく見えますが、標準サイズかもしれません。東芝のフラッグの大きさは別格です。

応援タオル

120908c3

サントリーの応援タオルが大きくてしっかりしています。東芝は野球、バスケと共通です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン教室のアシスタント講師

毎週火曜日は、パソコン教室のアシスタント講師をつとめています。8月で1クルーが終わり、今月から新たに始まりました。8月で修了して生徒さんの中でステップアップした講座に移る方が6人ほどいたにしては、新たな受講者が少なく、少人数になりました。
今日はワードでの文字入力の基本でした。「“全角”“半角”の違いがわからないので教えてください。」と質問がありました。別に疑問などに思わず当たり前に“全角”“半角”の言葉を使っていましたが、確かに「角度が半分?」と思うと意味が分からなくなることは確かです。新鮮な質問でした。
生徒さんのお一人が、「年賀状をパソコンで作りたいのですが、この講座でできますか?」と聞いてきました。「この講座の中で12月初めに実際に年賀状を作ってもらいます。」と講師が説明したところ、「年賀状を作るのが目標なのでよかった。」とにこやかにほほ笑みました。「満足のいく年賀状を作ってもらおう。」と私も応援する気持ちがより強くなります。今は「ぎゃ」「じゃ」「っ」などの文字入力の練習ですが3か月後にお気に入りの年賀状を作って笑顔になっている姿が想像されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフコンペに不適切な名前

今日はマイコースでのゴルフコンペに参加しました。今年の夏前から近所の東芝に努めていた方からゴルフの誘いがあって、何回かプレーをしていて、その流れでコンペにメンバーとして入りました。
世の男性は、会社人間が多く、会社を退職した途端、お付き合いをする人がいなくなるケースが多く見られます。私は早くから地元の人との付き合いを大切にしてきて、会社つながりを頼りにはしていませんでした。もちろんつながりが全くなくなることはありませんでしたが、ウェイトは小さいものでした。それが、会社つながりに頼るのではなく、実際の仕事のつながりも全くなくても会社の名前だけで、つながってくるようになりました。それが今日のコンペでした。

コンペ集合の際にアナウンスがありました。「東芝OB会の方は、マスター室前にお集まりください。」 OBは勿論“old boy”ですが、何やら“out of bounds”が連想され、コンペ会名としては、「?????」 会社を卒業したつもりが結果として復学に向け動き出した感じです。(笑)  ゴルフは皆さん上手いです。以前なら「働いていないからうまいんだ」と軽口をたたきましたが、リタイアした今は言えなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ipad講師養成講習会

昨日9月9日は、ipad講師養成講習会の2回目でした。「講師云々」より、他社タブレット端末との違いなどを知りたかったのと、どんな使い勝手なのかを知りたかったというのが最大の動機でした。そんな動機の私にお構いなく、「受講者が講師となって使い方を説明する」時間もありました。
1回目の講習会の後、ipadが無くては話にならないので、ipadを買いました。というか、嫁さん用に買ってあげました。今まで私にパソコンを教えてと云ってますが、なかなか進みませんでした。ipadを触ってみて「これは簡単で良い」とお気に入りのようです。基本設定とよく使うサイトをホーム画面に入れていたので簡単なのはあたりまなのです。
パソコンなど、ツールを使うのにスキルが必要というのは本来おかしく誰でも簡単に使えなくてはならないと思うのですが、現実はまだそこまで行っていません。嫁さんにipadのビギナーズの解説書を読むように言ったら手にしていました。私と娘のブログをワンタッチで見れるようにもしておいたのですが、娘のブログは何回も見るけど、私のブログは「ラグビーばっかりでつまらない。」なんだそうです。 アラララ。

120909a1

別売のスマートカバーと布製のケースは、嫁さんお気に入りの「青」です。 
講習会が終了して、簡単な打ち上げを行ったのですが、皆さん良い色だと言っていました。当面嫁さん相手に無料のipad講習会(笑)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第2節 サントリーvs九州電力

サントリー 34 - 29 九州電力

120908b1

120908b2

私は受付の方が気持ちよく九電のメンバー表と応援フラッグをくれました。ので、当然、九電の応援をしました。しかし、
サントリーが開始早々2分、九州電力の中央をパスをつないで突破して先制トライを上げた時はどのくらいの大差がつくのだろうと私も含めて秩父宮の観客は、正直思ったのではないでしょうか。サントリーはスクラムでも優位に立ちました。しかしミスが多かった。それは九電の低く、激しいタックルでノックオンを連発してのことです。九電の激しいタックルは秩父宮の観客を味方に付けます。場内はレベル5かと思われるような雰囲気になりました。サントリーのジョージ・スミスも出血のためヘッドキャップ姿になります。サントリーの後半はノートライ、九電はサントリーを上回る5トライ。最終盤、安易なキックではなく、落ち着いてボールキープして欲しかった。

120908b3

バックスタンドで声援にこたえる九電

120908b4

メインスタンドではスタッフも加わってスタンドに御礼です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第2節 NECvsトヨタ自動車

NEC 26 - 27 トヨタ自動車

120908a1

前半20分から後半の入りのところは、シェイクハンズに行ってましたので中座して試合を見ていません。中座すると、見る方としてもゲームの流れにのれません。戻ると、NECはナドロ選手がラインのセンタ-付近にポジショニングしていました。

試合は最終局面でトヨタがNECの裏にパントを上げ、ボールのバウンドが変わってイェーツ選手に収まり、中央まで回り込んで26-27と逆転しました。コンバージョンが成った時点で残り時間が3分程でした。ほぼ勝負があったように思いました。
トヨタはスローダウンさせ、スクラムで時間を使います。フルタイムを告げるフォーンがなり、スクラムが組み直しになりました。ボールをスクラムに入れてそのボールを蹴りだして終りと、思ったら、

120908a2

なんとトヨタの反則でNECにPGが与えられます。

NECの田村選手がPGを狙います。入ればその時点で勝利。外せば負けです。慎重にかまえます。

120908a3

120908a4

しかしボールは外れてノーサイドとなりました。

NECはマッキンタイアー選手が5本蹴って5本決めています。(コンバージョン1本を含めて)代って入った田村選手はその前にイージーなPGを失敗していました。つらい役回りになってしまいました。

120908a5

田村選手(21番)の肩に手をかけおそらく「お前のせいではない。チームとして勝てなかったんだ」そんな風に声をかけていたのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第2節 東芝vsキャノン

東芝 21 - 15 キャノン

120907a1

東芝の湧き出るようなピック&ゴーの試合を期待しましたが、豊田キャプテンが突進して大きくゲインする場面もありましたが、全般的には不発でした。前半に3トライは奪いましたが、後半はノートライ。ノックオンのミスが多く、セットプレーも安定しませんでした。キャノンの前に出るディフェンスが目立ちました。

120907a2_2

前半16分の東芝・渡邊のトライに合わせるかのように、お隣神宮球場の花火が上がりました。渡邊選手はマンオブザマッチを受賞しました。

120907a5

豊島選手は怪我で退場です。心配です。
この試合東芝は森田選手、ヒル選手も負傷で退場しキッカーがいなくなりました。

120907a4

最後の攻撃もグランディング認められずノーサイド。キャノンは良いラグビーをしました。

120907a3

浅原選手(写真中央)は誕生日でした。応援席の横断幕で知りました。おめでとうございます。
帰りの通路でのキャノンのファンの「前節が勝ち点5で、今日は勝ち点1を東芝から取って勝ち点6は上出来」と意気軒昂。一方、冴えない東芝ファンと、会話をだけを聞くとどちらが勝ったチームなのかわかりません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日の実践女子大英会話教室 “残暑の期間は?”

今日は、宿題が出ていて、夏休みの出来事の報告を皆でしました。
先生から「残暑はいつから、いつまでですか?」と聞かれました。一同、立春から始まるのはわかっていますが、果たして終わりは?と首をかしげてしまいました。8月いっぱいかな?と思いつつ彼岸までかな?と答えました。彼岸を英語で何と説明するかは難しいのでそのまま、彼岸で済ませてしまいました。英語圏の思考方法では、始まりと終わりがきっちりしていないと落ち着かないのかもしれません。残暑見舞いは8月いっぱいくらいでしょうが、立春の頃の残暑というのも感覚的にはピンときません。
その残暑は英語で“The lingering summer heat”ですと、説明がありました。“lingering”は「ぐずぐず残る様」を表します。いつまでもぐずぐずつきまとう男を“lingering man”と云います。と先生が説明を続けたので、爆笑でした。ニュアンスが良くわかりました。
10月から後期が始まります。見学の方が3名お見えになりました。職員の方の説明では、また来週も見学の方が来るそうです。「皆さん、継続の手続をなさいましたか?いっぱいになるとキャンセル待ちになりますヨ」と言われたので、今日あわてて継続の申込みをしました。
夏休み明けで皆さんからたくさんお土産をいただきました。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災隣組 第4回

今日は、防災隣組の4回目の会合でした。最初に携帯電話の災害用伝言板の設定と体験サービスを行いました。ひとり一人のきめの細かい対応を行いました。「災害用伝言板があることを知っている。」レベルから「災害用伝言板を使いこなす。」レベルへのアップはできたかと思います。欠席者もいましたので、全員が使いこなすまでこれからもフォローしてゆく必要はあります。
この取組での皆さんの一致した見解は、複数の連絡手段を持っている必要があること。さらに大規模災害時に個人が連絡することにも限界があるので、隣組として通信・連絡手段を援助し独自の手段を持つ必要があるということになりました。

ご近所マップの作成の話を前回に続き行いました。必要とする機器類を以下のように分類し、地図に各家庭で持っている機器を落とし込んで一目でわかるようにするため、情報の提供を呼びかけることにしました。

家屋損壊時の救助ツール
チェンソー、バール、ストレッチャー、ジャッキー、ロープ、なた、つるはし、消火器

被災後の復旧に必要なツール
6m以上の梯子、ブルーシート、シャベル

ライフライン復旧までの生活互助に役立つツール
インバーター、非常用ラジオ、コンロ、大きな鍋、石油ストーブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビートップリーグ(’12-13)グッズ 第1節でゲット

今シーズンが始まって第1節で、早くもスタンプラリーの招待券を貰いました。雨が降った日はスタンプが2個付きますのでスタンプ2個の土曜日と前日の開幕試と併せて第1節でゲットしました。

120904a1

今年のピンバッジはジャージに“トップリーグ10周年の記念ロゴマーク”をアレンジしています。

東芝のチーム券にも“10周年の記念ロゴマーク”が付いています。チーム券は共通デザインですのですべてのチームにロゴマークがついているはずです。このチケットは1,500円です。後援会の年会費が1,000円ですのですでに500円のお得です。1試合でもお得ですが、今後のリーグ戦、そしてプレーオフ、日本選手権への進出が期待できますので、その試合でも有効ですので、お得度が雪だるま式に増えてゆきます。

それに大きなフラッグももらえました。隣で東芝を応援している女性がいましたが、フラッグを持っていないので上げました。

120904a2

後援会員にはメンバーズリストも配布されています。(試合会場ではなく、会員になった時にもらえます)こちらはサイン帳になります。

東芝のタオルに加えサントリーのタオルもゲットです。いただけるものは、応援しているしていないにかかわらず遠慮せずにいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第1節 東芝vsNTTコム

東芝 26 - 16 NTTコム

120901b1

前の試合がキックが多い試合だったので、ガツンガツンと体を当てる試合を期待したのですが、反則が東芝10個、NTTコム18個と多くて、特にスクラムでの反則が目立ちました。スクラムは最後までうまく組めませんでした。消化不良の試合でした。
東芝は2つのPGのあと23分に廣瀬選手がトライを上げ(コンバージョンも成功)13-0リードしますが、攻めてノックオンのミスで波に乗れません。
26分にNTTコムが小林選手ゴール前でギャップを突いてトライを返し、前半は東芝13-7NTTコムで折り返します。
後半26分東芝の吉田朋生選手が鋭い動きで中央に飛び込んで(コンバージョンも成功)24-16とし、リードを保ったままノーサイドを迎えました。東芝はラインアウトでも苦労しました。

昨シーズン、リーグ戦13試合で東芝はたった3個のPGでしたが、今シーズンはPGを狙います。

120901b4

この試合、ヒル選手が決めたPGは4個(失敗1個)で昨シーズンを超えました。
蹴る前のルーチーンは全く変わりません。

神宮球場の花火です。

120901b2

前日は花火の間、大きな音で試合を止めましたが、この日は止めずNTTコムがトライを上げ「トライ」の文字が電光掲示板に花火と同時点きました。
その直後、突然激しい雨が強風を伴ってやってきました。

120901b3

傘も屋根も全く役立ちませんでした。しかし、試合が止まることはありませんでした。見る方以上に選手は大変だったでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第1節 パナソニックvsリコー

パナソニック 44 - 13 リコー

120901a1

前半両チームがこころみたPGが七個。さらに後半20分までにパナソニックが三個のPGをこころみました。この間のトライはパナソニックの一個のみでした。キッキングゲームは田邊選手を擁していますのでパナソニックの望むところでしょう。残り20分で3トライとたたみ込んで快勝しました。パナソニックのゲームプラン通りに試合が運んだと思います。パナソニックは点を取りきる形を持っていましたが、この試合のリコーは攻めあぐね、点を取る形が見えませんでした。点をとる形を持っているチームの強さが目立ちました。パナソニックの山田章仁選手は切れのあるプレーで2トライをあげました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビー・トップリーグ(´12-13) 開幕 

120831b1

開幕セレモニーは、全チームのフラッグ入場・開幕宣言と続き、

120831b2

スーパーカラービジョンにはトップリーグ10年の歴史が紹介されました。

120831b3

私の後ろに座った女中高生。雰囲気がラグビーファンではありませんでした。お目当ては男性アイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさん。前の通路に出て、盛んに黄色い声援を送っていました。

120831b4

キックオフのボールボーイを勤めました。(オヤジの私には名前さえわかりませんでした)

1年ほど前に『首都圏の女性20~から30才へのアンケートで、秩父宮ラグビー場の認知度が東京ドーム、国立競技場、国技館、日産スタジアムとの比較で最下位で、隣の神宮球場が90%の認知度に対して41.3%であった。』とありました。ヤングアイドルの起用は、こうした背景があるのかな?!と、私は受け取りました。
女子中高生は、アイドル見たさで秩父宮に来たのでしょう。それなりに満足して帰ったようですが、SS席を買えるとも思えません。アイドルの挨拶が自由席のバックスタンドに陣取った彼女達にも、もう少し配慮があった方が良かったのにと思いました。
企画は良かったと思います。もう一工夫を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー(´12-13)第1節 サントリーvsNEC

サントリー 39 - 15 NEC

120831a1

前半は、サントリーのライアン選手のキックの当りが悪かったのに対して、NECの田村選手が難しいキック決めるなどして、サントリー 11-10 NECと拮抗した試合展開でした。
後半はNECが風上になり、さあ攻勢!? というところで、開始早々の1分にハイタックルの繰り返しでシンビンとなりました。1人多くなったサントリーは4分にNECのタックルミスもあって有賀選手が左へトライを決めて点差を広げます。結局終わってみれば5トライを上げたサントリーの快勝でした。

120831a2

オープン戦では勝っていたNECですが、トライはナドロがあげた2トライのみです。さすがのナドロの決定力ではありましたが、サントリーはジョージ・スミス、フリー・デュプレアがフィールドの中央でNECを抑え、ラインの外側にいるナドロにボールを回さないようにしました。ハイパントでも落下地点へ向かうナドロ選手の走路に畠山選手が入って接触。NECのファンからは「ずるい」サントリーのファンからは「うまい」といったシーンもありました。

120831a3

私はファイトあふれるラトゥ―選手(写真中央)が好きですが、今シーズンから外人2人枠となって出番は後半15分からでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »