« ’12 パシフィックネーションズカップ サモアvsトンガ | トップページ | トンガ、サモア、フィジーのウォークライ(ハカ)と日本の? »

’12 パシフィックネーションズカップ 日本vsフィジー

日本 19 - 25 フィジー

120605a1

世界ランキング14位の日本と16位のフィジーという対戦でした。日本は、五郎丸選手のペナルティーゴール3本で序盤9-0とリードしました。しかし、コンタクトの強さとスピードで日本を上まわるフィジーに逆転を許して負けました。

120605a2

120605a3

ブレークダウンで劣勢の日本は、密集で人数をかけすぎました。後半修正しましたが、今度はフォローが薄くノットリリースザボールの反則を取られる場面が増えました。フィジーはオフロードパスで日本のディフェンスの裏に出ますが、日本はオフロードパスができません。ワイドに攻めてもなかなか抜けることが出来ません。見ていて、ワイドに展開してトライまで持って行ける気がしませんでした。裏へのキックもカウンターアタックを許しました。

120605a4

モールだけがトライチャンスと見えました。後半22分にペナルティートライで6点差に迫りましたが、前半終了間際にモールを組んでのトライチャンスで決めきれなかったのが残念です。
前半に特にオフロードパスを通されたのが影響されたせいか?ボールを殺しに行く上へのタックルと理解してよいのか?・・・・・でも高いタックルを外されるシーンを日本代表の戦いで、同じように何回も見させられると正直がっかりします。
フィジーと日本は得点差以上に力の差があります。率直な印象です。
ですがともかく接戦に持ち込みました。楽観はまったくしませんが今後の戦い方に注目したいです。

|

« ’12 パシフィックネーションズカップ サモアvsトンガ | トップページ | トンガ、サモア、フィジーのウォークライ(ハカ)と日本の? »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ’12 パシフィックネーションズカップ 日本vsフィジー:

« ’12 パシフィックネーションズカップ サモアvsトンガ | トップページ | トンガ、サモア、フィジーのウォークライ(ハカ)と日本の? »