« ラグビートップリーグ第7節でゲットしたグッズ | トップページ | アイルランドレプリカジャージ »

秩父宮ラグビー場の認知度は最下位

今日のNHKテレビの夕方の番組“首都圏ネットワーク”で、ラグビーの人気回復に取り組む日本協会の活動が10分ほど取り上げられていました。
観客は、ピーク時に比べると半分、競技人口も減っているとグラフが示され、女性専用席の設置などの競技場での取り組みと、女性雑誌へ取り上げるよう働きかけるなど、女性に的を絞ったファン拡大策が紹介されました。
インタビューに答えていたラグビーを初めて見た女性の反応は好意的でした。私の経験でも、女性は「強いものは強い。」と、率直に見ます。
番組の中で、協会が調査した認知度のアンケートの結果が紹介されていました。首都圏の20~34歳の女性200人を対象にした集計でした。東京ドーム、国立競技場、国技館、日産スタジアムなど6競技場と比較して秩父宮ラグビー場は認知度が41.3%と最下位でした。お隣の神宮球場が90%を超えていましたので半分以下ということです。
私もラグビーを見に行こうと誘ったとき、秩父宮ラグビー場がどこにあるかわからない人がほとんどです。「都心の国立競技場のそば、神宮球場の隣などと知らず、どこかわからないけれど遠くにある。」と思っています。
「秩父宮」という名前がわかりずらくしている感がなくもありません。頭に地名などをつけて”青山・秩父宮ラグビー場”とか”神宮外苑・秩父宮ラグビー場”と呼びならわしたらいかがでしょうか。「青山」という地名はブランド地名ですし、「神宮外苑」は最寄りの地下鉄の駅名の”外苑前”と連動して所在地が連想しやすいと思います。立地の良さを競技場名の頭につけてアピールしたらよいと思います。

|

« ラグビートップリーグ第7節でゲットしたグッズ | トップページ | アイルランドレプリカジャージ »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父宮ラグビー場の認知度は最下位:

« ラグビートップリーグ第7節でゲットしたグッズ | トップページ | アイルランドレプリカジャージ »