« 六代目勘九郎襲名お練り | トップページ | “長谷川等伯と狩野派”展 »

“法然と親鸞 ゆかりの名宝”展

111128a1

27日(日曜日)の上野の国立博物館は入場制限こそされていませんでしたが、館内はたいへん混んでいました。絵画や仏像など遠くからでも見れる展示は、混むことはなかったのですが、絵巻物や書状などは目の前でなくては見れませんので長い列が出来ていました。
歎異抄の「善人ナヲモテ往生ヲトグ、イワンヤ悪人ヲヤ」を見たかったのですが、展示されていた歎異抄は下巻で肝心な部分は前期の展示だったようで、残念です。下巻の末に(私の記憶では)禿(の字)が流罪を表し、親鸞の名前の前に愚禿を付けていることが下巻の展示の要です。
最後の展示の“山越阿弥陀図”は本などでは見ていましたが、素晴らしいです。
混んでいたのにはいささか閉口しましたが、法然、親鸞、それに熊谷直実の直筆を見れたのは良かった。

|

« 六代目勘九郎襲名お練り | トップページ | “長谷川等伯と狩野派”展 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “法然と親鸞 ゆかりの名宝”展:

« 六代目勘九郎襲名お練り | トップページ | “長谷川等伯と狩野派”展 »