« ワイトモツアー(No13 ラグビーワールドカップ応援ツアー) | トップページ | ドルフィンクルーズ(No15 ラグビーワールドカップ応援ツアー) »

パイヒア(No14 ラグビーワールドカップ応援ツアー)

ツアー6日目、9月20日。
トンガ戦の会場近くのパイピアへ3時間半かけて移動しました。オークランドの1日は雨、曇り、そして少しばかり晴れという天気でしたが、こちらはすっきりと良い天気でした。

110920a1

着後は自由時間となり、夕方佐藤さんと二人でワールドカップ公式バーで、イタリアvsロシア戦を見ました。

110920a2

満員で、出口の横にある席が空くまでの待合席に座ってテレビを見ることになりました。地元の方は、どうやら判官びいきでロシアのプレーに拍手を送っている方が多かった。出口近くの席に座って見ているとお客さんが一組帰り際に、いきなり私に自分たちの写真をとってくれと言いました。珍しいケースです。私は一目で日本のサポーターであることが分かる服装をしていましたが、一緒に撮ろうでもなかったのです。

110920a3

ともかく言われるままにとったのがこの写真です。

110920a4

出ていった二人ですが男性だけが戻ってきて私に名刺を渡して去って行きました。翌日の日本vsトンガ戦の国際映像のキャスターなのかもしれません。「日本頑張れ!」のメッセージだったのでしょうか?
オークランドでは天候に恵まれませんでしたが、ここでは素晴らしい天気になりました。バーからの帰りに見た星空は素晴らしく、天の川が天体写真のように見えました。佐藤さんが天の川を「あれは雲だろうといいました。」見慣れていない人は良くそのように言います。また、さそり座が日本と違って垂直に展開していました。添乗員さんはこの時期南十字星は見えませんと説明していました。納得できないのでオークランドのホテルのロビーの人にも聞きましたが「見えないだろう。」との返事でしたので、南十字星のことは頭から諦めて探すことさえ忘れていました。帰国してから村上さんのブログで「南十字星を見た」とありました。やっぱり!!!痛恨です。

|

« ワイトモツアー(No13 ラグビーワールドカップ応援ツアー) | トップページ | ドルフィンクルーズ(No15 ラグビーワールドカップ応援ツアー) »

’11年ラグビーワールドカップ応援ツアー記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイヒア(No14 ラグビーワールドカップ応援ツアー):

« ワイトモツアー(No13 ラグビーワールドカップ応援ツアー) | トップページ | ドルフィンクルーズ(No15 ラグビーワールドカップ応援ツアー) »