« ラグビーワールドカップは忠臣蔵みたいになってきました | トップページ | Are We Alone?(コスモプラネタリウム渋谷) »

大雅・蕪村・玉堂と仙厓(出光美術館)

111017a1

テーマが“「笑」のこころ”。江戸時代中期の中華趣味の文人文化のいわばコミックの源流にスポットを当てた展覧会でした。こうしてみると日本の漫画が世界で受けるだけの歴史の深さを持っていることが感じられます。禅問答に題材を求めたのもありました。禅問答も笑いと紙一重? 肩の力を抜いて見れました。

|

« ラグビーワールドカップは忠臣蔵みたいになってきました | トップページ | Are We Alone?(コスモプラネタリウム渋谷) »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雅・蕪村・玉堂と仙厓(出光美術館):

« ラグビーワールドカップは忠臣蔵みたいになってきました | トップページ | Are We Alone?(コスモプラネタリウム渋谷) »