« 三月大歌舞伎 | トップページ | 寝屋川埋蔵文化財資料館と打上古墳群(大阪府寝屋川市の古墳1/4) »

今年の大河ドラマはだめです

NHKの大河ドラマ“江”の出来は、だめです。
ヒステリックな場面がやたら目につきますし、物語の進行上、江を引っ張り出してその場に立ち会わせるため、あり得ないシチュエーションがたびたび出てきます。「講釈師、見てきたような嘘を言い」という言葉がありますが、安土・桃山の頃の人は、今は誰もいないわけですけど、もう少しましな嘘を作ってもらいたいものです。
それに、この時代のドラマを見る時、石田三成をどう描くかによってそのドラマの方向とクオリティーがわかります。水戸光圀をしても「三成は主のために義を通した立派な人物」と言わしめました。今に伝わるエピソードから浮かび上がる三成像と、このドラマでの三成の描き方は大きく離れています。それにここまでの秀吉も単なる「エロ爺」になっています。
主人公の江もやたら威勢が良いだけで、過酷な生い立ちにに耐え、超えてゆく姿が見えてきません。全体的に薄っぺらな物語りになっています。昨年の龍馬が良かっただけに、今年の大河ドラマの貧弱ぶりがより一層際立っているように見えます。

|

« 三月大歌舞伎 | トップページ | 寝屋川埋蔵文化財資料館と打上古墳群(大阪府寝屋川市の古墳1/4) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の大河ドラマはだめです:

« 三月大歌舞伎 | トップページ | 寝屋川埋蔵文化財資料館と打上古墳群(大阪府寝屋川市の古墳1/4) »