« 入替戦は、やっぱり怖い | トップページ | 私はメンバー表フェチです »

日本選手権第2回戦 神戸-NTTドコモ、東芝-帝京

第一試合 神戸 38-0 NTTドコモ
NTTドコモにはノーチャンスの試合でした。神戸は勝ったけれどトライはほとんどフォワード周辺のトライで攻めのバリエーションもない試合でした。両チームの選手は一生懸命やっているのでしょうが、テンポが上がらない試合で、バックスタンドはぽかぽか暖かい陽気もあって、正直眠くなるような試合でした。

110213a1

第二試合 東芝 43-10 帝京
第一試合より、テンポがあり良い試合でした。力の差はいかんともしがたがったけれど帝京大学は頑張りました。トライをとった場面は「トライをとりきる」という意志を感じました。

試合後の学生同士の試合では見ることはありますが、トップリーグのチームとしては珍しいです。110213a2

|

« 入替戦は、やっぱり怖い | トップページ | 私はメンバー表フェチです »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権第2回戦 神戸-NTTドコモ、東芝-帝京:

« 入替戦は、やっぱり怖い | トップページ | 私はメンバー表フェチです »