« ラグビー・セブンズ フェスティバル(秩父宮) | トップページ | 根津美術館 »

燕子花(かきつばた)図屏風

根津美術館で、館蔵の琳派コレクションが一挙公開されています。その中の中心が言わずと知れた光琳の燕子花(かきつばた)図屏風です。

100426a1_2

「左右隻の対照も計算しつつ、リズミカルに配置された燕子花がみごと」というのが評価です。専門家が言うので、その通りなのでしょう。ですが、個人的な感想を言えば、何か落ち着かない感じがしないでもありません。特に左隻は茎が大きくカットされ、右隻とは対照なのですが、悪く言えば花がさらされているようです。
絵画は真正面から見るものですし、屏風も当然正面から見るものですが、屏風は斜めから見ると違った絵になることがしばしばあります。この屏風も向かって右側から見ると全体が安定した絵になります。右側から見た左隻を載せます。

100426a2

右隻もふくめて全体の雰囲気が変わります。お試しになってはいかがでしょうか。

|

« ラグビー・セブンズ フェスティバル(秩父宮) | トップページ | 根津美術館 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燕子花(かきつばた)図屏風:

« ラグビー・セブンズ フェスティバル(秩父宮) | トップページ | 根津美術館 »