« 女子ラグビートレカ | トップページ | 歌舞伎稲荷大明神 »

御名残四月大歌舞伎

23日は、歌舞伎座へ、 2度行くよりも1度で見てしまおうと、第2部と第3部を続けて見たので、午後2時半から、夜は10時近くまで歌舞伎座で過ごしました。さすがにちょっと疲れました。

100423a2_3

100423a3_2

歌舞伎座閉場のカウントダウンがいよいよ一桁となって“8日”でした。

100423a1_2

最後の演目は“助六由縁江戸桜”で海老蔵の口上で始まって団十郎、菊五郎、玉三郎の〆にふさわしい役者さんでした。さらに通人の勘三郎が「チケットが手に入りにくかったでしょう」と軽妙洒脱に客席に声をかけていました。場内が大いに沸きました。
前に座った席は?と見れば、テレビカメラが据えられていました。この日はNHKが収録していたようです。

100423a4

|

« 女子ラグビートレカ | トップページ | 歌舞伎稲荷大明神 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御名残四月大歌舞伎:

« 女子ラグビートレカ | トップページ | 歌舞伎稲荷大明神 »