« HONDAヒート トップリーグ初登場 | トップページ | 内視鏡検査 »

ラグビー クボタのドゥラーム選手 

昨年、クボタに入ったドゥラーム選手はその精密機械のようなキックで多くのファンを魅了しました。しかし、もうひとつ周囲の選手の動きがついて行けない感じが否めませんでした。090905nk2 5日の開幕戦でNECと対戦したクボタはほとんどの時間帯でボールを支配していました。ドゥラーム選手のゲームメーキングがチームに浸透したことをうかがわせました。今季のクボタはドゥラーム選手だけではないぞという形を見せてくれました。昨季は5位がNECで6位がクボタでしたが、この試合を見る限り今季上位をうかがうのはクボタかなという印象でした。
090905nk1 NECでは昨季怪我に泣いた熊谷選手が元気な姿を見せ頑張っていたことが嬉しかった。グッズ販売のNECブースが姿を消すなどちょっとさびしい開幕戦でしたが、チームを引っ張っていって欲しい。箕内選手も良い動きをしていました。

最終スコアはクボタ29-11NECで、クボタは第1節首位に立ちました。

|

« HONDAヒート トップリーグ初登場 | トップページ | 内視鏡検査 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177512/31265623

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー クボタのドゥラーム選手 :

« HONDAヒート トップリーグ初登場 | トップページ | 内視鏡検査 »