« ラグビー トップリーグ後半戦 | トップページ | ラグビー 東芝vsヤマハ トップリーグ第7節(磐田ヤマハスタジアム) 2 »

ラグビー 東芝vsヤマハ トップリーグ第7節(磐田ヤマハスタジアム) 1

081129a_2 ラグビートップリーグが一ヶ月ぶりに再開されました。磐田市のヤマハスタジアムは11月下旬とは思えない暖かさで、ジャンパーを着ていると汗ばむほどで、選手にとってはきついコンデションだったかと思います。
東芝vsヤマハ戦は、3分に五郎丸選手のPGでヤマハが先制しました。セオリー通りです。前半20分までに五郎丸選手と東芝のデイビット・ヒル選手がPGを3本ずつ蹴りましたが、ヒル選手が3本決めたのに対し五郎丸選手は比較的容易な角度のキックを含め2本を外しました。東芝が主導権をとりました。22分にはヒル選手がトライ(ゴール成功)を決め19-6で東芝がリードして前半を終えました。081129b
後半開始早々、自陣22mライン内に攻め込まれたヤマハですが、三角選手がインターセプトしてそのまま走りきってトライ(ゴール成功)。しかし、その直後の5分に東芝がPGを決め9点差としました。試合後東芝の廣瀬キャプテンの談話で「負けるような感じはしなかった」とあったように、点差以上に東芝の手堅い試合運びを感じました。081129c
両チム各1ずつのトライで最終スコア25-16でした。マンオブザマッチ(最優秀選手)には東芝の全得点を挙げたデイビット・ヒル選手が選ばれました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

|

« ラグビー トップリーグ後半戦 | トップページ | ラグビー 東芝vsヤマハ トップリーグ第7節(磐田ヤマハスタジアム) 2 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー 東芝vsヤマハ トップリーグ第7節(磐田ヤマハスタジアム) 1:

« ラグビー トップリーグ後半戦 | トップページ | ラグビー 東芝vsヤマハ トップリーグ第7節(磐田ヤマハスタジアム) 2 »