« ラグビー 東芝vs九州電力 トップリーグ第3節(秩父宮第一試合) | トップページ | ラグビー 三洋vsコカ・コーラ トップリーグ第3節(足利陸上競技場) »

ラグビー クボタvsサントリー トップリーグ第3節(秩父宮第二試合)

080920b1 印象に残るトライが二つあります。前半24分、ラックからこぼれたボールにサントリーサンゴリアスのPR畠山選手が080920b2 素早く反応してトライに結びつけリードを広げて主導権を握りました。前半はクボタ9-22サントリー。後半33分4点差に迫られたサントリーはゴール正面のペナルティーキックのチャンスを狙わず。ゴールなっても1トライを返されると同点になってしまいます。クボタには「1トライなら返せる」という雰囲気がありました。サントリーはスクラムを選択して成田選手が持ち込んで試合を決定づけ、好調クボタスピアーズを突き放しました。080920b3 結果クボタ25-36サントリー
とはいえ、クボタのドゥラーム選手のキックは脅威です。これから対戦するチームにとっては要注意でしょう。試合中観客席から「ノータン、ノータン」と声が再三上がっていました。「ノータッチキックでチャンス」という意味なのですが、ルール改正でキックは「意図的にタッチを切らない」傾向が強くなってきています。個人的にはキッキングゲームも嫌いではありませんので、これも観客席から「何でトライを狙わないんだ」と云う声とは違った目で見ていました。080920b4
また、この試合、観客席ではレフェリングに対するフラストレーションが高まっていました。前の試合では全く感じていなかっただけに、この点では私も同調です。ただし、クボタのゲームキャプテンの「「レフリーと解釈が違って、言いたいことはあるが、やっぱり、自分たちが弱くて負けたのだと思います」のコメントを尊重したいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

|

« ラグビー 東芝vs九州電力 トップリーグ第3節(秩父宮第一試合) | トップページ | ラグビー 三洋vsコカ・コーラ トップリーグ第3節(足利陸上競技場) »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー クボタvsサントリー トップリーグ第3節(秩父宮第二試合):

« ラグビー 東芝vs九州電力 トップリーグ第3節(秩父宮第一試合) | トップページ | ラグビー 三洋vsコカ・コーラ トップリーグ第3節(足利陸上競技場) »