« アラビアンガルフ戦 1 (ラグビー日本代表) | トップページ | 司馬遼太郎記念館 »

アラビアンガルフ戦 2 (ラグビー日本代表)

080504ag1 国際試合ともなるとレフェリングとその適応力も大切なファクターになります。アラビアンガルフ戦では、序盤戦反則を多く取られて試合のリズムがなかなかできませんでした。反則が多いと見ているほうも落ち着いて見れないものです。ハーフタイムにジョン・カーワンヘッドコーチがフィールドに降りて行きました。戻ってくる選手を出迎えると思ったのですが、選手に一言声かけて、待っていたのはレフェリーでした。おそらくはジャッジの基準について聞いたのだろうと思います。ハーフで52点取っていますが、指揮官の妥協を許さない姿勢を垣間見た思いがしました。 080504ag2 080504ag3

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

|

« アラビアンガルフ戦 1 (ラグビー日本代表) | トップページ | 司馬遼太郎記念館 »

ラグビー」カテゴリの記事

'08年ラグビー日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラビアンガルフ戦 2 (ラグビー日本代表):

« アラビアンガルフ戦 1 (ラグビー日本代表) | トップページ | 司馬遼太郎記念館 »