« ラグビートップリーグ 第11節 NECvs東芝 | トップページ | 訃報 片岡球子さん »

ラグビートップリーグ 終盤戦

080119panf 11節の試合が行われた秩父宮ラグビー場で、寒さしのぎのカイロと共に、終盤を迎えたトップリーグのパンフレットが配られました。「一歩抜けた三洋電機ワイルドナイツ。残り3枠は最終節まで混とん」との一文をラグビージャーナリストの村上晃一さんが寄せています。表紙の写真は東芝の大野均選手と三洋の榎本淳平選手です。内容はトップリーグ14チームの戦績と戦いぶりの寸評、更に注目選手の紹介です。11節を終え、上位陣では三洋電機のプレーオフ進出が決まり、下位では三菱重工の下位リーグへの降格が決まりました。
トップリーグもリーグ戦は各チーム残り2試合となりました。上位進出争いに、そして下位では降格回避へと熾烈な戦いが続きます。080119panf1

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

|

« ラグビートップリーグ 第11節 NECvs東芝 | トップページ | 訃報 片岡球子さん »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビートップリーグ 終盤戦:

» 三洋電機11連勝でプレーオフ進出【群馬のニュース・ラグビー】 [管理人は別の顔forVista]
本日行われた都道府県対抗男子駅伝では36位と惨敗した群馬県。その群馬県邑楽郡大泉町に本拠地を置くラグビー・三洋電機ワイルドナイツが本日行われたヤマハ発動機ジュビロ戦に圧勝し開幕からの連勝を11に伸ばし... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 22時13分

« ラグビートップリーグ 第11節 NECvs東芝 | トップページ | 訃報 片岡球子さん »