« ラグビー 日本代表対ジュニアオールブラックス戦 Ⅱ | トップページ | 久間さんはどこの国の防衛相? »

ハトシェプスト女王

Sousaiden Photo_70古代エジプトのハトシェプスト女王のミイラがほぼ特定されたと報道されました。ルクソールのナイル川西岸で威容を誇るハトシェプスト女王の葬祭殿は、実は、王家の谷から山道(と言っても険しくなくハイキング道のようなもの)を上ってゆくと葬祭殿の裏に出ることが出来ます。ガイド誌では観光客は行かない方が無難となっているのですが、私は王家の谷から上って葬祭殿の裏のまさに絶壁の上に立ちました。眼下に広がる景色はエジプト旅行の中でも忘れ得ない情景でした。私が訪れたのは10年ほど前ですが、その後、この葬祭殿で観光客がテロに襲われ、日本人も10人ほどなくなった悲しい場になってしまいました。
報道では女王のミイラは王家の谷から ハワード・カーター氏(ツタンカーメンの墓の発見者)らによって発見されていたとのことですが、古代エジプト史上最大版図を誇ったラムセス2世のミイラは、王家の谷ではなく、この葬祭殿の近くから発見されています。歴史の皮肉を感じます。また一つ、古代エジプトの歴史が明らかにされるでしょう。

初めの写真は絶壁の上から取りました。2枚目の写真で王家の谷と葬祭殿の位置がわかります。写真をクリックしていただきますと拡大されます。

|

« ラグビー 日本代表対ジュニアオールブラックス戦 Ⅱ | トップページ | 久間さんはどこの国の防衛相? »

歴史・史蹟」カテゴリの記事

コメント

うらやましい!
NHKの世界遺産を録画して、
ヨダレ垂らしながら見てるだけの身には
まさに垂涎の体験です!

この女王様、男装だったんですって?
そういう話にもロマンを感じます。

副葬品も見つかっているのでしょうか?
早く写真だけでもいいから公開してほしいです。

投稿: かくさん | 2007年6月29日 (金) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハトシェプスト女王:

» 王家の谷・ツタンカーメン [エジプトはナイルの賜物]
王家の谷のことをまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金) 09時57分

« ラグビー 日本代表対ジュニアオールブラックス戦 Ⅱ | トップページ | 久間さんはどこの国の防衛相? »