« 東北歴史博物館と延年の舞 | トップページ | ラグビー日本代表(PNC最終戦) »

ラグビージュニアオールブラックス戦

20070623believe1 20070623believe2明日、秩父宮ラグビー場(神宮球場の隣)で午後2時10分より日本代表とジュニアオールブラックス戦が行われます。今年のパシフィックネーションズカップで既に優勝を決めているジュニアオールブラックスはラグビーが国技のニュージーランドの正代表オールブラックスの弟分に当ります。弟分といっても正代表に怪我や、調子の悪い選手がいれば、即、入れ替わる実力を持っています。ですから正代表へのアピールの場として100%全開で日本をクラッシュしにきます。
先に71対10で日本を一蹴した豪州A代表を50対0でものともしませんでした。ジュニアという名前がついていますが「とんでもないチーム」です。
5月12日に兄貴分のクラシックオールブラックス戦が秩父宮で行われました(写真)。その時に、トライした時「秩父宮を赤く染めよう!」と縦40cm・横10cmのパンフレットが配られました。広げると縦10cm・横60cmの結構な大きさになるラグビー日本代表の桜のマークに“共に戦えBelieve”と書き込まれたボードの代わりになるものです。残念ながらこの試合はノートライに押さえ込まれました。
先週,仙台で行われたサモア戦でも配られました。惜しい試合で日本代表の進化を印象づける試合でしたが、残念ながらこのときもやはりノートライでした。
明日はなんとしてでも、豪州A代表も奪えなかったトライを奪って秩父宮を思いっきり“真っ赤に染めたい”ものです。連戦で怪我人も多くなっていますが、果敢な戦いを期待します。
「桜ネール」サービスがありますし、いまや秩父宮に欠かせなくなった上田昭夫氏の場内F放送のゲストに薫田監督が登場します。88.5MHZです。FMラジオを持って秩父宮に応援に行きましょう。

20070623believe3_1 20070623believe4

|

« 東北歴史博物館と延年の舞 | トップページ | ラグビー日本代表(PNC最終戦) »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビージュニアオールブラックス戦:

« 東北歴史博物館と延年の舞 | トップページ | ラグビー日本代表(PNC最終戦) »