« 「満員札止め」 | トップページ | 鎌倉(瑞泉寺、永福寺) »

鎌倉(名越切通し~光明寺)

前に鎌倉へ行ったのはいつだったか?学生時代は月に1回ぐらいは行ってたような気がする。久し振りである。逗子で降り名越えの切通し(鎌倉は3方が山地に囲まれ天然の要衝になっていた)へ向かった。7つの切通しでは最も旧態を保っている。幕府滅亡の折、ここだけは破られることはなかった。道は人1人・馬1頭が通れるほどの細さで逗子から行くとその急峻さが実感できる。Photo_48 Photo_49 そしてまんだら堂のやぐら(鎌倉時代の岩を穿った墓地)も整備中で立ち入り禁止にはなっているが遠目からは見える。いずれ整備後公開されるのだろうが、文化財の整備は遅々として進まないのが通例である。山を降り材木座海岸へ向かった。鎌倉時代の港の跡である和賀江島が見える。満潮のときは海面下に沈んでいるのだが幸い行った時は見えていた。ウィンドサーフィンがのどかに行き来していたが、数百年前に実朝が宋へ向け出発しようとして果たせなかった海である。海岸を散歩する人やサーファーは知っているのだろうか?時の隔たりを感じる。そして光明寺へ向かった。宮崎延岡の大名・内藤家の墓所である。江戸時代の大名の墓所は鎌倉ではここだけである。名越えから光明寺。何十年たっても変わらない風景が広がっていた。

_ Photo_50

|

« 「満員札止め」 | トップページ | 鎌倉(瑞泉寺、永福寺) »

歴史・史蹟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉(名越切通し~光明寺):

» 鎌倉 【リゾートホテルライフを楽しむ】 [リゾートホテルライフを楽しむキャリアウーマンのホテル紀行]
鎌倉プリンスホテルプリンスホテル系列の中でも一番落ち着いた雰囲気のホテルで、年末に必ず決まって利用している鎌倉プリンスホテル江ノ電七里ヶ浜駅から徒歩8分 低層のアーチ型のシックな外観に、誰もが『えっプリンス系?』って思うでしょう全ての...... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 20時16分

« 「満員札止め」 | トップページ | 鎌倉(瑞泉寺、永福寺) »