TOKYOスマホサポーター

東京都がスマホサポーター制度を1月31日に発足させました。
20230207a1
目的は、
「日頃からスマホを使い、その便利さを知る方が、デジタルに不慣れな方に寄り添い、困りごとの解決に一緒になって取り組むことで、身近な地域での支え合いに繋げる
。」ことです。

デジタルに不慣れな方をどのように減らしてゆくか。を、行政がいろいろ取り組んでいます。
日頃の活動から、私も「理由のない、頑固なデジタル拒絶症」の高齢の方の話を聞いています。

2月4日にオンライン講座を受け、11分野X5問のテストを受けました。
ちょっとひっかけ気味の問題はありましたが、
日頃タブレット教室で勉強していることと同じですので別に苦労はしませんでした。
20230204c2
頑固なデジタル拒絶症の方の言い訳に対する処方箋のような講座内容です。

都の制度設計はわかりましたが、実際の運用への取り組みはこれからとなります。

| | コメント (0)

東芝ブレーブルーパス ファンサービス

ラグビーは、ラグビーリーグワンとなって
各チームがファン拡大に一層力を入れています

私が会員になっている東芝ブレーブルーパスでは
選手入場の際、花道を作って送り出す人を抽選で募っています
20230206a1
2月5日の試合の後半の花道に当たりました
久しぶりに秩父宮の芝生を片足を一歩だけ踏みました
20230206a3
久しぶりというのは、ボールボーイの募集があった時に応募して
ボールボーイを務めたことがあったからです。

後半の送り出しが終わった時に、「皆さん、こちらから退場です。』と案内されました
ワーナーディアンズ選手が出てこなかったので、「アレ?」と思っていたら
遅れてすれ違いざまに出てきました
怪我の状況が思わしくないのだろうと心配になりました

試合終了後、選手の前を通ってファンが退出します
20230206a4
これもファンクラブ会員限定です
20230206a5
コロナも落ち着いてきましたので、選手とグータッチできました
20230206a7

会員以外の方は列の外側から写真を撮ったりしていました
ロックの2選手は身長2mですので、人ごみ越しでも見れます
20230206a6

この日、ワーナーディアンズのサイン入りミニボールが限定発売されました
試合開始が午後2時で、私は時間調整して12時に少し前に
秩父宮に着いたのですが、なんと 売り切れ!
20230206a8
見通しが甘かった

追加発売に期待しています

| | コメント (0)

東芝ブレーブルーパスvsサントリーサンゴリアス

府中ダービーです
20230205a1
10068人が集まりました
スピードがあり、あたりも激しく、難しい角度のキックも次々と決まり
トップチームの試合とはこういうものだ!
そのような試合でした
20230205a2
206cmと201cmのマッチアップのラインアウト
20230205a3

接戦でしたが、勝敗を分けたのは
反則 サントリーに8に対して、東芝は16でした
面白い試合でしたが、反則にはフラストレーションがありました

東芝34ー40サントリー

| | コメント (0)

はにわぷりん バレンタインバージョン

孫が遊びに来たので、
はにわぷりん バレンタインバージョン を一緒にいただきました

おいしいです!
すっかりファンになっています

パッケージも、訴えかけてきます
20230204b1

大阪の街の陰で、古墳と埴輪が描かれています
20230204b2

バレンタインなので「お父さんにあげなさい」と
お土産も、はにわぷりんです。

| | コメント (0)

鳳輦(ほうさん)&新指定国宝・重要文化財展

(2月3日見学の国立博物館)
鳳輦(ほうさん)は天皇の乗り物です
絵画の中では見ていますが、現物を見たのは初めてです
幕末動乱期の孝明天皇が安政2年(1855)に新造内裏(現在の京都御所)に遷った際に使われました
20230203a1
また明治天皇の東京行幸の際にも用いられたものです
担ぐ方の大変さは言うまでもないですが
20230203a2
長旅で乗るのも大変だと感じました

新指定の文化財の特集展示もありました

20230203a3

国立博物館の所蔵ではありませんので
写真撮影は禁止です
どなたか注意されていました
鳥獣戯画は一部切出されていて
その断簡も新たに指定されました

常設展示も展示替えがあります
見逃さないように時折チェックする必要があります

| | コメント (0)

石田三成所持の刀

「どうする家康」は今年の大河ドラマですが
家康は好きではありません。
私にとっては「どうでもいい家康」です。
石田三成が好きです。
その三成が所持した刀が見れるというので、
昨日、上野の国立博物館に行ってきました。

刀にはあまり興味がありません
見た目の違いは判りますが良し悪しはさっぱりわかりません
ですから、だれが持っていたかにしか関心はありません

三成の刀は特別扱いの展示でした
20230202b1

関ヶ原の敗者ですので、残っているのは少なくて
ゆかりの品を見る機会はめったにありません
20230202b2
20230202b4

徳川家康の子である結城秀康に三成から贈られたという説明に
この刀が残った理由がわかりました
帰宅してから、調べたら
三成が武断派七将に狙われ、家康の屋敷に逃げ込んだあとに、
秀康から贈られた時に、秀康に与えた刀ということです

刀の背に切り欠けがあります
20230202b3
切り欠けがある理由はわかりません

脇差
20230202b5
模様が刻されています
20230202b6

石田貞宗の作です。
こちらは三成が所持していたということでもなさそうです。

| | コメント (0)

神宮再開発計画(5)未来へ向けて

この再開発計画については、東京都から発表されているものがあります
20230202a1
これまでの経過、Q&A 計画概要が見れます
私も一部を引用し紹介しました
ご関心がありましたなら、ぜひご覧になってください

こちらをタップ(あるいはクリック)しますと、東京都のホームページにゆきます
https://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/bosai/toshi_saisei/data/jinguu_factsheet03.pdf

新秩父宮ラグビー場は小さい、もっと大きくして欲しいとの不満はありますが
やむを得ない選択だったのかなと、理解しています
ラグビージャーナリストの小林深緑郎さんによる
完全密閉・人工芝のラグビー場の実例のレポートがあります

タップ(クリック)してください ラグビーリパブリックの記事にゆきます
https://rugby-rp.com/2017/11/30/column/21508

 

平尾氏の時代錯誤の認識からは生まれないラグビーの未来が垣間見れます
新ラグビー場の完成を期待して待ちます

 

 

| | コメント (0)

iPad教室 日野 230201

午前コース
雑談から始まりました。
iPadからはなれて時折日常に役立つ商品の情報交換になります
メモアプリの機能についてH講師から解説がありました
ロックなどの新機能は私も知らず、勉強になりました
次回はSNSを取り上げることになりました。

午後コース
5回目の接種証明を入れました
全国旅行割は3回の接種でOKですし、
コロナもこの先、大流行となる可能性も少なくなる可能性が高く
接種証明の登録もこれが最後になるかと思います。
旦那さんがマイナポイントの手続きがしていないとのことで
アンドロイドですが、進めました。情報不足で完了はできませんでした。
次回に不足の個人情報をいれて完遂する予定です。

休憩の時間に神宮外苑再開発の話しになったのですが、
休憩にとどまらない時間になってしまいました

| | コメント (0)

神宮外苑再開発計画(4)平尾氏の反対意見は時代錯誤

元ラグビー選手の平尾氏が神宮外苑再開発計画に反対意見を今月表明しました。
その理由は以下の通りです。

1. 自然な天候の下で試合をするのがラグビーで、屋内でするのはラグビーではない
2. 人工芝のグラウンドになる
3. 観客席が4割も減り、2万5000人収容→1万5000人に
4. 新施設はもはやラグビー場とはいえない空間になる
5. ここから歴史ある神宮外苑の森が破壊される

1,2をまとめて、4の「もはやラグビー場とは言えない」とのことです。
こうも言っています。
雷以外は試合をするものだ、雨や風の自然の中でプレーするのがラグビーだとの主張です。
ラグビーの聖地に音楽などの催しものをさせるなど、もってのほか。とも。

現下のラグビー選手は、どんなに寒かろうが雨が降ろうが試合を厭うことはないでしょう!
しかし、現実としてそのような天候状況では、観客が大きく減ります。
リーグワンになって、各チーム独立採算の経営が求められています。
各チームは、観客増を図るため知恵を絞り必死に努力しています
しかし、天候次第でその努力を無にしてしまいます。

また、ラグビーシーズンが長くなったとはいえ、半年はほぼラグビーの試合はありません
半年遊ばせては、施設の維持などはできません。
通年で利用する体制にするのはラグビー場維持に必要です
フランスで完全密閉の会場でフランス対日本のテストマッチを行っている例もあります
平尾氏主張は、現今のラグビーを巡る状況を全く無視した時代錯誤の意見です。


3の収容人員が1万5000人になってしまうことに反対というのは
私も同意です。
ですが、大きくしたら樹木の伐採数が増えます。
「木を切るな」と主張するグループと一緒になって発言するのは全く矛盾しています。

5「神宮外苑の森」など、実体としてないことは、すでに述べた通りです。

1月22日の秩父宮ラグビー場のバックスタンドの外で反対派の一団から呼びかけられました。
「銀杏並木を守りましょう!平尾さんも再開発に反対しています。署名をお願いします。」と。
私が、「平尾さんは時代錯誤だ。」といったら、嫌な顔をして去ってゆきました。
銀杏並木は伐採されないのに、いかにも伐採されるような口ぶりでした。
20230201a1
一団の最後は、外国人でした。
平尾氏の発言を「ラグビーファンも再開発計画に反対」との宣伝材料にしています。
平尾氏の発言と行動に一ラグビーファンとして怒りを感じています。

| | コメント (0)

神宮外苑再開発計画(3)反対意見について

この計画に対する反対意見の代表が「外苑の森を守れ」というものです
しかし外苑には軟式野球場などの施設内の木々や街路樹はありますが『森』はありません
20230129c1
地図の左には神宮の森があります
同じく上には新宿御苑があります
同じく右には東宮御所に森はあります
しかし赤線で囲った再開発計画の外苑には
スポーツ施設がほとんどで「森」といえるようなところはありません

明治神宮には大きな森があります
初詣などで多くの人が訪れます
しかし外苑をよく知っている人は少ないです
そういう人が、外苑にも大きな森があって、
それを切り倒すと勘違いする人が多くいるでしょう
イメージ操作と批判されても仕方ないでしょう

イメージ操作はこれにとどまりません
「建国記念文庫の森を守れ」とも主張します
20230129c3
写真左の三角形の土地です
右側に見えるのがバッティングセンターと軟式野球場の事務所などです
広さは似たり寄ったりです
20230129c5
木々は多くなく、すぐ後ろの国立競技場が見えます
建国記念文庫の土地を一周しましたが
ゆっくり歩いて3分ちょっと、
横断しましたが130歩でした
これって森ですか?
建国記念文庫の小さな建物が1棟立っていますが
「建国記念文庫の森」などと言ってるのは反対する人が今回言い始めたのではないですか
反対している方に私は提案します 
「世界一小さい森」とギネスに申請してはいかがでしょうか
なお、計画ではこの土地がすべてなくなるわけではありません
半分ほどは残ります

「銀杏並木を守れ!」といいます
銀杏並木は伐採されません。保存されます。
20230129c4

誤った情報を意図的に発信して
自分たちの意見をひたすら押し通しそうとしています

価値観の違いがあって、なにが大切かは人それぞれ違います
ですからこの計画に反対があっても、それは自然なことと思います
しかし、事実を捻じ曲げて自説を押し通すなど許されてはならないと
私は強く批判します

| | コメント (0)

神宮外苑再開発計画(2)概要


広場などが増えてオープンスペースが大きくなります
20230129x3
20230129x4
(現状21%から44%に増えます)

緑が増えます
20230129x1
20230129x2
緑の割合が現状25%から30%に増え
樹木数が1904本から1998本へ増えます

秩父宮ラグビー場は、全天候型となります
第二球場、軟式野球場や、バッティングセンター、ゴルフ練習場はなくなります
現状で秩父宮ラグ場―は東西通り抜けはできませんが、
神宮球場となって通り抜けできるようになります
銀杏並木は保全されます
20230129x9
多くの人が利用でき、防災の拠点にもなり、大いに期待できる計画だと思います

| | コメント (0)

神宮外苑再開発計画(1)計画の起点

遅れていた神宮外苑の再開発計画がいよいよ着工に向けて動き出しました
私の目からすると理不尽な反対論が出ています
21日の試合で反対派から署名を求められました
当然拒否しました

反対の理由について反論してゆきますが
その前に、
そもそもこの計画がなぜ起こったかの起点を確認します
(知らない人が多い)

2017年の1月に秩父宮ラグビー場の芝生を張り替えました
しかし、芝生の状況が悪く1年と経たず
その年の11月と12月にシーズン真っただ中に張り替えました

大きな原因として、南側に90mの高層ビルが建ち、
芝生の育成と、雨の後の乾燥不足で根がダメージを受けました

大きな日陰となっている現状ですが、
20230129x8
当時からは、さらに高層ビルがもう一棟建ちました

芝生が荒れていた当時の写真です
20230129x6

20230129x5
ハーフタイムはもちろん、プレー中も係の人が
芝生の穴埋めに走り回っていました
ファンから大きな不満が上がりました
秩父宮の芝生はその後もよくなることはありませんでした
怪我の原因にもなります
芝生への不満は、選手を含めてさらに大きくなってゆきました

南側のビルは、法律に基づいて建っているわけで罪があるわけではありません
ここからラグビー場を含むスポーツ振興の拠点のあり方の検討が始まりました

 

| | コメント (0)

コロナ規制緩和の秩父宮ラグビー場

27日に、競技場の収容人員による規制が緩和されました
マスクをしているなら歓声を禁止されることはなくなりました

28日の試合では、私も「リーーー~チ!とか声を出しました
私の隣の方も声を出していましたが
周囲の方は知らないのか?静かでした

バックスタンドでは、ビールの売り子が久々に登場しました
20230128b1
強力寒波のもと、冷え込みが厳しくて売り上げははかばかしくないように見かけました
「再開記念で買ってあげたら!」と思ってみていました

試合後、選手とファンの記念撮影が行われました
20230128b5
小川キャプテンが、この日のファンの数が二千人代だったので
「周りの方に声をかけて競技場に連れてきてください」とあいさつ
20230128b3
その後、マスコットボールを投げ入れました
20230128b2
20230128b4

試合前のマスコットボール投げの再開も近いのかな?!
と期待しています

| | コメント (0)

東芝ブレーブルーパスVS近鉄ライナーズ

天気は快晴ですが、強力な寒波で冷え込んでいました

昇格してまだ勝ち星がない近鉄ライナーズが
東芝ブレーブルーパスに挑戦する戦いです


ですが、近鉄のパスミスを東芝の小川キャプテンが足に引っ掛けて
そのままトライしたのが開始2分と経っていませんでした
この試合の結果を暗示する試合の入りでした

20230128a1
20230128a2
20230128a3

東芝ブレーブルーパスが攻守に圧倒して
9トライをあげて大勝しました

東芝ブレーブルーパス 60 ー 14 近鉄ライナーズ

プレーヤーオブザマッチは
ワーナーディアンズ
そしてファンが選ぶベストブレーヤーはトムテーラ選手でした
20230128a4

| | コメント (0)

月の兎はいつからつき始めた

兎年にちなみ東京国立博物館では「博物館に初もうで」をテーマに
兎が描かれた絵画や陶器、兎の彫刻の特別展示がありました

日本では、月に兎がいるというモチーフは平安時代ぐらいまでさかのぼるそうです
その兎が、餅を搗き始めたのは江戸時代からのようです

ですが、
国立博物館の展示では、中国の唐の時代の鏡に「兎が搗いている」文様が描かれています
20230127a2

こちらは展示ではありませんが、中国の1世紀の後漢時代にはすでに「兎が搗いている」も―チーフが現れます
20230127a1
ただし中国の月の兎が搗いているのは不老長寿の仙薬をついているのであって
餅ではありません

中国では月に兎がいるというのは春秋戦国時代から伝えられているといいますから
日本の縄文時代(晩期)になります

面白い話です

| | コメント (0)

マスクは個人判断

コロナ対策としてのマスク着用が屋内外を問わず個人判断とすると
政府から発表がありました
私は当然と思っています
医療崩壊の恐れなどの社会状況の下ではやむを得ないとして
個人の判断が優先されるべきと思います
現に私は屋外ではマスクは着けていません
お店などでそのお店が着用を求めているなら従っています
基本は個人が判断することだと思います
そのためには感染の状況の情報はしっかり発信してもらいたいです

競技場での声援の制限が今日からなくなりました
明日の秩父宮では、遠慮なく声援を送ります

| | コメント (0)

はにわぷりんも大雪の影響

はにわぷりんの限定バレンタインバージョンをたのんでありました
20230126a4
バレンタインの贈り物を私が注文するのもなんですが、
孫にあげて、「お父さんに贈る」ように言うことにしています

「焼きあがりました」とのメールで発送連絡がきました
20230126a2
25日に大阪堺の工場から黒猫ヤマトに引き取られ、25日に出荷されました
ヤマトの営業所は、私が訪れた史蹟『土塔』と同じ町内にあります
20230126a3
(地図の左上に土塔公園とあります)
思わぬところで親近感を感じました

いつもならすでに当方の近くの営業所に届いているはずですが
堺を出たままで届いていません
急いでいるわけではないので、気にはしていませんが
図らずも大雪の影響を知ることになりました

クール宅急便での配送ですが、
なにもしなくともクール宅急便になってしまう冷え込みです

はにわぷりんは、おいしいです。はにわぷりんのファンです

| | コメント (0)

最低気温-7℃予報にビビっています

-4℃から水道管の凍結の恐れがあるということで
庭の水道を断熱材でぐるぐる巻きにし、ビニール袋で覆っておきました
しかし、-7℃の予報に心配が出てきました

肌着に着ける「貼るカイロ」2個をビニール袋に入れました
あとは明朝、凍結せずにいることをいのるばかりです。

| | コメント (0)

富雄丸山古墳の国宝級出土品

考古学上の新発見といっても、今回は度肝を抜かれました
奈良県の富雄丸山古墳から発掘された出土品です
円墳としては最大ですので名前は当然知っていましたが

盾形銅鏡
20230124a1
鏡を3枚重ねたようになっています
伝えられるように類例がありません
まるっきり勝手な想像ですが、鏡の霊力を盾に持たせた祭器なのでしょうか

蛇行剣
20230124a2
国内最長だそうで、すでに85例の出土があるそうですが
蛇行剣なるものがあることを今回初めて知りました
七支刀より若干時代が下るのでしょうか

これからの研究の進展に期待します

| | コメント (0)

寒波対策

当地の明朝の最低気温は―5℃と、予想されています
寒波襲来がテレビで盛んに報じられているので、身構えています
水をチョロチョロ蛇口から流すのが簡単な凍結防止なのでしょうが
一晩でどのくらい流れるのか想定できなくて、なにか水がもったいなく感じて、
断熱材を買ってきてぐるぐる巻きにしました

20230123c1
何とかしのぎたいものです

| | コメント (0)

«ラグビーのレフェリング